« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.28

敵状視察 アウェー C大阪戦

現状の最下位、セレッソ戦です。
最下位とはいっても、今年は入替え戦で勝てば降格なし。例年、この時期最下位であれば大変な事態ですが、今年は少し穏やかなようです。窮鼠猫をかむはやめて、浦和戦は星勘定の外においておいてもらいたいものです。(柏にもしっかり勝ちますから)
セレッソとは今年のホーム開幕戦(ファースト第2節)で対戦(内容は今ひとつながら勝利)。あの時のうちと今のうちは明らかに別のチームですが、セレッソには、ここはひとつ 「あの程度ならひょっとすれば勝てるかも」 と思って臨んでもらいたい。

桜的blog

セレッソのブログは多彩で数が多いです。が、何かと縁遠い浦和とセレッソ。なかなかレッズ戦には関心を向けてもらえていないようです。

marginal view
  今週のセレッソブログはほぼこのネタで終始。何も浦和戦の前にやら無くてもねぇ...。高度な作戦なのかも? 布部や大久保のために強制退去を命じられた西澤は不憫です。

桜色のUchie MiKiHOUSE Diary
  それでもって、ゲームキャプテンは、この人だそうです。こりゃまた危機的状況の中で大胆な人選。これも過激(口汚い)な柏サポに対する自制心を芽生えさせる高度な作戦か。容赦の無いうちらの揶揄に耐える大久保の後姿は恐らく不憫。

sbc_blog
  前節は3-4-3(1トップ2シャドー)らしき布陣だったそうです。おお!似ている。しかし、ボールへの寄せはうちとは比較にならないほどゆるゆるのご様子。それはそれは歯がゆいスリートップだったでしょう。

O lunatic amou no football
  運動量の多いとはいえない守備陣に対して週末サプライズを期待するのはちょっと無理があるのでは。こちらの予想は3-5-2なんですね。

100% rosado
  「長居で最後に負けたのは5年前だし。」すれ違いの多い両チーム。確かにうちは長居であまりいい思い出がありません。が、今年はそういうの関係なんだよね、うちは。

out of focus
  We are "CEREZO" Project ですか。うちにとっては絶好のネタかな。遠距離アウェーなので、アウェーの雰囲気を感じさせてください。そのほうが燃えるから...。くれぐれも鹿国のように意気込みすぎて上滑りを起こさないようお願いいたします。

29日追加

狼里8歳
  アマアマとのご指摘を受けてしまいました。多彩の表現の中に確実に入っていると思っているのですが...。やっと浦和戦に向けたエントリーをしていただけたので追加。多彩です、本当に...。

さて、今日の夜出で大阪に向かいます。天気がいまいちみたいですが、気合を入れて参戦します。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2004.10.27

紙吹雪(ROSSO BIANCO NEROさんより)

 今回は今後のビジュアル応援に関して、先日の横浜戦終了後にBoysのリーダーが皆さんにアナウンスした事を受け広く告知させて頂きたくこちらに書き込みさせていただきました。

 リーグ戦も残り5試合となりましたが、残りのホームゲーム3試合の中で必ず優勝へ向けた『大一番』がやってきます。
 その『大一番』の試合で選手達を大量の紙ふぶきで勇気づけたいと思います。その時までに出来るだけたくさんの紙ふぶきを作って準備をしておきませんか!
 紙ふぶきをどの試合で活用するかは改めてお知らせします。
 また、大量の紙ふぶきを用意したいと思いますので自分で撒く分以外に『大一番』の試合でスタジアム中のサポーターに配る分の紙ふぶきも作っていただける方は、以下のホームゲームに紙ふぶきをお持ちより下さい。

  11月 6日 埼玉スタジアム(清水戦)北門インフォメーション付近         午前10時まで
  11月20日 駒場スタジアム(名古屋戦)東側入場口または西側入場口付近   午前9時まで

  ■紙ふぶきの目安サイズ:ハガキ程度の大きさ
  ■1人分の紙ふぶきの量:コンビニ袋1つ分程度
  ■スタジアムで配る分の紙ふぶきの量:史上最大

*埼玉スタジアムはサッカー専用ですので、紙ふぶきを撒く際は試合の妨げにならぬよう充分配慮して行うこと、終了後の片付けについても多くの方の協力のもと行いたいと思っておりますのでご協力お願いいたします。

 浦和レッズを優勝させる為に、ぜひ一緒に紙ふぶきを作りましょう! また、お知り合いのホームページ、ブログなど広く伝えていただければ幸いです。 長文失礼しました。

ROSSO BIANCO NERO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.25

参戦の記録 アウェー 鹿島アントラーズ戦 更新

ジンクスなど感じさせないサッカーを展開しての勝利。横浜戦で抑えられた攻撃陣もこの日は得点の気配プンプン。
見ていて楽しい試合でありました。
磯の乱行にはただただ呆れるばかり。同様の行為をしてはいけないということで、他山の石としたいと思います。
あと、旗の件。ホームの観客動員が伸び悩んで掲げる機会が無いのに一杯旗を持っていることが間違いの始まり。全部掲げなくても誰も文句は言わないって。国立で11月に掲げる機会を奪われたのも一因かな。
いずれにしても、ジーコの旗とか、秋田が描かれているやつとかもうお蔵入りしたほうが良いのでは。大体、ゴール裏にまずありったけの旗を掲げるのが道理なんじゃないの?

大阪も参戦予定。自家用車での弾丸ツアー的な日程なのですが、なぜか今から楽しみで楽しみで。

参戦の記録2004 アウェー 鹿島アントラーズ戦

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.10.24

鹿狩り完了

失点2のお土産は差し上げてしまいましたが、勝点3をいただいたので満足です。
アウェーゴール裏は2階までレッズに開放。雰囲気はまさにホーム。メイン、バックのデカ旗騒動、煙幕?、磯の暴発など色々とありましたが、楽しかった。エメの技ありのシュートに痺れた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.10.23

鹿島にて

いい天気です。もつ煮と焼き鳥で午前中から一杯p504is00259.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.20

敵状視察 アウェー 鹿島戦

3000人バスツアーのアウェー鹿島戦です。
最近、客入りが寂しい鹿島。舐め切って乗り込んだ新潟の周回遅れの盛り上がりに毒気を抜かれたのか、泡を食ったのか、攻め続けながらまさかの失点で敗戦。かなり凹んでいるご様子。
うちは昨年のナビスコ決勝以降、鹿島戦負けなし。エメルソンの鹿戦の相性は抜群でこの3試合で4得点。土曜日もやってくれるでしょう。

鹿的blog

鹿などblog
  「バロンの良さがわからないんです。」とお嘆きですが、そのバロンは頬骨骨折で出ません。代わりに出るのは深井? 中島? 。うち的にもバロンに出てもらったほうが組し易いのですが...。残念。

Deep Red Journal
  ひげのおじさんは、鈴木と深井の組み合わせを試そうとしないらしい。本山をトップに上げて新井場を前目にするなんて手を使うらしいです。人のチームのことはわからないものです。

massive antlers
  檄文ですかね。傍目から見ても鹿島は若返りを図っているものの、チーム自体に新鮮さが感じられないですからね。あっ、目を覚ますのは再来週からにしてください。もう合コンの予定入れちゃったでしょ?

別館
  決定率J1最低の鹿島だったとは。エメルソンの一発に泣きそうという予想は素晴らしい。(エメが一発で許すとも思えないが...) トニーニョセレーゾが「内容は最高だった。あとは決定力。」と聞き飽きたセリフを吐くことはないでしょう。サボる人間がいるようなチームに最高の内容を許すようなゆるいチームが相手ではないのだから。

Red-Deer's Diary
  今週の話題、鹿島クラブハウスでのナビスコ決勝チケットルール違反販売問題。ひとついえることは、穴場であったこの場所が、今後は穴場とはならなくなったこと。何事もやりすぎは良くないということでしょう。3年続けて脚光の当たる場面に出られなかったのに、こんなことでナビスコ決勝騒動に巻き込まれるのは不本意ではありましょうが...。

去年の開幕戦のときにグロテスクに揺れていた大旗は出るのでしょうか。いない選手がいっぱい描かれているのですが...。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2004.10.19

クラブ本部移転(日経地方面)

記事の要旨は以下のとおり
・来年1月を目途に本部機能を埼スタに移転。事務所経費節減が主因
・大原の芝の状況が改善されるまでは埼スタグラウンドを練習場として使用の方向。
色々と動いてますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来シーズンの席割り

クラブからシーチケのキャンセル待ち確認に関する書類が来ました。
この中に新たな事実が。
来シーズン、駒場のA自由席は、「ゴール裏」と「バックスタンド側」に分ける予定だそうです。(埼スタは今までどおり)
A自由席のシーチケは、駒場に関しては全て「ゴール裏」に分類されるとのこと。「バックスタンド側」を希望するシーチケホルダー対策からなのか、SS、SA、SBのシーチケも追加されるとのこと。
バックスタンドでの過度の席取りに対してのクラブ側の対応ということなのでしょう。

徳重、レッズ戦以外で頑張ってこい!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

参戦の記録 ホーム 横浜戦 更新

今もって消化不良の内容でしたが、それだけマリノスが研究して臨んできたということでしょうか。裏返せばリスクを犯してまで攻めて勝つことはしないサッカーでよいという試合を仕掛けてきたということ。仕方がないか。

それにしても審判は酷かった。大観衆で舞い上がったか?
そろそろGKを都築に戻すタイミングなのでは。山岸も守備面では悪くないが、あのキックでは行き詰まった場面で攻撃の起点とはならない。ギドはどういう判断を下すのだろう。変えないかな?

参戦の記録2004 ホーム 横浜Fマリノス戦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.18

ガップリ四つ

p504is00257.jpg力相撲って感じの横浜戦でした。
一般紙は、朝日が浦和の勝点1に好意的、日経は横浜の浦和対策を誉めるって感じでした。昨日のようなゴール前を多くの人数で固める策に対する答えを、ギドがどう出すか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.17

横浜戦 スコアレスドロー

素晴らしい秋晴れに恵まれ、入場者は58,000人超。
試合はスコアレスドロー。横浜との差を詰められなかったのは評価できるのですが、2位のガンバが引き分けていただけに勝っておきたかったところ。
内容的にはいまひとつ消化不良か。とにかく横浜はゴール前に人がたくさんいました。シュートコースがなかなか開かなかった。後半の終盤には足が止まり気味でちょっとヤバかった。
達也→岡野の交代は不発。岡野を右サイドに下げて永井をトップにし、山田を下げたらバランスが崩れて攻め込まれました。膠着状態を打開できる切り札不在の状況。控え組みの奮起を望みたい。アレのFK惜しかったな...。

それにしても恐るべきは主審 柏原
この日は7枚の黄紙、先週のナビ準決勝(味スタ)は9枚、2週で16枚のハイペース。それ以外にも試合を切る切る。5万超の客入りの試合なんかに笛吹かしちゃいけない審判であることは間違いなし。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2004.10.16

敵状視察 ホーム 横浜Fマリノス戦#2

1016-2.jpg素晴らしい夕焼けが西の空に広がっていました。明日はきっと晴れるでしょう。

ナビスコ決勝チケ争奪戦の余韻を引きずるのは明日の開門前まで。開門後はジュニアユース同士のボーイズマッチがあります。これも楽しみ。

ボーイズマッチ:浦和レッズJrユースvs横浜F・マリノスJrユース(11:20~)
気合を入れてもう一度敵状視察っと思ったのですが、さして変化はなし。おさらいも含めて...

Tricolore Grooveかもめにっき
きんぴら 新之介のマリノス雑談
* Yokohama Prime Time *(仮)
横浜門旗
芝えびの尻尾

何となく待っていればチームは何とか粘ってくれて、上位陣がコケまくって混戦、どさくさにまぎれて1位になれるのではという甘い考えがプンプンします。だから粘り強い良いチームだけど、"王者"って感じに欠けるんだよね。

長谷部が復帰の可能性濃厚(先発かは微妙)、三都主も16人には入る見込み。怪我人がとか言い訳はしない。目下の敵を叩きのめすのみ。

3年連続でチケットは何とか確保できたけども、チケット確保に王道無しを実感。年々厳しくなっている。たとえ確率は低くとも出来る努力はして、後は運を天に任せておくことが王道か...。それにしてもうちのサポのチケット確保にかける情熱はものすごい。それに比べて瓦斯のユルイことユルイこと。取れない言い訳のオンパレード。ゲッターは腹が立つが、それに打ち勝つ努力が大切だ。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

横浜戦前日抽選 兼 ナビスコ決勝当番決め

041016.jpgナビスコチケット争奪戦のさなか、500人弱の抽選でした。
ナビスコ決勝の並びの抽選は
10月31日午後4時から埼スタで。
今日の抽選の30番までがナビスコ決勝の当番ということでした。
長居に行った後は、ゆっくりしてられないっていうことですね。
チケットがまだ取れていない? 前日抽選に来るような人なら、何とか取れるでしょう。頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.14

敵状視察 ホーム 横浜Fマリノス戦

ライバル新時代?(byサッカーマガジン)対決のホームでのFマリノス戦です。気を抜かないで一気に突っ走って行くには良い相手なのかもしれません。っていうか、横浜、鹿島と続くここが正念場です。

ファーストは引き分け(1-1)ナビスコ準々決勝は勝利(3-2)、負け無しです。

んでもって横浜的blog

W杯一次予選があり、なかなか週末の試合に興味の対象が向かない中での視察。サイトは色々あれども、浦和戦の話題はかなり少なめ。先々週あった不幸な出来事の影響もあるようです。(そういううちも、土曜日の厳しいチケット争奪戦に頭が行っているのだが...。)

Tricolore Groove     ドゥトラ復帰の様子。誰が相性良くないってやっぱり彼のような気がして。(2年前の最終戦、駒場で平川の足を踏んづけて壊された思い出が強いもんで) 対峙する形になる右サイドは永井。啓太の負担が増えるのかも...。

かもめにっき     中澤は出るのでしょうか。出るんでしょうねぇ。松田、那須が出場停止ですから、出なかったらDFライン前とっかえですもんねぇ。河合が出るらしいですが、もう手加減してあげませんからね。もう一人は誰が出るんだ? 中西?栗原?

きんぴら 新之介のマリノス雑談
* Yokohama Prime Time *(仮)

忙しい週末が始まります。明日の夜は、チケ争奪戦で、更新できるかどうか。チケ争奪戦後の試合に強いのは、日立台チケット争奪戦で実証済みのレッズ。死角はありません。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2004.10.13

参戦の記録 ナビスコ準決勝 名古屋戦 更新

約束の地「国立」に戻ってこられることも嬉しかったのですが、去年のセカンド14節での忘れ物を取り返すことが出来たことも嬉しかった。
Pride of URAWAでサポートを始めてもらいたかったし、当然、そうなった。試合が始まったとき、不覚にも涙が出てしまった。今のチームなら絶対に去年の借りを返してくれるはずだという期待感からか。

どんな相手、どんな選手構成でも一定以上の試合が出来るようになってきている。チームが成長する過程を見続けられることは楽しいし、幸せなことだと感じた連休でした。
参戦の記録2004 ナビスコカップ準決勝 名古屋グランパスエイト戦

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.10.12

ナビスコ準決勝 4-1 名古屋を撃破

3年連続の決勝進出です。結果が出てしまえば、台風来襲から延期の過程の苦労もすっかり忘れてしまいます。快勝後、きれいな夕日が沈んでいきました。気分良い。

決勝進出とともに、達也のハット・復調が後半戦に向けての明るい兆し。ゴールを貪欲に狙う去年の姿勢が結果も付いて戻ってきました。

さて、決勝のチケットどうしましょう。うちはシーチケホルダーではないし。埼スタの前日抽選もあるし。決勝に出れば出たで悩みは尽きません。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.10.11

瑞穂にて

p504is00011.jpg天気は曇り。並びは、昨年よりは、少な目か。
ラグビー場の駐車場を開放。警備員のおじさん曰く、サッカーの試合の開放は、初めてだそうです。
キックオフまであと六時間

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.08

早い段階の決定に感謝 ナビ杯準決勝延期

ナビスコカップ準決勝 対名古屋グランパスエイト戦、やはり延期となりましたね。延期になってから冷静に台風情報を見ると、試合をやると考えること自体、クレージーに思えるくらい大きな台風です。

osimu.jpg決勝のチケット発売も延期になりました。こちらも対戦が決まらないチケットを売れるわけがないという当然の判断。予定通り発売してくれると少しはとりやすくなるかな?などと助兵衛な思いも少しありましたが、当然の結末を迎えました。発売の16日は前日抽選(埼スタ)、役割分担が大切になります。忙しい...。

延期の試合は15:00キックオフ。子連れでも試合終了後、常識の範囲での時間に帰宅可能な時間設定。遠来のレッズサポに様々な配慮をしてくれた名古屋の試合運営に大きく感謝です。でも落とすのはお金だけ。決勝のチケットはしっかりいただいて帰ります。

チームは大原で調整し名古屋入りする様子。しかし、大原の芝、雨が降ったら泥沼になってしまうのではと少し心配。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004.10.07

敵状視察 ナビ杯準決 名古屋戦(瑞穂)#2

taifu.jpgここにきて、アウェー遠征の強敵が現れました。台風第22号 、アジア名マーゴン。9日午後3時の予報円の中心が、ばっちり名古屋沖にあるように見えるのは気のせい? 開始時間の変更とか、開催日の変更とかあるのでしょうか? 非常に不安です。そうはいいながら、明日になると台風に向かって出発するのですが...。

敵状視察を若干追加


<Footballの破片>
  クライトンは浦和的には謎で不気味です。今や名古屋の攻撃の要なようで...。秋田のようなスピードの無いディフェンスの出場は大歓迎です。エメにマークがいくときの他の選手の活躍はまだ見たことがない様で。当日に衝撃を受けないでくださいね。
 

グランパス伝言板
  ナビスコ準決は横において、来期のFW補強の話題に花が咲いております。のどかというか名古屋的というか。高い金額を提示したから名古屋だとの推測。さすが世界のトヨタは違います。


1252
  空襲ですか。まだ爆弾は落としてません。爆弾を落とすのは、我々ではなく選手です。精度の高い爆弾をかなり仕込んだ様子なので、ご注意を。我々は至ってcool ! です。床屋で「エメルソンみたいなヘアースタイルにして下さい」って言えません。言おうとしたら家族に止められました。

藤枝東の赤星君の入団が内定したとのこと。 「赤星」 名前がいいね~。細貝君はどうするのだろう? うちのスタジアムの雰囲気を背中にプレーすることは、プロにとっては重要だと思うけどなぁ。
嫁さんお気に入りの背番号9番の日記がブログ化してる ! 赤茶屋さんの指摘で気がつきました。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2004.10.06

敵状視察 ナビスコ準決勝 名古屋戦(瑞穂)

 さぁ、ナビスコ準決勝です。組み合わせの位置関係でアウェー扱い。普通、前年度チャンピオンは予選1位抜けだったらホームになるんじゃないの?
 そんなことはさておき、場所は瑞穂。試合終了でも止まらなかったPride of URAWAを止めにいかなきゃ。去年の瑞穂で出場できなくて悔しい思いをしたエメが爆発してくれることでしょう。天気はかなり心配ではあるが...。

名古屋的blog

それなりにサポがいるわりに、名古屋系のブログは結構少ないですね。他サポにある女性系のブログも少ないし。世界のトヨタ。企業主導でのサポートってことなんでしょうか?

赤鯱徒然日記  原博実に教わると、レッズ戦以外は取りこぼしが目立つこと、攻撃サッカーを標榜しながらベタベタに守る引きこもりサッカーになるのでお勧めしません。

1252  豊田スタジアムでの中村のサンデーシュートの印象があるので、出てくれない方がうち的には嬉しいかも。動きの少ない試合でご不満がたまっているご様子。ファーストとは違ううちの動くサッカーで魅了して差し上げましょうか。

プリマプンタ  岩本は手術ですか。うちとは違い、今年も補強に失敗した名古屋。そんな名古屋をうちは苦手にしているのだから不思議だ。ウェズレイも復帰の目途立たずですか。去年瑞穂で撃たれた分の仕返しをしておきたかったんだが。

うち以上の補強をしているのに、うちほど選手層の厚さを感じないのは、なぜなんでしょう? その名古屋から割譲いただいた酒井がここ最近は獅子奮迅の働き。手を打てどもうまく廻らない名古屋の様は、数年前までのうちを見ているようで...。
金曜夜出で瑞穂に向かいます。明日更新できなければ後は現地から。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004.10.03

参戦の記録 アウェー ジェフ市原戦 更新

 やはり国立はホームでした。ジェフサポのぼやくも多数聞かれますが、臨海でやれば国立よりもっと酷いホームジャックの状況が展開されること必定。ジェフフロントの苦渋の決断も理解は出来ます。
 それにしてもレッズは強かった。トップ下の山田に覚醒の予感、っていうか別人になってしまいました。充実してるんだろうな。
参戦の記録2004 アウェー ジェフユナイテッド市原戦

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.10.02

普通に強かった! 4-0でJEFを撃破

子供の運動会でスタジアムに着いたのは前半8分くらい。試合前の雰囲気から入っていかないと、うまくサポートに入っていけないもんですね。

しかし普通に強かったですね。前半前に出てこない引き篭り気味のジェフに少し手を焼いた感はありましたが。
後半の3点はいずれも美しいゴール。細かい部分では色々と不満もありますが、無失点に抑えての4-0勝利。今日はくどくどと言いません。

ジェフ側のバック2階は開けず、レッズ側のみ開放。去年よりジェフの動員人数は減ったのかな?それでも3.5万人弱が入った良い雰囲気のスタジアムでした(去年は3万人弱)。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.10.01

敵状視察 アウェー 市原戦 #2

去年の市原戦ゴール裏の光景です。梅雨明けの日で夕焼けがきれいだったなぁ。このときもJEFは主力FW(崔)がいなかったんですね。ちなみに2-1でレッズの勝利でした。

試合が近くなり、レッズ戦に向けた展望のエントリーも増えてきたので追加を。市原関係のブロクは現状を正面から捉えて分析するサイトが多く、非常に参考になります。

飼い犬とボク
 今年は三試合とも全て先制されてたとは、気づきませんでした。前節も先制されたけど、バタバタしないあたりが確かにうちの精神面での成長点です。

負け犬の遠吠え
 去年の国立はレッズとJEF半々くらいでしたかね。引いて専守防衛に徹する相手には比較的苦戦するうちですから、プライドを持って自分たちのサッカーに徹した采配をするオシムはレッズにとって相性の良い監督ということになるのでしょう。(攻撃サッカーを標榜しながらベタベタに守るどこぞの監督の采配とは違い)尊敬できます。
 うちのDF陣は上がりよりもセットプレーでの脅威が増しつつありますよ。

Canis familiaris   ジェフリスダイアリー
 野戦病院化するチーム状況で、学徒動員までかけているJEF。国立ではFKでの得点が多いらしいので、阿部のFKをしっかりケアーしたい。そういう意味では審判が誰かもかなり気になるところではあります。

アルパイは今節は間に合いそうで一安心です。フィットしてきた三都主が別メニューとなっているところが気になります。三都主-ネネのラインはセットプレーの息合ってるから。
天気もよさそうだし、良い雰囲気の中でよい試合を期待します。JEFはまたスティックバルーン叩いてるんですかねぇ?

| | コメント (1) | トラックバック (3)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »