« 800キロのアウェー | トップページ | 参戦の記録 アウェー 広島戦 »

2005.09.20

反対側からの観戦記 アウェー 広島戦

土俵際で踏ん張った広島戦。
横浜戦のような天候、勝利後の日差し。"レッズにとっては実は『とてもおいしい』試合"を確実に?ものにしました。
打ち合いながら先制した展開にはここ数試合の課題に答えを出しつつあります。流れを呼び込む試合になったか!?

サンフレッチェに夢中になったり,呆れてしまったり   ここ数試合、受けて入って結果を残せなかった反省か、かなり積極的な前半は入りだった浦和。森崎和をリベロにおいて、3バックの引き気味で受けてくれた広島に感謝というところでしょうか。
監督の采配、ここの選手云々もありますが、選手の勝に対する執念と選手層の違いが最後の大きな1点の差につながったと思ってます。

広島の唯一、勝への執念を見せた佐藤寿人。ハットは見事だけど、都築への挑発はいただけなかったなぁ。都築よくぶん殴んなかったよ。
横浜の田中某級に嫌いな選手になりました。広島のチームカラーにあの挑発は似合わないんじゃない?

ゴール裏中心はこの日はバックより。
事前の情報収集の賜物?
単に去年結果が出なかったので、元々の位置に戻っただけ?

|

« 800キロのアウェー | トップページ | 参戦の記録 アウェー 広島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/6024402

この記事へのトラックバック一覧です: 反対側からの観戦記 アウェー 広島戦:

« 800キロのアウェー | トップページ | 参戦の記録 アウェー 広島戦 »