« 敵状視察 CS第2戦 ホーム 横浜戦 | トップページ | まだ何か足らないものがある »

2004.12.10

敵状視察 CS第2戦 ホーム 横浜戦 #2

両チームとも非公開練習が続いているので、チーム関連での視察ネタはなかなか出てきません。そこで、周辺ネタを視察。
それにしても、鞠的サイトは余裕ですねぇ。横浜の選手も同様に余裕こいてくれればよいのですが、さすがにそんなことはないでしょうねぇ。マリノスは日産のチーム。日産が提供する娯楽を楽しむファンに、選手の後押しを期待してはいけないのでしょうね。選手が不憫だが、選手は日産のために戦っているのだから仕方がないか。

鞠的blog

マリノスと共に頂点へ  ゆるいです。紙ふぶきでネタ切れなんですかね。ビッグクラブと呼ばれるには共に足らないところがある両チーム。横浜に足らないものは、このゆるさだと永遠に備わらないものなのでしょうね。うちに足らないのは輝かしい戦跡。これは明日で解消される予定。

かわうそ的トリコロールな日々  意外とおとなしかった浦和。実は暗いところが苦手で、選手入場時の照明を落とす演出で固まってしまったんです(嘘)。それにしてもCS第2戦のアウェー自由席にこられる横浜ファンは幸せ。史上最大の声でのサポートを特等席で見られるのだから。それと、一つご忠告。祝勝会は事前に予定しちゃうと結果が出ませんよ。汚い帷子川に飛び込まなくても良いようにして差し上げますからご安心を。

濱風  リーダーにはなれない青レンジャーのつぶやき。ネタ的には非常に良い設定です。J2を見下したような態度は配慮に欠けますね。青レンジャーはやっぱりリーダーの器ではないということでしょうか。

|

« 敵状視察 CS第2戦 ホーム 横浜戦 | トップページ | まだ何か足らないものがある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/2223873

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 CS第2戦 ホーム 横浜戦 #2:

« 敵状視察 CS第2戦 ホーム 横浜戦 | トップページ | まだ何か足らないものがある »