« 練習試合 山形戦 | トップページ | 永井良和氏が! »

2005.06.28

落合さんの浦和談義

No Reds, No Life...レッズ日和 のところに、落合さんの埼玉大学での講義の様子がアップされています。
すばやいお仕事、頭が下がります。

僕らの世代が小学生の頃に、運動をする男の子なら名前を聞いたことがない人間は居ないくらいのヒーロー。浦和生まれ浦和育ちのヒーロー。

西野が来たときに、レッズのサポはなぜすごいのかという質問があったと思いますが、わたしが(自分の講義の日に)お答えしますと答えた。今日お答えします。

その落合さんが浦和がなぜ浦和なのかをストレートに語られる様子を、目頭を熱くしながら読んでしまいました。

浦高、市立、浦和西、浦和南がそれぞれ左上、右上、左下、右下。浦和の名前が付く公立高校が4校も全国優勝しているのは浦和だけ。清水でもない。

うちの兄弟三人、別々の高校に行っているけど全てが全国制覇してるもんなぁ。この四校の中で最近一番影が薄いわが母校の名前を見てグッときてしまった。

日本にはJタウンがいくつもある。でも四苦八苦してる。一生懸命投げかけている。しかし、こっちが投げかける前に怒られるのが浦和。

いちいちうなずいてしまうなぁ。

ハートフルの初年度に息子が参加させてもらっていた。今でも息子は落合さんを見ると寄っていく。落合さんとハイタッチ。息子は落合さんのすごさを知らない。
落合さんは息子の名前を呼んでひとしきり話をしてくれる。
こんなすごい人がレッズの土台となる普及を支えている。奥が深いクラブだよなぁ。

|

« 練習試合 山形戦 | トップページ | 永井良和氏が! »

コメント

こんなにご紹介いただいてありがとうございます(^^*)。テープから書き起こしているわけでもないので一言一句が正確ではないのですが、"らいぶ~"な感じが伝わればいいかなと思い、自分の自由になる時間の兼ね合いをみつつ、聞き取り書きの方法で書き留めています。

>すばやいお仕事

いや、あまりに内容が盛りだくさんで、講義中に打ち込みきれずに一時的に頭のメモリーにため込んだものを早くはき出さないとどっかに行ってしまいそうでしたから<それはもったいない(笑)

講義の感想はまだエントリーにあげていないのですが、とにかく一貫して浦和(地域・レッズ)への愛に充ち満ちた講義でした。

息子さんがハートフルの卒業生でいらっしゃるのですね。わたしは落合さんのヒーローっぷりを身を持っては知らないのですが、與野市民さんのエントリーを拝見して、また浦和の深さをしみじみと感じました。

投稿: Samemoon! | 2005.06.29 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/4749813

この記事へのトラックバック一覧です: 落合さんの浦和談義:

« 練習試合 山形戦 | トップページ | 永井良和氏が! »