« 敵状視察 アウェー C大阪戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ決勝 »

2004.11.01

参戦の記録 アウェー セレッソ大阪戦 更新


浪速のど根性とは、負けが決まった試合での肘打ちのことなのでしょうか?

0泊での弾丸遠征はさすがに疲れましたが、楽しくもありました。勝点3も着実に取れたし。
2点は物足りないものもありますが、無失点での勝利で良しとしましょう。リーグ最少失点らしいですから。
闘莉王の高さも効いていますが、ネネの動きもチームにフィットしてきているのが大きいかも。坪井の怪我のあと、素早く良い補強に動いたチームのフロントには脱帽です。
大久保は行くチームを間違えたのが致命的ですな。頑張っているけどそれが悪循環になっている。

それにしても長い長い週末でした。ほぼ日帰りの遠征からナビスコ抽選まで。
JEFとガンバが希望通り引き分けるというおまけがつくところまで。
これであっという間にナビスコ決勝、土曜の清水戦と続きます。充実した秋、収穫の秋です。

参戦の記録2004 アウェー セレッソ大阪戦

|

« 敵状視察 アウェー C大阪戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/1826165

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェー セレッソ大阪戦 更新:

» J1 第11節 セレッソ大阪 vs 浦和レッドダイヤモンズ [Down by law]
悲しすぎる失点。 それまでは予想外に善戦していただけに 頭を抱えたくなるようなシーンだった。 セレッソがレッズに勝つとは思っていなかったが、 今までとは... [続きを読む]

受信: 2004.11.01 13:03

« 敵状視察 アウェー C大阪戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ決勝 »