« さなぎ | トップページ | 敵状視察 アウェー F東京戦 »

2005.04.14

反対側からの観戦記 ホーム清水戦

アウェーでの勝点1で、引きあげる選手に大いなる拍手をしていた出島の方々。
内容的には我々以上に危機感をもっているものと思いきや...。

川口本舗別館
OrangeProject Diary

ベタで引いてドカーンと長いボールでカウンターというのが、幼稚園サッカーとの迷台詞を残したカリスマ監督の高等戦術のようですし、サポにも定着しつつあるようです。
術中にハマりかけた?
あれだけ攻め込んでもゴールが決まらなければやはり「拙攻」なのかもしれません。

せっこう【拙攻】
スポーツ競技で、むだの多いまずい攻撃をすること。

・レッドダイアモンズ→レッドダイヤモンズです。お間違いなく

・うちがもがき苦しんでいるのを見て勝点1で満足すると、大事なことを見落とすのではと他人事ながらちょっと心配。

ブービーの戯言でした。

|

« さなぎ | トップページ | 敵状視察 アウェー F東京戦 »

コメント

こんばんわ、TBありがとうございます。

>・レッドダイアモンズ→レッドダイヤモンズです。お間違いなく

そうですね、ダイアじゃなくてダイヤですよね、申し訳ありませんでした、修正しました。

でわ、失礼します。

投稿: 川口 | 2005.04.14 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/3697091

この記事へのトラックバック一覧です: 反対側からの観戦記 ホーム清水戦:

» 第5節 浦和レッズ戦 関連記事 [ぱるるアンテナ]
2005年 第5節 清水エスパルス vs 浦和レッズ戦 | 駒場 ■関連記事まとめ [続きを読む]

受信: 2005.04.16 00:36

« さなぎ | トップページ | 敵状視察 アウェー F東京戦 »