« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004.03.29

大分戦の騒動

根本は
「スローインではなく、仲間に投げてもらおうとピッチの中でボールを渡しただけ」
と主張。

こんな理由で選手を引き上げようとさせたんですか?大分の監督もさぞかし呆れただろう。

事実は根本以外の選手は、痛んでピッチの外にいたエメを気にしているところに、状況を判断できずにスローインしちゃったということだろう(目の前で見ていたから間違いはない。スローインの位置の違いにブーイングを浴びせていたのだから)。

間抜けだ。大分サポは寛容だから許しちゃうんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.28

はいはい、今日は忘れて次、次

 シーズン開幕当初のチームがキッチリと固まらないうちは、どこか集中力を欠く状態で試合に入って行く悪い癖は、監督が代わっても引き継がれていたらしい。

 駒場初戦、ナビスコにしては上々の客の入りのなか、前半早々でサポを失望させる2失点。
 マークの甘さ、何か試合にフワッと入ってしまい、集中を欠いて失点。完全に崩された失点ではないことが、逆にむなしさを感じさせる。

 やはり、坪井の穴は大きい。坪井と平川で守備を比べること自体酷ではあるが、守るエリアが全然違う。
 中盤の底に入った啓太も、酒井ほど今のシステムの戦術理解が為されていない。どうもそこで、スピードが落ちて展開に素早さが生まれない。

 2失点に一番失望していたのはエメ。1失点目で呆れ、2失点目できれてしまった。神は怒ってはだめよ!

 ようやく前半30分過ぎから両サイドを使った展開が出始め、DF陣も落ち着きを取り戻す。でもまだリズムが悪い。
 40分過ぎ、達也の突破でPKを得て、エメが決めて1-2で前半終了。

 去年の駒場最終戦の天皇杯、湘南戦が脳裏をよぎる。天気もこんな感じだったっけ。

 後半、監督に気合を入れられたのか、前線から中盤の圧力が高まりボールキープが可能に。押し気味に試合を進めるもののなかなか得点を奪えず。
 気合の入ったエメが強引に右サイドを突破を図るが3人に囲まれ足を負傷。ボールは大分ボールのスローイン。(裂傷を負ったか?)
 エメが立ったままタッチライン際で動けず。大分の根本がそれを無視してずいぶんずれた位置からマイナスのスローイング。何を考えたか大分そのボールを追わず。永井が躊躇しながらもボールを追い、主審岡田をチラリ確認。主審岡田無反応。当たり前だ。プレーオンなのだから。
 結局、永井→長谷部とわたりゴール。2-2。
 大分、猛抗議。一時は、選手引き上げのジェスチャーまで。そこまでやるなら本当にやれば????
 判定は当然覆らず2-2で試合続行。

 痛んだエメの代わりに山瀬、永井の代わりに岡野、長谷部に代えて梅田を投入し勝負に出る監督。
 ここからは完全に浦和ペース。決勝点も時間の問題かと思われがが、終了間際に前掛りになったところを高松に逆襲を喰らい2-3。万事休す。

 ナビスコ初戦を落とし、大分にも初敗戦。悪夢の一日が終わりました。

 うーん。やっぱりDFのこま不足は如何ともしがたい。思い切ってここは、若手の投入もありだったかもしれない。しかし、前期ナビスコ優勝者としてそれは出来なかったか。ニキ、闘莉王の早い復帰が切望される緊急事態。

 次節リーグの磐田戦は、代表戦帰りの坪井、三都主は迷わず使わねば。
 それにしても、3試合4得点のエメの負傷退場は心配。結構かかるかも?
 いきなりの危機到来。監督はどう対処する?!

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2004.03.27

ナビスコ開幕

良い天気です。 大分は影も形もない。
p504is00009.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.26

大分戦にむけて その3

大分はここまでリーグ戦3得点3失点。 攻撃力はKリーグ得点王を得て上がっているようですが、昨年の堅守のイメージはなくなってきている感じ。

今のうちは、殴り合いなら望むところか。

ここ2試合の大分の審判は奥谷、長田。対するうちは上川、柏原。 この点は負けているかな。

ホーム駒場の開幕戦、天気は良いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.25

大分戦に向けて その2

やはり坪井の代わりは平川のようです。
ギドはシステムは変えるつもりはないとの事。スリートップがエメ、達也、山瀬でトップ下が長谷部か、2×2のボックスの前線の気配が濃厚。
山田が中に絞ってプレーする機会を監督が望んでいるのかも...。
選手時代もDFながらアグレッシブだったけれども、監督になっても実はアグレッシブなのね。よく考えてみると、ギドがガチガチに守るようなサッカーを嗜好するはずもないかなと思ってみたりする。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.03.24

磐田戦チケット

アウェー磐田戦のチケットは、ピアが自由立見を残すのみ。

去年は自由立見がフリーゾーンより先になくなっていたと思うのだが、何が起こった??

今年は去年以上にバックスタンドが赤く染まる予感。 今年初の遠出のアウェー、楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大分戦に向けて

レッズは昨年のナビスコチャンピオン。
若手主体? 準主力で望む? 
そんなことできるわけないし、させる訳にはいかないでしょう。社長もナビスコは当然狙うと公言しているし。
日本代表で二人が抜ける状態でどのような布陣で臨むのか。これが今の一番の関心事。
システムは変わるのか? けが人続出で層が薄くなっている最終ラインから坪井が抜ける穴は?

レッズプレスによれば今日の紅白戦の主力組は3-5-2。ただし中盤はスリーボランチにダブルのトップ下。
最終ラインに平川が入るのは、アデレードの合宿の練習試合のときに見た布陣か。
啓太を左に据えたスリーボランチに山瀬、長谷部を併用する布陣は、選手のモチベーションを維持するには十分な布陣かと思う。
いずれにしても前4人はかなり流動的に動くのだろうから、ここ2試合の3-3-3-1と変わらないのかも。
ギドは中盤の底が3枚という布陣にこだわりを持っているようですね。
山瀬、長谷部の動きの落ちた方を永井を交代してということも考えられるだろうし、いずれにしても楽しみです。
駒場開幕戦だし。酒井には駒場の雰囲気を十分に感じてもらいましょう(三都主はしばらくお預け)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.23

セレッソ戦 雑感

一日経って、昨日の雑感を書きなぐってみました。

都築  前節の好調を維持していたと思います。2失点は彼の責任ではないかと思います。今年は昨年よりパンとキックを蹴る機会が増えたような感じ。前に早くボールを運ぶためにはそのほうが必要ということか。彼の正確なキックには夫婦共々惚れ惚れしております。

室井  昨日の電柱系DFにはさすがに高さで見劣りしますが、がんばってくれています。スピードのある相手の応対ハラハラしますが...。足での得点のチャンスは決めてほしかった。

坪井  長い距離のフィードを除けばさすが日本代表。無理して長い距離蹴らなくとも他に方法はあるのでは?

内舘  闘莉王の穴をそつなく埋めています。何気に凄いことなのでは。さすがに完璧に相手FWを抑えるまではいきませんが、十分勝利に貢献しているのでは。

酒井  今やギドの構想(3-3-3-1システム)には欠かせない選手に。昨日の試合後の表情は嬉しそうだった。もっともっとレッズを好きになってほしい。

山田  3-5-2のときよりも若干中目でボールを持てるこのシステムにひそかな喜びを感じているのでは。長谷部の得点をアシストした時のドリブルによる突進は言うことなしでした。

平川  三都主との前後のポジションチェンジも活発で、昨年より縦への突破が目立ちます。攻めには良く動いていますが、たまに左サイドにぽっかり穴を開けることも。この辺は、三都主、長谷部との連携で克服できるのかも。達也が復帰すると、三都主がこの位置に納まるのか?今の平川は棄てがたいが...。

長谷部  得点した際の自己主張にこの男の負けず嫌いの性格が凝縮されていた。今のレッズのシステムでは真ん中に構えるよりも流動的に動いてどちらかのサイドに寄ってボールを受けたときのほうがチャンスメークできている気が。

永井  山田以上に右サイドを前後に行き来しているのでは?セレッソ戦のサイドからのドリブルは切れていた。昨年の最終戦あたりから、ゴールライン際のドリブルに何かを得つつあるような。あとはフィニッシュで結果を残せれば。シュートの際のモーションが大きいのが神との違いか。

三都主  代表でDF、レッズでFW。本人はどう考える。エメルソンのために又は平川のために中に絞ると彼の持ち味が半減するような。やはり前にスペースがある状態でプレーさせてあげたい気が。案外赤いユニが似合っているので好感。

エメルソン  神の域に達しつつあります。意図しないイエローをもらったときの落胆振りに、彼の今年に懸ける思いを見た気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.22

勝利翌日

日曜開催だと、朝、キヲスクで埼玉新聞を買う楽しみがある。 100円で明らかにスポーツ新聞より中身があります。
しかし、一般紙、スポーツ新聞の扱いは、小さいですなぁ。 少なくとも15歳の初得点云々よりは、大きく扱ってもらわないと。
もっとも、V東京に勝って2連勝の柏はうちよりもっと扱いが小さいのは不憫だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.21

桜は二分咲き(浦和4-2大阪桜組)

040321-5.jpg

前半のゆるゆるの展開にやきもき。しかし!
後半の積極的なサッカーで、前半のゆるゆるは忘れ去りました。

守備に修正すべき点は確かにあるけれども、見ていて面白いサッカーだ。
去年より各選手の自由度のあるサッカー、言い換えれば個人の言い訳が効かないサッカーという面が、良い意味で選手の集中力に反映しているのかな。

前掛かりになりすぎてカウンターを食らうこともあるけれど、集中力の欠如は「後半」に限っていえば少なかった。
この日の観客は43,067人。出島サイズの花見客を除けば概ね満足の試合ではなかろうか。

ギドの標榜する攻撃サッカーは本物か?!
とりあえずの答えは次節の磐田戦。かなり楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004.03.20

レプリカに背番号が入りました

040320.jpg

今年は達也にしてみました。40近いオヤジが達也というのもなんですが...。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ホーム開幕前日

p504is00002.jpg
寒い中、500人近い人が前日抽選に並んでいました。
今日の埼スタは、大宮×札幌が行われるのですが、北側ゲートには気配がなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.18

祝 五輪出場

いい試合でした。先発、得点時間等、いうことなしの試合でした。(糞餓鬼が2点取って、達也が得点できなかったことをぬかしては。)
達也は良かった。エメとコンビを組んでいることが本当に活きている。
明日からはチームメインでしばらく過ごしてください。オネゲーします。

それにしても、平山は良いねぇ。大学4年間行くは、日本の損失になるんじゃないの?うちであご足つきで引き取るのが一番良いんでないの??

メディア本筋がいつ山本>ZICO となるかが見物。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

UAE戦 3-4-3

今日の五輪予選、新聞の予想(日経)によると3-4-3、高松、達也、大久保のスリートップらしい。 達也と大久保が揃って先発は初めて?差を見せつけてやれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.17

室井の高さ

先週の横浜戦で印象に残ったシーン。相手のクロスを室井がヘディングでクリアーする姿。
DF陣満身創痍のレッズにあって、五輪組、代表組をリンケージできるのはベテラン市衛だけ。
開幕戦の姿は頼もしい限り。地元出身で浦和に戻っててくれた市衛。
応援しないわけには行きませんがな。
代表には縁はないかもしれないが、今のレッズにおいては欠かせない選手の一人。
欠けたときにはじめてその存在の大きさを実感する選手がチームの核を形成して行ってほしい。

そういう意味でいうと、室井、長谷部、平川がレッズの核なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三都主

三都主のコメント。

サポーターの数は予想以上。 どちらのホームかわからなかった。

雰囲気は予想以上だったのでしょう。良いことよいこと。
次節セレッソ戦は、彼のリーグ通算200試合目に当たるそうです。清水で198試合戦ってきた彼も、先週土曜日からはレッズでともに戦う一員。まじめな人柄は、エメにも良い影響を与えてゆくのだろうな。
節目の試合で素晴らしい結果が出ることを祈るばかりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

五輪予選

今日のレバノン戦は、レッズの選手先発出場はゼロ。
闘莉王は壊されてしまったから仕方がないとして、前田に先発を譲る山瀬は体調が悪いのだろうか。心配だ。
啓太はUAE戦に温存? レッズ的にはレバノン戦に使ってもらって、21日のセレッソ戦に出てもらえると嬉しかったのですが...。
達也はUAE戦はサブか?先発か? そろそろ爆発しそうな予感。
いずれにしてもあと1試合。お願いだから怪我だけはしないでね。

阿部のFKが決まったときに真っ先にボールを拾いに行った茂庭。そんなことするために日曜日のバーレーン戦はFKに当たったのか?
ボールには当たるが、つきには完全に見放されている疫病神。最終戦のUAE戦は、まさか徳永だろう?!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.03.16

左サイド

横浜戦の雑感続き。

五輪組が帰ってきたら平川はどうなるのだろう。
3-5-2の左サイドがいない(平川はいたのだが右利きだからだめという理論)ので三都主補強と相成ったのだが、今の3-3-3-1で三都主と平川で左サイドを構成する。
昨年は、右からの攻めが多かったが、横浜戦は左からの攻めが効果的だった。右の山田・永井のコンビよりも左の平川・三都主のコンビのほうがスピード感、縦への突破の勢いを感じた。
三都主が引き気味且つ中寄にポジションを取りエメが左に開き平川が後ろからサポートという展開も後半フィットしていたし。
五輪組が帰ってきたらシステムをいじるのかもしれないが、「縦へ」を標榜する今年のレッズ、今の左サイドの二人の組み合わせは武器だよなぁ。DFライン3人より前の部分はタレント豊富、DFラインはこのままでは駒不足か?
補強もなかなか当初の思惑通りには行かないものです。

闘莉王は肉離れ。1ヶ月ほどかかるみこみらしい。焦らずじっくり直してほしい。まだ、レッズの選手としてプレーでサポーターに挨拶をしていないのだが、浦和の長身DF選手の肉離れ癖を受け継いではもらいたくないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.14

闘莉王 怪我

五輪予選、1敗1引き分けまでは予想の範囲でしょう。もともと残りの2試合は絶対に勝たなければいけないわけだし。
それにしても、壁の後ろにいて壁の横に出てきて見方の蹴ったフリーキックに当たる馬鹿な選手は二度と使わない方が良いのではないか。調布方面のキャバクラにでも行っててくれ。あきれてものが言えん。

それにしても闘莉王の怪我はレッズ的に痛い。太もも肉離れだと完全復帰までは2ヶ月か。
GW明けまでだめか。DF陣の層の薄さに拍車がかかるなぁ。
監督、フロントはどう手を打つ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試合後のコメント エメルソン選手(オフィシャルより)

20040313d3k13025131.jpg 横浜M―浦和 後半13分、浦和・エメルソンが同点シュートを決める=横浜国際〔共同〕

昨年のチャンピオンチームとアウェイでの開幕戦という戦いだったが、負けなかった事はよかった。
目標に向かって悪くない試合だった。優勝したいので負けられなかった。次のゲームでも多くのサポーターに応援してもらいたい。
今日もすばらしい応援だった。チーム・サポーターみんながんばったと思う。

素晴らしいコメントだ。
後半の勝負どころで、自らアウェーゴール裏を鼓舞!その直後の技あり同点ゴール!現地での興奮は書ききれないくらい。
結構、試合中に味方にいらいらしている場面もあったけれども、以前のように切れることはない。上川にカードをもらわなかったことも、成長の証。
今のレッズのアイデンティティーを構成する、監督と並ぶ最大の要因であることは間違いないし、昨日の試合でさらに深まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.13

参戦の記録 横浜Fマリノス戦アップ

参戦の記録2004
横浜Fマリノス戦をアップしました。

http://www.geocities.co.jp/Athlete/4792/report2004.htm

| | コメント (0) | トラックバック (1)

初戦

浦和1-1横浜

得点28安 58エメ 観客51012人

面子を五輪予選に取られる中、王者に引き分けのスタートはまずまずでしょう。 今日の殊勲者は都築。良くセーブした。

サイドをえぐると見せかけてのサイドからの早めのクロスに後半、何度も危ない場面がありました。 引き分けでラッキー。 エメは、左に張ってる場面が多かった。本来は、達也の場所。ゴール前に鋭く飛込む選手がいなかったかな。

去年より、マリサポ多かったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

開幕

所用で開始45分前に到着

始まりますp504is00001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開幕前日

入場予定者数 50,309人 (3月11日現在)だそうです。 Fマリノスホームページより

7割は赤ではないの?
リーグ戦王者とカップ戦王者の激突ですから。一応。リーグも客集めにきついカードを組むよね。

U-23追加召集メンバーは、柏:近藤、大分:根本だって。
開幕戦に対戦する両者。やっぱりバランス取ったか?
菊池、成岡が今週、来週のリーグ戦に出たらそれは反則だよなぁ。来週あたりちゃっかり出るんじゃないの?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.11

13日の天気

昨日までの予報は雨の確率が高かったのですが、今夜の天気予報によると、

北東の風 日中 南の風 くもり後晴れ
降水確率 20%
最高気温15℃、最低気温5℃

だそうです。
去年の開幕戦のようなことはないみたい。
所用でギリギリのスタジアム入りだけれども、箱がでかいから問題はないかな。
今日の練習でもレギュラー組は、甲府とのPSMと同じらしい。
去年のようなロースコアの試合ではなく、ハイスコアでの決着の予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜国際がNISSANスタジアム

横浜国際総合競技場の施設命名権(ネーミングライツ)を、J1横浜の親会社・日産自動車が獲得したことが10日、明らかになった。同競技場で行われるJ1開幕戦の浦和戦当日(13日)にも発表される。名称は「NISSANスタジアム」となる見通し。Jクラブの親会社が命名権を獲得するのも初めて。

順当過ぎる売却先。浦和戦当日の発表だそうで。
市長と社長が来るんでしょうなぁ。記念すべき日を黒星でスタートしてもらいましょう。

練習試合は7-1、エメがハットだそうで。開幕を控え上げてきた感じ。
1失点が少し気に入らないが...。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.03.10

レプリカ

12日金曜日が予約していたレプリカの引換開始日。
すぐに背番号入れようと思うのだけど、何番にするか大変に苦悩しております。
候補は、6,10,11,17,30
去年のCOLTは9でこれは嫁さんのものになる予定。
開幕はもうすぐそこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟論

朝日新聞の記事(観客動員を主眼とした)がネタで、浦和と新潟の論争が盛り上がってますね。
Jリーグの活性のためには良いことだと思うけど、新潟の人たちは今の状況がピーク(バブル)若しくは踊り場であることの認識が足らないような感じがします。
ブームではない状態で、コンスタントに2万人超の観客動員があるクラブは早々ないのが現状。

浦和でやっとこさ2万人超、地方で娯楽がないという理由を言うのなら、仙台、札幌を見ればよい。かの2チームに比較して、それほど素晴らしいチーム運営があったとしたならば、それは素晴らしいが、傍目には、そうには映らない。

浦和にしても、成績が悪い状態が1年続く中での埼スタの観客動因がどうなるかは予断を許さない。
普通の考えを持つ人にとって毎試合スタジアムに詰めてサポートするモチベーションは、対価となる勝利が期待できるから維持できるもの。負けが続いてもスタジアムに詰めてサポートする人(私も含む)は、一般の人から見れば奇特な人に分類されるべき人たち。
開幕戦の味スタに2万人??来るのは良いことだが、昨年の大分や仙台のセカンドステージような状態になっても、そのモチベーションが維持できるか?
(これから先の話)厳しい時代を経験した後、今の動員が図れるのならそれは本当のサッカー文化が根付いたということになるのだろうけども...。

僕らの年代(それ以外の年代も同じかもしれないけど)は、「浦和」や「埼玉」のサッカーに誇りを持っている。その基盤があるから負け続けてJリーグのお荷物と言われようと、事の本質はそこにない事を本能的に理解して、ある意味受け流してこれたと思う。
この心情を新潟は耐えられるのか?
少なくとも、Jリーグのお荷物とまで言われる心構えは、無いんじゃないの?

僕ら(少なくとも」私は)は、過去映像とともに「Jリーグのお荷物」とまで言われたレッズに対して、レッズなくしてJリーグの今の存在感はどう考えるのかと問いかけられる。

観客動員数なぞ、一位を渡しても何てこと無い。そんなことを追い求めることで、聖地駒場の雰囲気を失うことは無い。
レッズはゴール裏の雰囲気を、スタジアム全体に広げつつ、サッカー文化をどう根付かせるかに近頃の重きを置いているのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.03.09

わたし飛躍します(長谷部)

リーグ開幕を控えて、今週の新聞にはサッカー関連の特集、連載記事が多いです。題名は、昨日からの日経の特集、昨日は新井場で今日は長谷部でした。

トップ下での試合の構築力を評価している記事で、リーグ戦の結果次第ではアテネも視野にいれているとのこと。(ポジション的には山瀬とかぶっているのだが)

PSMでも良い動きでしたし、確に大きく飛躍して欲しいものです。

朝日には、観客動員の記事があり、新潟、神戸と並んで特集されてました。totoも始まるし、ファンタジーサッカーも明日から編成開始。いよいよ始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.08

NIKEホームページ

ナイキのホームページが3月上旬に更新されたようですね。
トップページが更新され、壁紙6枚がダウンロード可能、スクリーンセーバー2枚が準備中。
カーソルがあるところが、ほのかに赤く燃えるあたりが芸が細かいですね。
キャプテンが宙に浮いているwallpaper05が少し笑えます。忍者か?
スクリーンセーバーに期待!
http://nike.jp/football/jpn/exit/exit.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

磐田戦

昨日は磐田戦のチケット発売日でした。 昨年は酷い雨の中で待たされ観戦したっけ。
雨避けの場所が極端に少ないんですよね。あのスタジアムは。 名前が変わって何か改善されたのかな?
関東圏以外のアウェー初戦、磐田戦は4/3。今年は、ホームのみならず、西の方の試合の勝率アップを期待したい。 遠くまで行って勝つと嬉しいからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.06

三菱自動車

日経新聞(3月3日朝刊)  新会社論 トップに聞く3

三菱商事社長 佐々木幹夫氏

--三菱自動車の再建が注目されているが、どうかかわるのか。
「同じグループの企業であり、歴史的なきずなが深いのは事実だ。しかし、一つ一つのビジネスは経済合理性に基づいて判断する。互いに甘えは持っていない。一方で三菱というブランドを共有する会社として、三菱自動車が良くなればわれわれにもメリットがある。」

語る会で三菱自動車は大丈夫かとの質問が出た際に、犬飼社長は、
「来年も変わらない支援をしてもらえることは決まっているが、いろいろな状況に備えて考えてはいる。」
と返答。

三菱自動車殻の支援が減った場合、まず先に考えるのは三菱グループからの支援なのかな。
三菱自動車以外だとディーシーカード、東京海上火災保険、ピーエス三菱、三菱地所、三菱重工業、三菱商事、三菱電機、三菱レイヨンの8社、いずれも1.25%の出資なので合計で10%の出資割合。
ユニの胸の広告も、三菱自動車の車の名前からスリーダイヤに比重を移したのもこの辺の配慮なのかなぁとおもいます。
考えすぎか。
三菱として、レッズの価値は十分に認めてもらえると思うので、この話、あまり過度に心配する必要はないのかなと思いました。

五輪予選は達也さまさまですね。スポニチ、高松が救ったの見出しはないだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.03.05

プレシーズンマッチ甲府戦

さいしんカップ甲府戦。テレビ観戦でした。
かなり寒かったらしいですね。怪我がなくて何より。
プレシーズンマッチはプレシーズンマッチですな。エメは完全に流してましたね。

3-3-3-1のシステムは不発でしたね。ワンボランチでは厳しいか。
開幕まで約10日、今日の試合の課題を以下に修正していくかと言うところでしょうか。
五輪組が戻った場合のシステムは、ワンボランチということはないと思うのだが。

長谷部の成長が感じられたのが収穫でしょうか。

このテレビ観戦の後に、イヤーDVD2003で昨年の良いシーンばかり見たものだから、
PSMの緩々ぶりが余計に感じられました。

おまけ
DVD2003のナビスコ決勝の部分で、入場時のスタンドの光景を坪井、山瀬らが語るところがあるのですが、なんだか嬉しくなりましたね。
あの日のスタンドとピッチの一体感が本物であったことが確認された感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.04

2003イヤーDVD

_1.jpg
昨日が予約の引渡し日でした。
家族は見たけども私はまだ見てません。見るのは週末だな。

五輪予選、達也は良かったけどもまだピークではないですね。前半でもう1点取れていれば、後半フルでお休みさせてもらえたろうに。とにかく怪我だけはしないでほしい。
レッズには関係ないが五輪予選チーム、平山>高松だな。高松は点取ったけども。高さだけでなくスペースに走れないと「○○ツァ」の烙印をおされてしまうでしょう。1点とって満足したか。とにかく物足りなかった。高松。

今日はPSM、さすがに平日熊谷参戦は無理。夜にじっくりビデオを見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.03

2004語る会その2

語る会続編。
前半の社長の話で、オールドトラフォードの話、正式に申し入れがあり了解の旨、即答し、実務的に詰めているとのことでした。
フル代表、五輪代表がいない状態ですが、ここは協会とこれから詰めていく。フル代表組みはアジアカップの最中ですが、社長曰く、
「アジアカップより選手の経験になる」

山田は最後にしっかりとキャプテンとしての仕事を果たしました。この日、一番沸きました。
p504is00260.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.02

2004語る会

P504iS00259.jpg
語る会、行ってきました。埼玉会館大ホール(1F)がほぼ満席(公式発表713人)でした。
詳細は後日、オフィシャルにアップされるでしょうが、とりあえず気になったこと。

・監督の目に留まった若手  西村、横山、南
 西村は若手か?
・監督曰く、DFは3人いれば十分。好きなタイプは「ジダン」
 ディフェンダーではないし、ドイツ人ではない。
・DFは、ニキを中心に考えていた
・ニキの代役として期待するのは南、平川
・GMは、外国人のリストアップの準備はしている
 (でも先立つものが今のところない!)

ニキのヘディングの強さ買っていた監督。その代役に平川は別の意図か。
確かにキャンプ中の練習試合では、平川が左のストッパーに入ることがあったが...。
監督が言うように南が戦力になればこれほどうれしいことはないのだが。

クラブの事業、経営面は着実に歩んでいる感じ。トップチームの結果が是非ともというところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

DF陣

ニキ長期離脱、WC、五輪予選で、坪井、闘莉王が交代で抜けるとなると、常にレギュラー想定から二枚落ちで戦うこととなる。
坪井がいないときは、室井、闘莉王、内舘、闘莉王がいないときは、室井、堀之内、坪井か。 小林も怪我からの回復が遅れているので層の薄さが気になるところ。
南の成長が伝えられているので、4日の甲府戦で見てみたい気も。 若手の成長に期待するのと併せて、残っている外国人枠を活用したDFの補強も真剣に考えてもらいたいところ。資金がもう無いか?
五輪予選はアウェーではあんなもの。楽は出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.01

今日の大原

040301.jpg
嫁さんと娘が今年初めて大原に行きました。つまり初クラブハウス。先を越された。
主目的のエメゲーフラへのサインはもらえず。エメも気にはしてくれていたようだけど、急いでいるみたいだったとのこと。要、再チャレンジ。
肉離れが治ったニキが左ひざの違和感を訴えていましたが、軟骨の損傷で手術、長期離脱だそうです。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜戦チケット販売好調

開幕戦の横浜国際のチケット販売が好調で、今日現在で37,268人。
ちなみに昨年の横浜国際初戦の仙台戦は17,153人(雨)、レッズ戦は39,483人(晴れ)。横浜の経営に貢献してますな。 自由席はアウェーとホームの区別がないのでまだまだ余裕みたいです。
今日の天候で去年の開幕戦、鹿島スタジアムの寒さを思い出してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »