« 参戦の記録 アウェー F東京戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム C大阪戦 »

2005.04.18

反対側からの観戦記 アウェー F東京戦

江戸の華   「攻めて取る。攻めて獲る。」という攻撃的なスローガンを掲げる2位のチームが、17位のチーム相手にべた引きの引き篭り。0-0で折り返して焦る浦和をカウンターかセットプレーでという超攻撃的なプランは、残念ながら絵に描いた餅でした。
知将博実が前半2-0で折り返すとバタつく浦和を知らない訳はないが、さすがにそこまでの勇気はなかったか。

・山田の右SBでの守備力発揮は当然として、内舘の左SBの守備力には驚きを超え感動すら覚えました。石川の途中交代も已む無しでしょう。

・長谷部と啓太が動けるスペースを与えてくれた東京の守備に感謝ですね。中盤が活性化するとチームに勢いが出ますからね。

・サイドに開いた永井と三都主は、バランスをかなり意識していた感じでしたね。攻撃面ではあまり見せ場がなかった。

バックアップメンバーを含めた選手層の厚さを褒めてくれたりとか、この試合に賭けるゴール裏の雰囲気を察していたりとか、反対側から見た率直な感想は、チーム、サポの方向性が間違っていないことを確認させてくれます。

|

« 参戦の記録 アウェー F東京戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム C大阪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/3751186

この記事へのトラックバック一覧です: 反対側からの観戦記 アウェー F東京戦:

« 参戦の記録 アウェー F東京戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム C大阪戦 »