« 前半終了で1点ビハインド | トップページ | 「声」で作り出すアドバンテージ »

2004.12.06

参戦の記録 CS第1戦 アウェー横浜戦更新

平常心で臨んだつもりだったのですが、選手もサポもどこかぎこちなく、しっくりこないうちに終了してしまったという感じでしょうか。
狂ったような天候に、チームもサポも調子を狂わされた週末でした。
土曜日の埼スタは、ギリギリするような切迫感のある雰囲気で、テンションを上げて張り裂けんばかりの気持ちでサポートして行きたい。
これが浦和のホームだ、という雰囲気をだして横浜を飲み込もう。

参戦の記録2004 CS第1戦 横浜Fマリノス戦

この期に及んで、ネガティブなことを言っても仕方がないので、前向きに...。

昨日のような展開になることは、想定の範囲内。セットプレーで1点のビハインドを負ったこともギリギリ想定の範囲内。

セットプレー以外には攻め手に欠ける横浜のチーム力は想定の範囲内。横浜の守備の堅さは想定通り。

小賢しい戦術論などとは無縁のサッカー(戦術が無かったという訳ではないよ)で相手を叩きのめしてきているのに、ここに来て戦術論で勝つサッカーなんて期待していない。
奇策を用いずに横浜の堅守を破れなければ、そもそもチャンピオン足り得ない。
今シーズン追い求めてきたサッカーで、戦術的には賢いかもしれないが見ていて面白くないサッカーを叩きのめしてこそ浦和のサッカーだ。
それを現実のものとするために必要なのが、浦和の誇り=Pride of URAWA だ。

次戦は文句なく現時点でのベストメンバーが組める。今までの攻めに信念を持って相手を撃破してもらいたい。

Riknavicさんが僕の気持ちを代弁してくれている。去年の清水戦のときの雰囲気、あの気持ちだ。横浜があのときの清水のようにゆるい相手だとは思わないが、ホームの雰囲気でそれを可能にすることが出来るのが浦和だと思う。
こちらも同意見のようで。

|

« 前半終了で1点ビハインド | トップページ | 「声」で作り出すアドバンテージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/2174679

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 CS第1戦 アウェー横浜戦更新:

» □ 今こそ岡野の言葉を肝に銘じよ [RJ2001.NET 公式声明]
「お前ら、ガタガタうるせえんだよ」 ジャッジがどうの、ギドの采配がどうのと言っている奴は こいつらと同レベル。 そんな奴は今すぐ剃刀で頭を丸めろ! チームと一緒... [続きを読む]

受信: 2004.12.07 12:24

» 後遺症 [Graceful Urawa Reds <Diary>]
 日曜日に撃沈した皆さんはそろそろ復活されているころと思います。よくも悪くも敗戦 [続きを読む]

受信: 2004.12.07 13:02

« 前半終了で1点ビハインド | トップページ | 「声」で作り出すアドバンテージ »