« 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 | トップページ | 反対側からの観戦記 アウェー 神戸戦 »

2005.05.02

敵状視察 アウェー 神戸戦

休む間もなく神戸戦です。
上り調子のチーム状況ではGWの連戦も望むところか。選手には体のケアをしっかりしてもらって、前向きのモチベーションで臨んでもらいたいものです。

さて神戸。ナビスコで対戦したときは開幕後、1勝1分の非常に良い状態だったのですが、浦和に負けて以降、一つの引き分けを挟み8連敗中(ナビスコ2試合を含む)。
あの時は、そんなにダメダメの印象は受けなかったのだが...。
監督も代え、オーナーも出家?。流れを変えようと必死ですが、なかなか選手が付いてこないようで辛そうです。

楽天的ブログ

After22  “ゴール裏の濡れた芝生スタンドに立つサポのように踏ん張りきれない。”という表現が泣かせます。
万博でガンバに足蹴にされた神戸。去年もその傾向がありましたが、浦和と試合を行ったチームは、その後調子が良くなります。それを信じてもう1試合待ってあげてください。

VISSEL KOBE 11stones football  三浦淳がボランチに入っているようですね。持つ時間の長い選手が相手の中盤の起点にいるのは、浦和にとってはチャンスを作りやすいので歓迎です。望んでいるサッカーを浦和がウィングで展開して差し上げることが西村裁きの後、調子の悪くなった神戸へのお土産と考えてます。

VISSELKOBE■□芦屋応援団  辛辣です。調子の出ない状況では仕方がないか? 並んでいる選手の名前を見ると、スピードという言葉は浮かんでこないあたりが狙い目か。掛川の大当たりは要注意だな。

|

« 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 | トップページ | 反対側からの観戦記 アウェー 神戸戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/3947527

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 アウェー 神戸戦:

» 第10節 VS浦和戦プレビュー [After22]
與野レッズBlogさんにトラバ頂きましたので、プレビューをささっと。2トップが復調してきた浦和、比べて調子の上がらない神戸。打ち合いになると、無残な結果になりそう。なんとしても、先制点が欲しい。マークすべきは神戸に相性の良い長谷部。こういう選手にことご...... [続きを読む]

受信: 2005.05.04 11:18

« 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 | トップページ | 反対側からの観戦記 アウェー 神戸戦 »