« 参戦の記録 天皇杯準々決勝 FC東京戦 | トップページ | パレード »

2004.12.23

敵状視察 天皇杯準決勝 磐田戦

天皇杯準決勝は、印象の薄い前年度の覇者、磐田との一戦です。場所は国立。国立のホーム側は2001年の鹿島戦以来。その試合の先発で今度の試合に出そうなのは啓太だけ。その年の磐田戦も国立ホームで山田、内舘、永井の3人が先発でした。対する磐田は先発のうち、現在いないのがヴァンズワム、大岩、奥、高原。世代交代は難しいものなのですね。

磐田的blog

三光鳥の話  磐田のオフの話題の中心は、GM的全権監督の山本さん。試合そっちのけで選手漁りのご様子。抜かれることはあっても抜くことはあまりしなかった磐田。比類なき交渉下手だそうですが、そちらに専念していただいて結構かと。
リベンジの天皇杯、啓太、長谷部、出番の少なかった達也の活躍に期待大。目の前で点取ると引っ張られちゃうんですか?

Rhapsody in Saxeblue  警戒すべきは西、中山というところでしょうか。菊地とか成岡とか前田とか出てきてくれると嬉しいのですが...。それにしても30台多い面子ですね。中山、藤田、服部。DF陣ももうすぐ30台。ある意味凄いかも。

マオ猫の道草日記  中途半端な時期に監督が代わり、来期の編成に目が向いている磐田。中途半端な状況でなまじ勝ち進むことが磐田のためには良くないとご心配でしょう。(ここまでは相手に恵まれすぎ) その心配はご無用。うちは、来期に位勝ちできるようにするため、きっちりと結果を出して元旦に臨ませていただきます。余談ですが、うちは開幕戦は去年が横浜、一昨年が鹿島でしたが何か?っていうか、目の前の試合より来年の開幕を見通しているとは大局的ですなぁ。

磐田魂+α  磐田はうちと当たるのが準決勝で幸せだったですよね。決勝だったらチケット無いでもんね。毎度毎度のチケット争奪戦。うちのサポの逞しさを痛感する今日この頃。
ユースが5-2で勝ってますからトップチームも恥ずかしい試合はできません。

J☆mind  中山が入ると動きがよくなって、決め手は藤田だそうです。恐るべし30台。うちの20代前半は走り負けないようにしないと。動かない福西のトップ下は大歓迎。となると警戒するはやっぱり西かな。ヤマハスタジアムでの2本決められたシュートは両方ともいいシュートだったからなぁ。えらい昔のように感じます。左の西は山田を右においてしっかり抑えてもらいましょうか。

|

« 参戦の記録 天皇杯準々決勝 FC東京戦 | トップページ | パレード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/2347467

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 天皇杯準決勝 磐田戦:

» 天皇杯準決勝スタメン予想 [浦和レッズアイ!-赤茶屋-]
テレビ埼玉「REDS TV GGR」スタメン予想(画像をクリックすると拡大されま [続きを読む]

受信: 2004.12.25 00:47

« 参戦の記録 天皇杯準々決勝 FC東京戦 | トップページ | パレード »