« 敵状視察 ホーム 神戸戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 神戸戦 »

2005.08.24

何とも微妙な結果の神戸戦

開始10分に駆けつけた駒場。
試合開始に間に合わないときには結果が良くない(柏戦とか)。
でも、今日はこれが精一杯。

ピッチ上で展開されたサッカーは精一杯のサッカーだったのだろうか。
どこか神戸を見下したところはなかっただろうか。
最下位の神戸にとっては、ロスタイムで追いつかれ、勝ち点を2失った試合。浦和は、前節の上位チームのもたつきを、水泡に帰してしまうまずい試合展開でのギリギリのドロー。

痛み分けかな。それにしても痛い。

それにしてもポンテはいいね。
事前の情報では結構直情的との情報もあったけど、そんなことはなく、相手のファールで見方が熱くなっているときでも黙々とボールを拾いに行きFKの位置にボールをセットしてゴールを見据える。冷静。

中盤、ちょっと消えてた時間があったが、闘莉王が前に上がればバランスをとって中盤のそこに下がり、終盤、相手がドン引きになればそこを突いて得点。
最後の闘莉王のヘディングに上げたチップキック気味のセンタリングとか.....

本物だ。

達也とのコンビも見てみたい。

|

« 敵状視察 ホーム 神戸戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 神戸戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/5622912

この記事へのトラックバック一覧です: 何とも微妙な結果の神戸戦:

« 敵状視察 ホーム 神戸戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 神戸戦 »