« 参戦の記録 ホーム C大阪戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 磐田戦 »

2005.04.26

反対側からの観戦記 ホームC大阪戦

とある桜サポのひとりごと

アウェーで2-1の勝利は、セレッソとしては文句なしでしょう。後半は1-0でしたが、中盤での動きなどは、浦和を完全に凌駕していましたから。
参戦記を見ると、あまりの浦和の手応えの無さに違和感を感じられているようで...。前節からの流れを考えればレッズサポとてよもやあんなサッカーが目の前で展開されるとは思っても見なかったわけで、去年のセカンドステージのようなチームとしての軸というか芯がまだ通っていないのかもしれません。

・浦和の攻撃陣の不調ぶり、特にエメの不調ぶりが目立ったとのことですが、今年のエメはまだあんなものです。エメを抑えたことを自信にもつのはいいですが、過信しない方がいいと思いますよ。

・2点とも、西澤を放してしまった闘莉王は試合勘が戻っていなかった感じですね。責任感強いから感じるものはあるはず。

・一番の敗因は、中盤でのセレッソの圧力が予想以上に強かったことでしょう。ボール取られすぎ。やらなければいけないことを逆にきっちりとやられてしまった。気持ちの問題?オフト時代の「眠っていた」というフレーズを思い出しました。

|

« 参戦の記録 ホーム C大阪戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 磐田戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/3860414

この記事へのトラックバック一覧です: 反対側からの観戦記 ホームC大阪戦:

» 完全アウェーの中貴重な勝利! [とある桜サポのひとりごと]
23日の結果 レッズ 1−2 セレッソ 自身4度目のオフィシャルツアーでようやく初勝利です♪ この日はとても濃密でいろんなことがありました。 (2005/04/26:追記あり) [続きを読む]

受信: 2005.04.26 18:34

« 参戦の記録 ホーム C大阪戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 磐田戦 »