« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004.08.29

劇的勝利!磐田戦3-2!!


ロスタイムに長谷部がかつての王者に引導を渡しました。
なんて、そんな余裕の勝ちではありませんでしたが、現時点では浦和が磐田を上回っていることを見せつけた試合でした。
”古豪”磐田の意地は見ましたが、今のうちの勢いはサポートする我々でも感心するものがありました。これは本物かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

エメルソン、ベビーに祝砲を!

子供も生まれるし、どうしても活躍したい。ジュビロを困らせたい。あしたのジュビロはかわいそう
来年4月に子供が生まれる時も日本にいる

これが本当なら、めちゃくちゃ嬉しいです。まぁ、多分にリップサービスもあるのでしょうが、浦和を愛してくれる証でもあるし。
今日は、エメの爆発に期待ですな。さてそろそろ行動開始。
そんなにひどくは降らないようだけども、雨模様のぬれたピッチコンディション。うちが勝つ条件が揃いつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.28

敵状視察 ホーム 磐田戦(その2)

日曜開催だと、妙に間が空く感じがしますので、つなぎのネタを。

視察したブログにもボチボチ反応や浦和戦に向けたエントリーが。下手にコメントつけると浦和者が土足で上がりこんできたような印象を与えるので、自分のお座敷で吼えてみようかなと。

三光鳥の話    totoの掛率で磐田を上回っているんですな。チーム状況の現れでしょうが、こういうのには惑わされないようにサポート、サポート。

マオ猫の道草日記    試合に臨む相手サポの心中が伺えるのが視察の醍醐味。「古豪の意地」ですか。そんなに古くはないと思うのだが...。対磐田戦はうちは挑戦者のつもりです。

jubilee    ”勝ってくれたらもちろん嬉しいけど「このまんまでいいのかなぁ」という気持ちもどっかにあるんでね。”
今の浦和はそんな中途半端な相手ではないことをお忘れなく。

TokyoJubiloFan    J2に落ちることを意識しないでよい(したことがない)サポは幸せ。でも落ちるスピードは...。
うちは相手のチーム状況に関係なく、相手を叩きに行くのみです。

水色。    ・・・大負けくらって何か変わってくれるor気付いてくれるのを期待って所か。あ、大負けして欲しいわけではないが。
何か変わらなければいけないチームに、変わるきっかけを与えてあげることが出来るチームに浦和がなっているか、試させる試合です。

今日の前日抽選は500人超。夏休み最後の試合、明日は結構入るかな?天気がちょっと心配ですが、何とは降らなそうな感じ
ちなみに去年の雨の磐田戦(埼玉スタジアム8/16)は39,000人、3-1の勝利、その前の年は57,000人(2-3の負け)。
埼スタに限らず磐田戦は本当に雨が多い。(今年のファーストステージはふりませんでしたが...。)
ここ2年リーグ戦は1勝1敗、ファーストの借りを確実に返してくれるものと期待。

【追加の追加のお知らせ】

おはようございます。RossoBiancoNeroです。
誠に残念ですが、本日の事前準備は中止としたいと思います。
もし、すでに準備の為現地へ向かわれている方がいらっしゃいましたらお礼と共にお詫びを申し上げたいと思います。ありがとうございます、そして申し訳ありませんでした。
雨の為大掛かりなビジュアルは出来ませんが、いくつか出来る限りのことは我々の方で準備したいと思います。もしご協力できる方がいらっしゃいましたら12:00に埼玉スタジアム北門前に来ていただけると助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.08.26

敵状視察 ホーム 磐田戦

さいスタ3連戦の2試合目は、リーグ戦セカンドステージ第3節磐田戦です。

ヤマハスタジアムではなかなか勝てないのですが、さいスタでの磐田戦はここのところ良い結果が残せています。
ここは油断することなく結果を残し、セカンドステージ制覇に向けた足固めをしてほしいところです。

磐田はここまで1分1敗の勝点1、大分に引き分け名古屋に完敗のまずい滑り出し。
面子的には揃っているようなのですが、ロートル集団となりつつある中、各選手の動きがまずいようです。
若手は前田、カレンロバート、成岡あたりだけ。五輪代表世代が中心のうちとは年齢構成が全然違います。
これまではそれが強みだったようですが、ここのところは逆に競争の無さから来る層の薄さがウィークポイントになりつつあるようです。
結果が出ない状況下で内部的にもさざ波がたちつつあるようです。気が早いというか贅沢というか。
ここで叩きのめせば、王者のモチベーションを一気に叩き潰せそうな気がして、それはそれは期待してしまいます。(自チームの足元固めはしっかりやることが前提ですが...)

磐田的BLOG
 三光鳥の話
 マオ猫の道草日記
 ループ&ループ
 JubiLog
 水色。
 TokyoJubiloFan

磐田系ブログは結構数が多いです。いずれのサイトも常勝チームに陰りが見え始めたことへの不安感で一杯です。
浦和、鹿島、横浜と続く三連戦に戦々恐々。こんな雰囲気での磐田戦ははじめてかなと。うちが前節7点爆発したこともかなり重圧になっているようです。

磐田掲示板
 jubilo-iwata.net 掲示板

こちらも監督采配、チーム状況にネガティブな意見が目立ちます。
まぁ、監督が「色んな手を打っているんですけどなかなか。何かあれば教えて欲しいです。」なんてコメントをしているようでは仕方がないこととは思いますが...。
斜陽の王国って感じでしょうか。

このサイトが端的に磐田サポの気持ちを代弁しているのかな。
 安久路橋行進曲

不安を現実のものとして差し上げましょう。完膚なきまでに。

【27日追加】
外国人を除いては、一つのポジションに二人以上の力量的に遜色ない選手がいることが今のレッズの強み。
五輪組二人が帰ってきて尚更実感します。
さいスタい磐田戦はここのところ相性良し。後々に変な言い訳をされないためにも、チーム状態の良い磐田と対戦しておきたい。ヴェルディ戦のような試合になる訳はないだろう。
でも今のレッズは、相手の状態が良いほど自チームの内容も良くなるはずだから、磐田もきちっと立て直してきてほしい。
0-2で負けてる試合で1点取った後にパフォーマンスしているような選手を強く糾弾しないようなサポではまだまだ生ぬるいか?!

磐田的BLOG追加
 jubilee


| | コメント (1) | トラックバック (3)

2004.08.25

参戦の記録 ホーム東京ヴェルディ1969戦 更新

ちょっと遅くなりましたが、アップしました。

永井、山瀬のダブルでのハットトリックは圧巻でした。

家でとっている一般紙二紙(朝日、日経)でもサッカーではトップ扱い。第二節にしては扱いも大きかったかな。
それだけインパクトのある勝ち方だったのでしょう。
朝日(浦和爆発7点 永井、山瀬 意地見せた二人ハット)
日経(まるでマンガ 二人のショー)

ハットトリックの二人に話題が行きがちですが、中盤の底で豊富な運動量でチームに貢献していた啓太にちょっと感動してしまいました。効果的なサイドチェンジも印象的だったし...。
失点は多いながらも得失点差+6で首位。次節の磐田戦の持つ意味がますます大きくなってきました。

参戦の記録2004 ホーム 東京ヴェルディ1969戦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.21

ヴェルディ戦 7-2勝利!

7-2です。永井、山瀬がハットです。
前半3-0からの2失点は、甚だいただけませんが、後半の4点で帳消しです。

今日は得点者以外では、個人的には啓太が非常に良くやっていたような気がしました。
運動量、サイドチェンジのタイミング、非常に良かった。

細かいことは一晩寝てから振り返るとして、ひとまずこれから祝杯を上げに行きます。

| | コメント (1) | トラックバック (6)

2004.08.19

敵状視察 ホーム 東京V戦

セカンドホーム開幕戦は、「首位」東京(稲城)との対戦です。
昔はベルディ戦だと負けるな!と燃えたものですが、最近はしっかり勝点を取れよと思うこのカード。

エムボマが抜けたベルディ、外人って誰がいるんだっけ?(ウーゴウベタの二人でした。印象薄い)
フランス帰りの廣山は、スタメンで出るのでしょうか。
侮れない選手が揃っているので、油断は出来ません。(2002年のセカンドホームの米山のサンデーシュートが頭から離れないのだが...)

前節は寄せ集め伯剌西爾人スリートップの新潟相手の零封完勝。まぁこれはあまり参考にならないか。でも、内容は良かったらしいです。

稲城的BLOG
  サッカー景気の悪い話
 緑日記
 V+すぽにゅう
 サッカーのある幸せ
 奇人の邸宅

ヴェルディ系ののブログって本当に少ないんですよね。しかもそれぞれ独立してて、トラックバックやリンクで繋がっていないから、情報収集には難儀します。
桜井、平本の調子が良いようで要注意。森本はそんなに期待されていない様子。廣山はまだ手探り状態か。元々代表経験のある選手だから大外れということは無いだろうけど...。


稲城的掲示板
 東京ヴェルディ1969掲示板

山瀬ってベルディキラーだったのは意外な発見。最近はうちに苦手意識を持っている様子でそれはそれで良いこと。
そういえば、さいスタのベルディ戦は記憶に無いなぁ。

それにしてもチケット売れてないんだよなぁ。人気の無いヴェルディ戦にさいスタのキャパシティは重荷なのかな。

平川、岡野は欠場確定らしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.08.15

セカンド白星発進 神戸戦 3-2勝利

3-2白星発進です。ユニバ行きたかったな。

朝日の見出しは「浦和冷や汗2失点」
  組織力に欠け個の力に依存
と突っ込まれてしまってます。
その割りに、囲みの別記事で山瀬、啓太の頑張りをたたえています。どっちかはっきりしろ。

日経は「エメルソン決勝弾 浦和、神戸を振り切る」
  「個」に勝る浦和は委細構わずゴールを割る力があった。
  発作的、突発的、即物的。これも浦和の常ではあるけれど。
うちにとっては褒め言葉だねこれは。

万全な試合運びで勝ったわけではないが、五輪に沸く中でJの話題の中心にあることは大切。
セカンドは常に注目されて高いテンションの中で勝ちを重ねてもらいたい。

040814.jpg
参戦できなかった我が家は、さいたま市花火大会で我慢しました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.08.14

さぁセカンド開幕!

いよいよセカンド開幕です。
残念ながら諸般の事情により不参戦。良い結果を信じます。

平川が右ふくらはぎ違和感で遠征不帯同、エメ、啓太が風邪気味と(RP情報)不安はありますが、きっと結果を残してくれるでしょう。
ところで、左サイドは誰がやるんだろう??
(そりゃぁ三都主だろうが、その存在を忘れるくらい最近の平川は充実していたからなぁ)
GK都築、DF堀之内、アルパイ、内舘、MF山田、酒井、長谷部、三都主、山瀬、FW永井、エメ?岡野?
こんな感じでしょうか。

キリンの懸賞でサイン入りボールが当たりました。せっせとビールを飲んだ甲斐があったかな。
達也と闘莉王のサインが入っていました。
040813.jpg
オリンピックネタは他サイトで色々取り上げられているのでパス。レッズに関係ある3人はまずまず良かったのではないでしょうか。しかしねぇ...。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.08.11

敵状視察 アウェー神戸戦(その2)

エムボマは、10日に神戸の練習に参加してたみたいですね。本当に獲得しちゃうらしいです。貪欲だなぁ。
まさかうちとの試合には間に合わないだろうなんて高をくくっていると、いきなり出てきたりして。
でもうちはエムボマと相性いいから(エムボマがうちと相性悪いから)あまり関係ないかも。

神戸的blog

VISSEL KOBE 11stones football
 唯一、週初めからセカンド開幕戦を強く意識してます。こういうサイトが多いほど、勝った時の喜びがあります。
こくまろIn The Life
 練習試合のエントリーが参考になるかな。
TERMINAL
+Roddy's@RDV
 エムボマ情報はここから。掛川がいない情報のほうがレッズ的には貴重。試合当日もいないでほしい。
Kawasaki FC Blog ~川崎重工業(株) 明石工場サッカー部~
VISSEL BLOG
Barriera
正直だるい

総じて相次ぐ補強に熱狂されております。今週末がセカンド開幕なのに、チームとしてのまとまりは大丈夫なのでしょうか。そういううちも、五輪代表二人と坪井がいない穴をキッチリ埋めて完勝しないと。
この前の練習試合見ると左サイドの守備が少し不安。土屋の右サイドに注意が必要かも。

チケットは余裕で余ってます。イルハン騒動のときの動員は、やはり実需ではないことが明白。
今回の動員策は何と仮面ライダー剣と平均年齢 12歳の女の子5人組。懲りずにやってます。
これにハーフタイムの花火とプレゼント企画 スティックバルーン先着1万名様にプレゼント(1万組が掃けることを切に願う)。
突っ込みどころは満載です。(時節柄、参戦できないのが本当に残念です)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2004.08.10

敵状視察 アウェー神戸戦(その1)

さていよいよセカンドステージ開幕。開幕初戦はアウェーの神戸戦です。
なぜかウィングではなくユニバでの試合。ウィングのイベント日程はこの日は空白。うるさい集団を室内には入れない陰謀か?

王子様騒動は去り、抜け殻となったと思いきや、平瀬を破格の2年半契約(そんなもん本当に存在するのか?)で獲得、エムボマの取得検討と相変わらずにぎやかなかのチーム。
8月に入って獲得した選手は4人、滝澤(名古屋)高木(清水)平瀬(鹿島)ホルヴィ(チェコ代表)

直近の練習試合の全出場選手で所謂プロパーは、岩丸、北本、河本くらい。かなり入れ替わりの激しいチームです。

そういいながら、ファーストのレッズ戦のスタメンは、GK掛川、DF朴、北本、土屋、MF坪内、小島、薮田、藤本、FW播戸、三浦 。イルハン騒動などありながら、実はそれほど変わらないメンバーで来る可能性もあり、つくづくよくわからないチームです。ファーストの対戦では4-4-2だったのだけれど、最近の練習試合では3-5-2。この辺もよくわからない。

ちなみにファーストは3勝6敗6分、勝ったのは市原、柏、清水。強いのか弱いのかよくわかりません。

とりあえず抑えておくべきは、
旅の天才web
ヴィッセル神戸スタジアム(旧統一)
旅の天才webの漫画は更新が途絶えているのが残念。

少しblogめぐりをしてもう少し情報収集してみよう。(インターバルが長かったので念入りです。)

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2004.08.08

練習試合(対 経済流通大学)

040808.jpg

練習試合ということで、大原に行ってきました(禁断症状)。
着いたのは12時、見たのは後半から。前半の様子は不明(レッズプレスによると前半は山瀬の2得点で2-0。山田のクロスと長谷部のスルーパス)。
後半はGK都築、DF右から堀之内、アルパイ、内舘、MFサイドは右が山田、左が平川、ボランチが啓太、酒井、トップ下が山瀬、FW岡野、横山。
交代は堀之内→室井、内舘→南、山田→新井、啓太→堀之内→内舘、横山→梅田
アルパイはストッパーではなくリベロの位置に入っていました。
得点は1-1。レッズの得点はコーナーからアルパイのヘッド、失点は左サイドをえぐられ折り返しを決められました(内舘しっかりしろって感じ)。後半の後半は結構しんどそうでした。
MF、FWが好機を枠に飛ばないシュートで逃す中で、難しい体勢からのヘッドを枠内に飛ばして得点したアルパイはさすがでした。
しかしつい先日までイギリスにいたのにこの暑い中で練習試合とは選手もご苦労なことで。今度の週末からはいよいよセカンド開幕。疲れを取ってしっかり仕上げて神戸戦に望んでもらいたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2004.08.07

日本クラブユース選手権U-18 準決勝で敗退

日本クラブユース選手権U-18

0-1で広島ユースに敗戦でした。残念。

それと、DFの補強、ネネは諸般の調整がつかず、流れてしまったようですね。
とりあえず、現有勢力で頑張るらしいです。

これを打っているうちに加地のまずい守備で日本失点。三都主が左サイドなら右は守備が強い...。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日本クラブユース選手権U-18

久々のエントリーです。
ボーダフォンカップのことは、皆様十分書かれているのでもう何もいいません。

それで、日本クラブユース選手権U-18
粘り強い試合運びでベスト4まで進出。今日が準決勝です。
凄く行きたいのだけれども、家族が一人で行くことを許してくれそうにないので断念。
FC東京戦のボーイズマッチのジュニアユースもそうだったけれども、ユースの子達がトップチームと同じユニフォームをつけて頑張っている姿にはPride of URAWAを感じてしまってぐっと来るものがあるんです。
1st.最終節のときも勝って挨拶に来て深々とお辞儀をしたときに目から汗が出てしまいました。

準決勝の相手は広島ユース。去年決勝で大差で完敗した相手、去年の借りを是非とも返して決勝に進出してもらいたい。
あぁ、書いていたらやはり行きたくなってきた。どうしよう。

MDPはみ出し話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »