« 参戦の記録 ナビ準々 アウェー 清水戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ ホーム 清水戦 »

2005.08.08

反対側からの観戦記 ナビ準々清水戦#1

おちゃめ日記   浦和的にはマイアミのヒーロー伊藤輝悦が出た出ないよりも、中盤の優劣が気になりましたが、中盤(真ん中へん)は、浦和が制圧していたように思います。
清水の中盤(真ん中へん)よりは、啓太、酒井の泥臭さが目立ちました。

橙とサイコロ   こちらが仰るように、精度に欠けるサイドからのチョ ジェジン狙いの攻撃は、想定の範囲内だったような気がします。事故に合わないようにすることが守備陣の課題でした。それをしっかりこなしたDF陣はよくやっともいえますね。

・お姉ちゃんが云々の岩下は、ボランチであることすら知りませんでした。話題作りのための出場?

・うちの平均年齢18歳の2トップも不発気味でしたが、清水の若手もそれ以上のダメダメぶりだったと思います。

・まぁ、何はともあれ、21歳のベテラン選手のスーパーなミドルシュートに助けられた日本平でした。

そのミドルが決められるのなら、後半の右サイドニアからのシュートを決められなかったのかという愚痴は封印。
ポストに当てるほうが難しかったから、その道を選んだか。
しかし、最近は貫禄さえ漂うようになった成長振りは、目を瞠るものがありますね。

監督の顔半分と、「何とかの想い」っていう掲示板表示。うちの嫁は、あの「が なんちゃら想い」ってなんて書いてあるのとのこと。
かける想いなら、かけるの表示も少し考えたほうが。
そもそも、脇役である監督の顔が半分とはいえ画面に出るのは違和感があるのですが...。もう、アウェーの清水戦はないから、まぁ気にすることはないか。

|

« 参戦の記録 ナビ準々 アウェー 清水戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ ホーム 清水戦 »

コメント

與野市民さん、こんばんは。
TBいただきありがとうございました。

6日の試合を見るにつけ、99年と現在の彼我の関係の逆転を痛感させられました。

いつになったら、サイドアタック至上主義から脱してくれるのかと思っております。

あぁ、そうそう、電光掲示板ですよね。
しょうがないんです。
うちで一番客を呼べるのは、選手ではなく監督なんですから。
なにせ監督グッズはすでにこの半年で第4弾まで出てますからね…。
そういうところも、問題ありだと思います。

またお邪魔させていただければと思います。

投稿: えす★ふりーく | 2005.08.09 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/5356451

この記事へのトラックバック一覧です: 反対側からの観戦記 ナビ準々清水戦#1:

« 参戦の記録 ナビ準々 アウェー 清水戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ ホーム 清水戦 »