« 参戦の記録 ホーム F東京戦 | トップページ | 練習試合 対大阪経済大学 »

2005.08.21

反対側からの観戦記 ホームF東京戦

今年は対FC東京は2勝で終了。天皇杯ででも当たらない限り今年の対戦はなし。
それにしても、怖さを感じない東京でした。なぜだ?

ブログ DE ペーニャ  短めのエントリーですが、現状を一言で言い表す言葉が。
「梶山と長谷部の仕上がりの違い」
仕上がりだけではなく、気持ち、戦術の理解度等、違いを感じました。っていうか、梶山印象になかったし。啓太とともに中盤の支配に多大な貢献をした長谷部。
終了間際にするするとドリブルでペナルティエリアに侵入してきた長谷部を見て、その成長、存在の大きさに涙が出そうに嬉しくなってしまった。
期待する選手が働いた浦和と機能しなかった東京。この差は点数以上に大きいようです。

まぁそれにしても、ポンテは本物だ。東京はササが機能しないのになまじ得点という結果を残したことが、今後に吉と出るか凶と出るか。

こちらとかこちらが、4-4-2というシステムと東京のサッカーのマッチングのことをかなり気にされてますが、本質はこちらが言われているように監督の限界なのかも。
闘志むき出しで浦和に挑んでくる博実が、ササという駒を使うがために遠慮している感じがしたなぁ。
監督がサッカーするわけではないが、監督の気持ちがピッチに反映された試合だったという感じか。

|

« 参戦の記録 ホーム F東京戦 | トップページ | 練習試合 対大阪経済大学 »

コメント

TBありがとうございます&暑い中お疲れ様です。
うわー與野レッズさんに見つかってしまった(笑)マイナーサイトまでチェックされてるとは、さすが浦和サポータの方々の研究熱心さには頭が下がる思いです・・・

若手育成をしつつ、結果を出していくというのは本当にサポーターにとっても試練の連続というのが率直な印象です。


投稿: crazyken27 | 2005.08.22 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/5567630

この記事へのトラックバック一覧です: 反対側からの観戦記 ホームF東京戦:

« 参戦の記録 ホーム F東京戦 | トップページ | 練習試合 対大阪経済大学 »