« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004.06.30

参戦の記録 ホームFC東京戦 更新

アップしました。かなりゆっくり。

ボーイズマッチのジュニアユースの勝利がこの日を象徴していました。

成長を続けるチームを見守ったファーストステージでした。まだムラはあるけれども、セカンドはきっと優勝争いに最後まで食い込んでくれるものと期待してます。
参戦の記録2004 ホーム FC東京戦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.26

瓦斯撃破で三位

美味い酒が呑めました。

暑い中、最後まで相手を上回る運動量を見せた選手たち。やはりこのチームは気持ちが問題なのだとわかりました。
山瀬、長谷部のボランチ、両名とも前にスペースがあるほうが良いプレーが出るような気もしました。相手にもよるのでしょうが。
達也のキープのうまさ、永井に良い意味での強引さが出てきたあたりも良い傾向。
この4名はゴールという結果が出ればスパークするでしょう。

瓦斯にチームの格(色々な意味で)を見せ付けることができた意地に一戦。
朝日の朝刊のコラムも今の上位2強(記事は三強で鹿島が入っていたが、それには納得いかないので)に割り込めるのは浦和だけだと叱咤を受けてました。
口先だけでなく、本当に優勝争いに最後まで残ってもらいたい。

首位には勝点で11届いてません。苦手なチームを作らない、負けないことがセカンドの課題でしょう(東海アウェーみたいなことは言語道断)。

参戦の記録はゆるゆると更新します。

それにしても恐るべき穴ザーワールド。彼に5万人の観衆の中で笛を吹く資格があるかどうかは、5万人が感じて帰ったことでしょう。サッカーに合わせ技一本というルールがあるとは、目からうろこです。

それと、大学生の控えで試合の出場機会を得られた日本代表右サイドは、この試合、何か仕事をしたのでしょうか。
そんなやつに代表の立場を奪われる我がチームのキャプテンも如何なものとは思いますが、そんなこともあってか我がチームのキャプテンの出来はかなり良かったが...。

| | コメント (4) | トラックバック (8)

2004.06.25

敵状視察 ホーム FC東京戦

ファーストステージももう最終戦。5位のレッズが4位との対戦。
勝てば当然に順位は一つあがり、3位の鹿島が勝たなければ3位に滑り込めるチャンス。
セカンドを考えても是非とも良い形で終わりたいところ。

情報収集全般
トーキョウ・ウェブ・ライフ


瓦斯的blog
Balearic Tokyo
東京青赤支店
パパのぶつぶつ・・・
東京日和。

ケリーはいず、ジャーンが出場停止、金沢が怪我、うちより苦しい台所事情の様子。スリーバックもありうるのか??
対するうちは、4-2-3-1のフォーメーション対策に余念がないところ。まさか博美がフェイントをかけては来ないと思うが...。
前節うちは2-0から逆転負け。相手は0-2から逆転勝ち。わかり易すぎる前節の結果ですが、そんなことは全く関係ない。
うちはエメがいませんが、ここのところ好調を維持している永井に出番が廻ってくるのはいい傾向。シーズン序盤に右サイドで苦労した永井。永井が入ると守備が良くなる印象あり。気のせいか??
合流したアルパイ曰く、「私はラッキーボーイだ」
その言葉を信じましょう。

こいつが目を覚ましつつあるみたいだから気をつけよう。

おたのしみ

ボーイズマッチ:12:30~
浦和レッズJrユースvsFC東京U-15

開門直後から熱くならねば。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.06.24

三上 京都にレンタル移籍


三都主がいて、平川が重用される状況下では、仕方がないレンタルでしょうか。このほうが、本人のためになるかな。
12番という微妙な番号の移籍、来年の12番は誰と早まってしまいますが...。
地元埼玉(浦和)出身の選手ですから帰ってきてほしいですが、コメントを見ると、レンタルとは必ず戻ってくることが保障されている訳ではない移籍であるということがわかります。
J2では当たらないので、応援してあげたいと思います。
それにしても、プロは厳しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.23

この期に及んでホームで瓦斯に負けるなよ!

桃太郎不参戦だから大きなことは言えないが、ホームで瓦斯に負けるなよ!!

去年の埼スタの瓦斯戦もエメが出場停止だったんだよなぁ。自分の参戦の記録を読んでやなこと思い出した。

FC東京の敵状視察は追々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.18

敵状視察 アウェー G大阪戦

残念ながら我が家は桃太郎不参戦です。
岡山で日曜開催は家族持ちには参戦困難です。法事の別件もあるので...。

個人的にガンバはJリーグ発足初戦の試合の印象が強く苦手意識あり。(何年前の話だ)
ガンバは現在7位 勝点18 5勝5敗3分 得点24 失点20
なんか今期は印象が薄いチームです。いつものことか。


ピッチとゴール裏の距離が異様に遠く見えるのは気のせいか??

桃太郎スタジアムの情報は意外なところに。
ピッチ
メインスタンド

吹田的blog

ハレトキブログ
G27
青と黒の雑記
On-time~Off-time

女性が立ち上げてるブログが目立ちますね。レッズサポのページはオヤジが多いのとは対称的。
今の五輪代表が谷間谷間といわれていた頃のレギュラーFWだった。サポーターに存在感を示したかったんだそうです。着実にローカルな路線を歩んでいるようです。
個人的にはシジクレイに苦手意識あり。おとなしくしていてほしい。

そういえば都築はガンバにいたんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.16

参戦の記録 ホーム柏戦

アップしました。

平日なのに18000人。そういう私も物好きの一人になりました。三菱自工の不祥事をレッズに関連付けて考える必要は全く無いことが確認できた試合でした。

それにしても、前半から引き分け狙いで時間を稼ぐ柏。そうしながら引き分け勝点1でブーイングする出島。めぐりが悪いときはどうにもならないことを第三者的に見てしまいました。
参戦の記録2004 柏レイソル戦

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2004.06.15

敵状視察 ホーム 柏戦

リーグ戦の記録
成績 2勝2分8敗 勝点8(J1リーグ最下位)
得点 7(リーグ最小) 失点 18 得失点差 -11(リーグワースト)
最後の得点 2004/05/09 1st第9節 F東京戦 82分(玉田)
最後の失点 2004/05/22 1st第11節 広島戦 78分(服部)
ここまでのチーム無得点記録 278分
ここまでのチーム無失点記録 102分
※3試合連続リーグ無得点は、チームワースト記録
中野太陽会活動報告より

代表レギュラーFWを擁しながらリーグ最少得点とは...。意外。
この状況下でも混乱が起きないのは、やはり今年のJ2との入れ替えが実質0.5チームであることに起因しているのでしょうか。
代表FW、現役セレソンを擁して下位に低迷するチームではないはず。でも反転攻勢は、土曜日からということでお願いしたい。

それと、柏といえば、このネタは、外すことはできないか。追っかければ間に合いそうなところを、割り切りよく諦めている南にDF陣呆然という構図が何度見ても郷愁を誘います。

柏的blog
Reysol ReRise
転がりながら生きていく
イエロー魂
ふくみみ

その他情報源
タイヨウフウフ

老舗BBSだったこちらは、なぜか5月中旬から更新停止状態。何があったのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.14

参戦の記録 アウェー 名古屋戦 更新

アップしました。

めぐりの悪い東海アウェー。悪循環を断ち切るためのゲン担ぎはどうすればよいでしょうかね。
車で行く箱根越えのアウェーは今まで勝ち試合なし。高いものについてます。

それにしても
I  N 30 岡野雅行
OUT 9  エムボマ
これって洒落?アウェーの洗礼?ボケ?

参戦の記録2004 名古屋グランパスエイト戦

| | コメント (0) | トラックバック (2)

優勝戦線から脱落の敗戦


東海アウェーの魔物は、今回も顔を見せました。
磐田戦のエメ、清水戦の啓太、今回は坪井。
負けた試合は1人少ない状況が常(今期リーグ戦は3敗)。ギドの愚痴もうなづけるのですが...。

現場では仕方がないと納得した坪井のファール。家に戻ってビデオを見ると、マルケス飛んでる...。無念。
エメがいなくても結果を残さないといけないのだけれども、やはり上を目指すためにはエメの力も必要かと思えた試合でした。

セカンドは東海アウェー無いから...。消極的か。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2004.06.10

敵状視察 アウェー 名古屋戦

さぁ、東海アウェー不振のジンクスを初登場のスタジアムで解消してもらいましょう。

共に大型補強でシーズン前を賑わした両チームですが、ここに来て差は歴然。カップウィナーのモチベーションが良い意味で展開しているということでしょうか。
戦術は「エメルソン」といわれた我がチームもここに来て覚醒の感、戦術は外国人ツートップのかのチームには差を見せ付けてほしい。

名古屋的blog
和敬静寂
グランパスにムチュウ(*´ З `*)
へだらなblog
1252
wrightsville

その他情報源
赤鯱アンテナ
グランパス伝言板

我がチームと違って、左サイドにタレントが豊富な様子。とはいっても出るのは一人でしょ。
うちの右サイドは反省してモチベーションが高い且つ守備力に定評のある元日本代表
やはり警戒すべきはツートップの伯剌西爾コンビか。
特にこいつには、去年の瑞穂の借りを倍返しで返してやりたい。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2004.06.09

豊田スタジアム 名古屋戦情報

名古屋のオフィシャルに、「浦和戦開催に関するお知らせ」が掲載されました。隔離政策ですか??
ゴール裏にしか行かない我が家には、あまり影響はないが、困る人も多く出るのではと少し心配。
豊田スタジアムは多目的ビジョンがホームゴール裏にあるのでアウェー側のほうがキャパは大きいのですよね。ご配慮ありがとうございます。
雨が降る場合に出動する屋根を、アウェーゴール側だけかけないというような仕打ちはまさかとは思いますがしないでください。(屋根はホーム側ゴール裏から展開される構造)

昨年の瑞穂での名古屋戦の帰りにのぞいた時には、芝がぼろぼろでしたが、張り替えたようですね。埼スタを見慣れていると、感動は薄くはなりますが密な空間で雰囲気は最高かと。
スタジアム的には、今年の遠征で一番期待が大きいスタジアムです。

問題はどこに車をとめるかか...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.06

参戦の記録 ホーム清水戦(ナビスコ予選) 更新

アップしました。

監督曰く
「コメントするのが難しいほど、完璧に近い出来。本当に素晴らしい試合で、私がこのチームを率いてから、1番の試合た。私は、選手全員を誇りに思う。選手がどんどん力を伸ばしている。」

このコメントが出来の良さを物語っています。

さぁ次はここのところ分が悪い東海アウェー。去年のセカンドステージ終盤の借りを返しに行かなければ。
相性の悪い瑞穂ではなく、豊田スタジアム
エメも復帰の予定。やってくれるでしょう。

参戦の記録2004 ナビスコ第4節 清水エスパルス戦

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2004.06.05

ナビスコ予選 清水を叩き2位浮上

達也、闘莉王、岡野のゴールで3-0の完勝。
好天、素晴らしい雰囲気、そして素晴らしい勝利。体調不良も吹っ飛びます。

試合前、子供と嫁さんがスタジアムに向かいときに、エメがクラクションを鳴らして産業道路を通り過ぎて行ったらしい。
エメゲーフラを掲げる子供を覚えていたらしい。渋滞で車が止まっているときに窓が開いて話しをしたらしい。子供にはとても良い思い出。

良い一日でした。良い一日はビデオの確認で締めくくりましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004.06.04

敵状視察 ナビスコ ホーム清水戦

日本平に相性の悪いレッズですが、清水もレッズホームではここのところ勝っていません。(最後に勝ったのは98年国立、駒場だと98年)ジンクスというか苦手意識を持ってくれてるかな?

清水的blog
ぱるるアンテナ
@えすは。
清水エスパルスが大好きかもしれない
川口本舗別館

その他情報源
Sの極み

監督の交代と共にこの人をコーチとして迎え、プレッシングサッカーへの転換を図る清水。
序盤のもたつきから上昇傾向に転換したのがリーグ戦第5節のレッズ戦。ナビスコ予選第2節のレッズ戦は、今季最高の出来だったらしい。
今回はしっかり対策をとり、下降局面への転換点としてやりましょう。

西部は神戸戦で3分に退場して以降、出してもらえなくなった模様。今回もGKは真田なのかな。遠慮なく点取っちゃいましょう。
あと、森岡が今節は出場停止。これがどう影響するかは??あまり強い印象が残っていない。

追記
アルパイが駒場に来たようです。伸二も。
伸二の「やっぱり浦和いいね。」この言葉にかなり感動。
アルパイは5日の清水戦を観戦予定。気にいってもらえるでしょう。
嫁さん談 「アルパイってかっこいい」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.06.02

補強(外国人枠) アルパイ?!

トルコ人DFアルパイの獲得、ほぼ決まりみたいですね。

トルコ代表のアルパイ
うち的にはこのくらい強いキャラが必要かも。
トルコ系はドイツ系に繋がるところがあるので、案外、本線なのかもしれません。(と思いきや、アルパイは生粋のトルコ生まれトルコ育ちとのこと)
しかしフロントは良い仕事をしますね。気性の荒い部分も、ギドが監督なら抑えられるでしょうし、気持ちの強さはうちのようなチームには必要な部分ですし。
(ベッカムねたは、レッズ的には興味なし。問題あるならオールドトラフォードに連れてゆかねば良いだけのはなし。何せ、プレミアでプレーしていた選手なのだから...。)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2004.06.01

エメルソン再来日延期

エメ再来日延期は、1週間くらいは予想の範囲。

リーグ戦再開の豊田スタジアムでの名古屋戦には間に合ってほしい。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »