« 参戦の記録 アウェー 横浜戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ ホーム 新潟戦 »

2005.05.17

反対側からの観戦記 アウェー 横浜戦

芝えびの尻尾  「スタンドの熱。両チームの気迫のこもったプレイ。一瞬で入れ替わる攻守。スタンドが前のめりになるチャンス…。“勝利”以外のフットボールの面白さはたくさんそこにありました。」
録画を見直して思ったこと。前半は潰しあい(横浜ペース)。後半は攻守の入れ替わりの早い見ごたえある試合。今のお互いのコンディションの中では、ベストを尽くした試合といえるのでは。
展開は去年とは全く逆。攻める横浜、耐える浦和。因縁、スタンド、展開、天候、そして浦和にとっては結果。
J(浦和)とともにある生活のある喜び。試合内容の細かい部分にこだわっていると楽しみが減りますね。

これでCSのPK戦の借りが返せたとは全くもって考えておりません。喜ぶことは喜びましたが、とことん喜ぶのはまだ早いので...。

|

« 参戦の記録 アウェー 横浜戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ ホーム 新潟戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/4160580

この記事へのトラックバック一覧です: 反対側からの観戦記 アウェー 横浜戦:

« 参戦の記録 アウェー 横浜戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ ホーム 新潟戦 »