« 敵状視察 アウェー 神戸戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェー 神戸戦 »

2005.05.05

反対側からの観戦記 アウェー 神戸戦

ジロブログ

”全てがわずかずつだがまだ噛み合っていない印象”
この言葉で現状の全てをいいあらわしている様な...。
長谷部、啓太を褒められていますが、昨日は中盤底の二人の出来はそれなりに良かったと思います。トップ二人と中盤の底の間に入る永井の動きが今ひとつだった感じがしました。

連戦が続く中のアウェーでの勝点3は、結果十分。噛み合わない部分は、神戸の出来がそれだけ良かったと割り切り、次節に向けてコンディションを整え、修正を図ってもらいたいものです。

・山田とのマッチアップとなった神戸の左ホージェルは強かった。ヤマが四分六で負けてたし。ヤマも少しお疲れか。でもしっかり1アシスト。さすがだ。

・神戸のセットプレーは怖かったが、流れの中で点を取られる感じはしなかった。カズ、播戸のツートップの限界か。

・啓太か平川のシュートが決まっていて、終盤の神戸の怒涛のセットプレーで1点献上で2-1というのがいい感じだったのだが。

・新しい穴ザーワールドは ”お!それまで流しちゃうわけ?” って感じでした。でも、ピーピーうるさい○田さんよりはいいかな?審判も日々成長(又は衰退)していることを実感する今日この頃。

・それにしてもウィングスタジアムの駐車場は素晴らしい。

|

« 敵状視察 アウェー 神戸戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェー 神戸戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/3992051

この記事へのトラックバック一覧です: 反対側からの観戦記 アウェー 神戸戦:

« 敵状視察 アウェー 神戸戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェー 神戸戦 »