« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.30

敵状視察 アウェー 市原戦

前節に続き今節も首位決戦です。市原戦。osimu.jpg
今年は2勝1分。ファーストのリーグ戦は、あの岡田主審の疑惑の判定で啓太がPKを取られ引き分けでした。(3-3)

なぜなら浦和のサッカーを引き立てる術を知っているから→

ジェフはここまで4勝1敗2分。鹿島以外は比較的下位チームとの対戦での成績。しかし侮れません。とはいえ、今のレッズはいかに自分たちのサッカーをするかが課題。そういう意味で油断は無いでしょう。

市原的blog

サッカーボールを追いかけて
 マルキーニョス(アキレス腱断裂)、サンドロ、林の怪我でFWがいないのが目下の悩みのジェフ。うちも山瀬、長谷部のMF陣、坪井が離脱中。条件は一緒です。総力戦です。オシムはジーコと一緒ぐらい隠れレッズサポかも。

負け犬の遠吠え
 うちの大原の芝もいかれてます。姉崎同様。でもうちは淡々といつもどおりです。(水曜日は埼スタ第3だったけど) 勝てば勝点差11.こうやって叩いて行かなければならない日々が続いてゆくのはきついけどはりあいはあるかなと...。

飼い犬とボク
 「次節は首位の浦和レッズ戦だが。 」の問いに対して、「 ウチのホームゲームなのに、別の場所でやらなければいけないのが残念。すごく大事なポイントですよ。 」 これが今節の一番の話題ですかねぇ。埼スタが出来た今、ナビ決勝に出る以外はなかなか国立でやる機会が無いので燃えますね。オーロラビジョンが見える南側がホームと思ってる今日この頃です。

ジェフリスダイアリー
 審判にお怒りです。もうこの現象は各チーム共通か? 評価は概ね同意見であります。(特に達人)

風のうたの中のJEF   
ペンギン日和

ここからは常に目下の敵叩きが連続する試合日程の予感。頂点を極めたことの無いうちのようなチームには、逆に緊張感を維持し続けるに相応しい日程といえるかもしれません。(本当に厳しいけどね)
運動会シーズンの今週末。例えキックオフに間に合わなくとも何としてもゴール裏に駆けつけるぞ。"ホーム"国立なのだから。

余談ですが、こういうのはうちの試合のときはやめたほうが良いと思うのですが...。
人がいっぱい来るからといって効果があるとは限らないと思います。デビルマン...。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.09.28

代表 オマーン戦メンバー

W杯一次予選のオマーン戦、山田は選ばれませんでした。サポ的にはナビスコ準決勝があるので選んでもらわなくてOKなのですが、怪我の加地よりよっぽど山田の方が上なんですけどねぇ。(ギドも少し覚悟してたらしいですね。永井も含めて)
隠れレッズファンにジーコがレッズに配慮した?負ければおしまいの大一番、そんなことはないし...。
三都主の穴は平川にしっかり埋めてもらいましょう。(三都主−ネネのセットプレーはここのところ冴えてただけに少しいたいが...。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.27

参戦の記録 ホーム G大阪戦 更新

駒場はやはり聖地でした。試合前の不安は大きかったですが、負けないぞという気持ちがスタジアム中に満ち満ちていました。啓太と山田、そして永井。この日の殊勲者でしょう。
ジーコが視察したこの試合。お願いだからオマーン戦に山田を連れてゆかないで。大切な試合がある時期なのだから。

参戦の記録2004 ホーム ガンバ大阪戦
試合後、出島でなにやらもめてましたがどうしたのでしょうか。また転落したの?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

この勝ちは大きい! ガンバ戦2-1

p504is00002.jpg慣れたシステムに戻し、選手が与えられたポジションの役割をきちんとこなした当然の結果です。
山岸が負けられない雰囲気をスタンドから感じたとのこと。いいタイミングで駒場での試合がはまったって感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004.09.26

さぁ!ガンバ戦です。


東側、点呼を終えて。

何気に合口の悪いガンバ戦です。
雨のホームはここのところ負けなし。濡れたピッチコンディションのほうがうちのスピードが活きる!

曲がったゲーフラの棒、飽きの来たこのページの左上の写真。連勝続きで替えられなかったものを一新、応援のための新アイテムも投入。システム、出場選手どうでもよい。とにかく気持ちを前に出して勝て!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.24

敵状視察 ホーム G大阪戦

前節負けたもの同士の首位決戦です。

ガンバは神戸に3-3の引き分けヴェルディに1-3負けと下降線をたどっています。2試合で6失点。昨日みたいにゼロ封されることは無いのでは。

吹田的blog

G-style   CBのスピードの無さをお嘆きです。それを考えるとFWはエメと達也かな。

ハレトキブログ   「ボールに対する執着心薄すぎ」、「オフザボールの動きがないチンタラサッカー」。こういう相手だと序盤の早い機会で得点すればボコボコに出来るかも。とはいえうちも面子的にそんなに余裕は無いのだけれども。

~青空の向こうへ~   引いてカウンターっていう戦いはうちはしないからなぁ。やはり早い時間の得点で相手が焦ったところを...っていう展開がベストかな。

かにたまブログ   遠藤出るのでしょうか。余り調子良くないみたいですね。フェルナンジーニョの持ち過ぎは、試合後にエメに教えを請うてください。くれぐれも試合後にお願いします。

サポソウルウェブログ   ご期待に沿うよう頑張ってみたのですが、中二日の強行日程。ブロガーの皆様もエントリー少なめで十分な視察が出来てません。うち以上に下降線をたどりつつある状況への焦りは感じ取れますが...。

明石の姐御日記   
逃避日記
ぱんだじすたぶろぐ
脚者撫録

永井には前にスペースがある状態で球を持たせてあげたい。そうするとヤマのトップ下、永井の右サイドなんてのもありかな?三都主→ネネのセットプレーでの連携が充実しつつあり、結構期待してます。この苦境の中で、ゼロ封しての勝利なんて結果になると逆に勢いつくかななんて思ったり。
不安だけれども、待ち遠しい駒場の試合です。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

参戦の記録 アウェー FC東京戦 更新

いつかは負けるときは来るのですが、やはりこの試合でしたという感じ。山瀬の抜けた穴を埋める答えは、スリートップではないということになるのでしょうか。
長谷部までも離脱とは...。絶句です。
中盤の中心であった山瀬と長谷部の離脱。アルパイも本調子ではなく、次節の出場は微妙。
好調一転、いきなり正念場を迎えてしまいましたが、ここを乗り切れば本当の意味での強豪チームとなれる気がします。

参戦の記録2004 アウェー FC東京戦
ピッチ外でも色々あったようで。やりすぎはいけませんね。ゴミ、喫煙マナー、は直してゆかないと...。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.09.23

はい!負けました。

コーナーから失点で0-1敗戦。
アルパイいないからかな?
ガンバもコケてくれたからリセットしてやりなおしです。p504is00001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.09.22

敵状視察 アウェー FC東京戦

まずはギドのお父さんのご冥福をお祈りいたします。
gido.jpgシーズン真っ只中にチームを離れるのだから、かなり悪いのだろうなとは思ったのだけれども...。23日の試合前に離日し、25日に戻るとのこと。留守はエンゲルスコーチを筆頭に、選手そしてサポがしっかりと守ります(攻めます)。


さて次節は前節柏に毒気を抜かれたFC東京が相手。瓦斯者にはこの柏サポの気持ち、わからないだろうなぁ。
さて、瓦斯はうちとは勝点差8の5位。ギドの不在、山瀬の離脱、アルパイの出場停止と状況は厳しいが、取りこぼしは許されない相手。実は味の素スタジアムに名称変更をしてからは、レッズはこのスタジアムで負けなし(3試合)。味の素さんありがとう。

ということで瓦斯的blog

あらちゃんの東京日記   「玉田がエメルソンに変わった程度の相手」なんだそうです。そう思っていてください。その違いもかなりあるとは思うが...。

東京日和。   うちは成長してます。かなり。もう五輪や代表でメンバーが抜けたからという理由は通用しませんぜ。

それすらも日々の糧EX   エメの赤紙を切望するむきが多いようですが、ファーストに続く茂庭の蛮行の可能性も大です。エメに子ども扱いされた時の絶望に満ちた茂庭の表情、大好きです。ちなみにエメは成長しているので、そんな心配はありません。

東京青赤支店   こんな懐かしいものを見せていただけるとは。感慨深いものがあります。博実はうちとは正面からがっぷり組む試合はしてくれないのですが...。(また引きこもるのでしょうか)

ハンチングひげ   新潟戦後半1分の神の神業をしっかりチェックしているとは...。我々でも止め方はわかりません。何せ神ですから。

東京トテチテタ日報   ブロガー同士、多少の挑発的表現は許されますよ。加地と三都主のマッチアップはなんか複雑。でも三都主は最近はなかなか良いので...。

オギーチョのFC東京日記
☆★えりの日記★☆
バーカウンターの内側から

情報収集全般  トーキョウ・ウェブ・ライフ
瓦斯的掲示板  FC東京を1.5倍楽しむ掲示板

端々にアマラオへの哀愁を感じますね。湘南に出すくらいならもう一年置いておいて引退させてあげればよかったのに。代りにとったルーカスは今節はお休みですか?出てきそうな気配もあるけれど。でも、ルーカスはいくら待ってもエメにはなりません。
五輪代表世代の差が今の浦和と瓦斯の差。山瀬は残念ながらいませんが、啓太、長谷部がやってくれることでしょう。(達也、闘莉王もいますが、ここは敢えて)

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2004.09.20

参戦の記録 ホーム新潟戦 更新

心地よい勝利の余韻も、山瀬の怪我が重傷だったことで吹っ飛んでしまいました。
担架で運ばれる無念の山瀬に対するブーイングと山瀬の怪我を喜ぶ新潟サポには呆れを通り越して怒りを感じました。うちはアットホームな雰囲気が持ち味なんて今後一切言わないで欲しい。

山瀬は仁賀ドクターの下でしっかりと回復して欲しい。
札幌から来た山瀬が、これを機会に(今でも十分そうだけれども)レッズの山瀬となるような、そんな気がします。

2週間に渡る下位チームからの勝点回収はひとまず終了。F東京、G大阪と優勝を狙う上で山場となる1週間が始まります。

参戦の記録2004 ホーム アルビレックス新潟戦
新潟の皆様、負けたときはゲーフラを掲げるのはやめましょう。それこそ自己満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004.09.18

新潟を撃沈 4-1


シュートはゴールへのパスだ(by秋葉:新潟)

遠来の新潟サポにPKでの1得点のお土産をあげるおまけまでつけての完勝でした。
新潟サポいっぱい来て一生懸命歌ってましたね。でもサポートではなかったかな。
浦和は新潟を意識しないようにはしてますが、意識はしてます。コールリーダーの選手入場前の言葉がそれを物語ってました。

ピッチの選手に慢心が無いように鼓舞して立ち上がり。ある程度新潟サポの声を響かせるのも選手への緊張感の付与か。
ゴール裏はGK木寺を徹底的にマーク。ホームゴール裏の「声援」を無視する木寺。意識してるのみ見え見え。
二点目以降は木寺のミスキックから浮き足立った新潟のオウンゴールのオンパレード。
ベルベットタッチの秋葉のオウンゴールを見せられた瞬間に、勝利を確信しました。

いっぱい来た新潟サポ。修羅場の経験が足りない感じがしました。今年の特殊な状況がそれに拍車をかけているのかな。いい意味で平和ボケです。
「愛しえるニイガタ~。」って歌っててエメに豪快に決められたらそりゃまずいでしょう。
偉そうに言うわけではないのですが(そういって十分偉そうか)、落ち着きをなくしている選手を落ち着けるためのコールはなし。レパートリーの少なさ、状況を的確に判断したコールのなさ。人数、声量はそれなりですが、怖さが全くありませんでした。(灰汁の強さあたりは柏に習ったら良いのかも。)
あれだけ沢山のサポが来て4失点だったら少しは怒らないと。そういう文化も必要だと思うのですがねぇ...。

結局うちは、プライド・オブ・ウラワは歌うことはありませんでした。そこまでの相手だということだったのでしょう。
新潟の皆さん。厳しいですが、これが現実です。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

柏戦 チケット争奪戦 秒殺

そもそもホーム最終戦の相手にレッズを選んでいる時点で終了してるんだよね。

嫁さんは都内某所のCNプレイガイドで3番目、私はローソン電話とe+の体制。
CNには全部で20枚の割り当てしかなかったらしい。(使えねー)
ローソンも電話繋がったもののアウェー自由を選択して売り切れ、慌ててAR指定にするも4枚の枚数ご用意できず。
2枚に変更したときは時既に遅し。4分で全席種完売。e+は繋がりもせず。
ローソンチケットのサイトは発売開始の20分くらい前から込み合って進まない状況。ひど..。

まぁ、今回はナビスコ決勝チケット獲得のための練習ということで諦めます。確保のための技に色々と収穫もあったし。

気持ちを切り替えて埼スタに向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.17

さぁ、新潟戦

前日抽選は、370組くらいでした。
天気も良さそう(浅間山の灰が降ってますが)だし、気持良い連休スタートがきれそうな予感。といいながら、明日は無茶苦茶忙しいのだか...。ギドもちゃんと帰ってくるようで一安心。
はたしてエメの相棒は誰になるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.15

敵状視察 ホーム 新潟戦#2

反応もあったので少し追加。

新潟的BLOG
サポーターな日々@徒然
あひるのきもち
ブログ管理者の方も来られる方多いみたいで何よりです。名物の無い埼玉、変なところに行くよりも、開門から試合開始までの心地よい運営を楽しんでください。記念にMDP(300円)も是非ご購入を。(相手チームのことは僅か1ページですけど)

アルビな毎日
junk factory sideA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敵状視察 ホーム 新潟戦

セカンド第5節は今期負け無しの埼スタでの新潟戦。
新潟からは手軽なアウェー、大挙していらっしゃることでしょう。
圧倒的アウェーの雰囲気を味わっていただければよろしいのではないでしょうか。(浦和はずっと歌い続ける合唱団ではないので、それなりにアウェー側のコールが響く場面もあるかと...。)

新潟はファーストは14位。セカンドも含めた勝ちは全てアウェー。(柏、C大阪、大分、神戸)
チームカラーとはかけ離れた外国人補強(オゼアス)などして頑張ってますが、今年はJ2落ちの危険性が薄いので、今の位置で低位安定しておられるご様子。
前節、好調の名古屋と引き分けは上出来か。今週はオゼアスを出場停止、秋葉を怪我で欠く布陣。安の復帰が新潟的には心強いか。
守備力に不安のある両サイドをてこ入れしないと、うちの攻撃陣にチンチンにされちまいまっせ。

新潟的BLOG
高田屋総本舗   観客数とかホームの雰囲気を気にしているうちは、チームの結果はついてこないのでは。これもJ2落ちの危険性が低い今年の特徴か。

くうねるあるびろぐ   壮絶な打ち合いは浦和の展開では(相手がC大阪の場合を除く)。それにしても、三田ってサブにも入っていないのね。

オレンジロード   負傷の野澤に代わって出場のGK木寺は苦労人だそうです。全然関係ないのですが、こんな人広島で苦労人と呼ばれているそうです。頑張れ(木寺じゃなくて盛田ね。)

Coo....              あるびな日々・・・。
サポーターな日々@徒然   Nothing But Fun!!!
|| Yashi-An Blog ||
手軽なアウェー埼スタです。是非来てがっくりしてくださいまし。


新潟的掲示板
言いたい放題メッセージボード    ほのぼのとしたスタジアムの雰囲気と熱くチームをサポートしたいゴール裏。「落ちる落ちない」という切羽詰った状況にならない今年ならではのほのぼのとした議論。新潟は本当に良いタイミングでJ1に上がったものだと感心。

また様子を見て#2をエントリーしようかな...。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2004.09.13

大分粉砕

凄まじいチーム内の競争があるなかでの当然の結果でしょう。
苦情をひとつ、
『新聞休刊日の前日に、試合をすんな! 翌日の楽しみが無いではないか!』

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.09.10

敵状視察 アウェー 大分戦#2

うちは、「唐辛子せんべい」なんだそうです。
苦笑...。もう少しリアクションのとりやすいひねりが欲しい...。
食べ物を配るこのイベントを、「餅撒き」と称しているそうです。「下を見るな、上を見ろ」ということらしい。でも、本当の餅まきでは下を見て拾っている場合も...。(心のままに-bijuの雑記-


オフィシャルクラブショップネーミング発表」なんていうイベントも。
キックオフ直前ですか?それはタイミング悪すぎでは。アウェーゴール裏からのブーイングに晒され、かえってうちに勢いをくれるのでは。
まぁ、うちのためには悪いことではないので、これ以上は控えます。
(ちなみにうちは、脱力系のキャラクターに弱いのですが...。清水のパルちゃんショーなんて特に)

「浦和には5人ほど速い選手がいるが、スペースを消してDFラインの背後を与えなければいい」と自信をみせた。 
以前対戦したときにいたビチュヘの代わりに来たパトリック談。
前の対戦でラインを高く保って痛い目にあったので、なますを吹いてくれるらしい。これは思う壺かも。

大分系BLOGの反応は穏やか。
AFT MONOLOGUE
大人2匹子ども1匹ん家
tripark
NEVER GIVE UP
スピードを警戒して引く相手に永井のドリブルが有効か。そろそろアルパイが決めそうな予感も...。これは根拠が全く無い願望。うちの進歩を見せつけてやれ!

あと、今週はやる機会は無いと思いますが、「ジェット風船飛ばし」なんてやめましょうね。サッカーなんですから。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2004.09.09

敵状視察 アウェー 大分戦

ずいぶん久しぶりの感じがするリーグ戦、アウェー大分戦。サポ泣かせの(超)遠距離アウェー日曜開催しかも夜。小生は残念ながら不参戦。念を送ることとします。

大分はファーストは10位。すっかり中堅チームです。セカンドは磐田△横浜×C大阪○で7位。中堅チームです。
特徴であった胸スポンサーの「ペンタ君」は撤退。ようわからん胸スポンサーがつきました(トライバルキックス:小室君の会社)。ペンタ君とコロンブスの床が特徴だったのに...。

大分的BLOG
トリニータライフ   Trinitarian Days
1St.でも覗いたサイト。台風18号のダメージからまだ回復していないご様子。もう少し待てば追加のエントリーが出てくるかな。継続は力です。

蒼き輝きのシンフォニー   永井がいるんですけど...。大分で永井って言うとあっちになってしまうのか。エメと達也をおさえて、永井と山瀬と長谷部は自由にしてやってください。

青田さる吉通信   ビッグアイの芝が密かな強敵か。

大分的掲示板
Azzurro-Giallo掲示板    ユースの天皇杯出場が現在の一番ネタのようです。トップチームはJ2に落ちる心配も薄いし、関心が薄いのかな?

他にもブログサイトはあるのですが、エントリーが無かったり、他のネタのエントリーだったり。日曜開催で水曜夜の偵察は早すぎたか。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004.09.08

梅田、移籍ですか


梅田移籍ですね。
浦和からのレンタル移籍は、まずもって戻ってこない移籍なので、出場機会を求めての本人の意思と昇格争い正念場の山形の意向の一致というところでしょうか。

ナビスコ4試合の出場で、リーグ戦出場は無かったのは以外。
前線に速いタイプをそろえ、DFラインに背の高い選手を揃える構成の浦和には、所謂電柱系はなかなか根付かないですね。横山の成長でFWの駒数に目途が立ってきたということでしょうか。

大分戦を控え、大分ブログからのアクセスが増加中。日曜夜の大分開催はさすがに参戦不可能。行けない分、事前の情報収集に励みます。台風で大変みたい。
ネネの出場はあるか、インド帰りのサントス? 平川?それとも達也? 左サイドは誰か。山田は出られるのか?
相手がどうであるかより、選手にとっては内部の競争に勝ち抜くのが大変。この辺が好調の原動力か。
セカンド比較的好調の大分にも油断無く臨んでくれるでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.09.05

参戦の記録 ナビスコ準々決勝 横浜戦 更新

一般紙二紙(朝日、日経)の見出しから
  浦和3発横浜沈む(朝日)
  「攻め倒せ」浦和突進(日経)

球際の強さで横浜を圧倒(朝日)、
マイナス材料をあげてうじうじと小言を並べないところが、前向きなこの監督の持ち味(日経)。
達也を左サイドに使ったのにはびっくりしたが、チーム内の競争を維持し前向きに攻撃的にサッカーをするギド監督に敬服している今日この頃です。いい意味で、新人監督の期待を裏切ってます。

参戦の記録2004 
ナビスコカップ準々決勝 横浜Fマリノス戦

準決勝は瑞穂で名古屋が相手。ここのところ相性のよくない東海アウェーも、今のサッカーなら突破できる。名古屋は遠征にちょうど良い距離。10月のお楽しみが一つ増えました。

【おまけ】   勝って気分が良いので、今日の昼食に小島屋に行ってしまいました。贅沢しすぎかな?まぁ、昨日は雨で帰ってから祝杯をあげに街に出ることはが出来なかった分ということで自分自身を納得させよう。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2004.09.04

ナビスコ準決勝進出!! 浦和3-2横浜FM


後半、PKを決め声援にこたえるエメルソン!!

3-2で勝ちました。磐田戦に続き、気持ちの入った試合。うちのチームはひとつ突き抜けたのではないでしょうか。
うちの子供曰く、「レッズの選手はサボっている人がいない。」
毎度の2失点は、カップ戦(結果重視)なので今日はとやかく言いません。
とにかく前を向いて相手ゴールに迫る姿勢が素晴らしい。(最後の最後、決定力にかける部分はありますが、本当に全部入ったら何点はいるかわからない!)
試合終了間際に襲ってきた雷雨も、気になりませんでした。

準決勝の相手は名古屋。東海アウェーのジンクスもここで吹き飛ばして決勝へ進出だ!(観客6000人だって。うちの29000人も寂しかったけど、比べちゃいけないね。)

とにかく、幸せな一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2004.09.03

敵状視察 ナビスコ準々決勝 横浜戦 #2

040903.jpg
チケット売れ行きは今ひとつですが、前日抽選は300超、ゴール裏はいつもと変わらないはず。

神奈川新聞   J's GOAL

横浜的掲示板
  一行の叫び
横浜的BLOG追加
  かわうそ的トリコロールな日々     蹴球おばちゃん
  unauna-log                ウチラのBLOG

ドゥトラ怪我したみたいですね。韓国代表組は、明日まではチームに帯同するようです。田中隼磨ってマリノスに戻ってたんだっけ。久保、中澤、松田、ドゥトラがいない(河合もいないらしい?)マリノス。
状況は去年の埼スタでの試合に似つつありますが、ここは油断せずに圧倒してもらいたい。今のうちは、チーム内の競争が激しいからへんに気を抜くということはなさそうだから大丈夫かな。

それにしても、横浜系ブログはコメントの多さに感心します。独特の雰囲気ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004.09.02

敵状視察 ナビスコ準々決勝 横浜戦

さぁナビスコ準々決勝です。相手はマリノス。不足はありません。
埼スタのマリノス戦は相性がよくない感じはありますが、個人的にはマリノスに苦手意識はありません。

ファーストステージ優勝のマリノスも、先週のリーグ戦では名古屋に敗戦。せっかく退場してくれた久保は、もともと今週は代表に招集されて不参戦。計算高いですね。
久保、中澤、松田に加えて安もいないのかな?どんな構成で来るのでしょうか?全く読めません。うちはモチベーションを高く維持して望めば自ずと結果はついてくるでしょう。

横浜的BLOG
tricolog   アウェーはホームよりも近いのだから、我慢してください。屋台も以前よりはたくさんあるから
 
かもめにっき           * Yokohama Prime Time *(仮)
トリコロールを愛するブログ   藤沢Fマリノス
横浜刹那主義          マリノスと共に頂点へ
マリノス系のページで最近話題なのはゴール裏のサポーターかファンかという議論。目の前にトーナメント一発勝負が近づいているというのに余裕ですね。さすがリーグの覇者は余裕が違います。(ぬるいゴール裏が横浜の一つの特徴と感じてはいるのですが...。)

我田引水**日々是蹴球**   kuracchi blog
narilog              横浜門旗
横浜系ブログも結構数が多いです。穏やかな内容が多いです。これもチームカラーか。とがったブログがあると突っ込みたくなるところですが、そういうのは無くて少し寂しいかも。
総じてナビスコに対してのモチベーションはあまり高くないようです。まぁナビスコに対するうちのテンションは、尋常でないものがあるのですが...。ここで勝った者が、セカンドステージの覇権を握る試合といっても過言ではないと思います。

横浜的掲示板
 malicia BBS    ネガティブな書き込みが少ないのは、やはりリーグ覇者の余裕でしょうか。

【追加】
皆さんこんばんは。RossoBiancoNeroです。
私たちは、普段デカ旗等を使用したビジュアルサポートを中心に活動しているチームです。
~中略~
絶対に負けられない「PRIDE」をチームと共に示すために、そして何よりもう一度あの最高の舞台へ立つためにも、大掛かりなビジュアルサポートで後押ししたいと考えています。
そこで、この場所を借りて広く皆さんに呼びかけをしたく書き込ませていただきました。

■9/4(土) 9:00 埼玉スタジアム北門(ホームゴール裏)入り口付近に集合

■雨天決行

苦しい予選を選手と共に勝ち抜き、ようやく得た「ホーム」というアドバンテージ。これを最大限に生かすやり方を私たちは知っているはずです。

共に勝ち抜きましょう!よろしくお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (10)

2004.09.01

ネネ獲得


かねてから噂のネネ。正式に獲得しましたね
良い仕事をするうちのフロント、性格的なもので駄目だった外国人選手はここのところ皆無。
ネネもまじめな性格とのこと。外国人選手に一番大事な素養です。
4日のナビスコ準々決勝マリノス戦もこのまま行けば出るのかな。日曜日の磐田戦を見ていれば、モチベーションで劣るということはないのではないでしょうか。

それにしてもナビスコのチケット
こんなのありですか?決勝でなければ見に来ないのですか?
今年のシステムは一発勝負。決勝トーナメント全てがある意味決勝と同じ意味を持ちます。
埼スタに入っていた予定を押しのけて実現した埼スタでのマリノス戦。このままでは寂しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »