« 敵状視察 ホーム 大分戦 | トップページ | 反対側からの観戦記 ホーム大分戦 »

2005.09.12

参戦の記録 ホーム 大分戦


とんぼが。
もうすぐ秋
1-2 敗戦(埼玉スタジアム:車)

失望感という言葉以外に台詞が思い浮かばない敗戦。優勝を目指すなんて言っていたことが恥ずかしい。
頂点を目指すためには足らないものが山ほどあることを、痛感させられる試合でした。


大分ご一行様
久しぶりの埼スタ。なぜかこの日はマッタリとした雰囲気がスタジアムを覆っていた感じがする。
闘莉王、堀之内と最終ラインの要となる人間を出場停止で欠くことの危機感が、なぜか感じられない雰囲気。大一番といわれる試合の内容に満足してしまうのは、選手だけでなくスタンドで見守る側にもある傾向なのかもしれない。


終戦にはまだ早い
先発はGK都築、DF坪井、内舘、ネネ、MF山田、啓太、長谷部、三都主、ポンテ、FW達也、永井。
開始早々から動かない動かない。ガツンと序盤に叩いておけば、気持ちが折れる相手なのに、それをしない、する気がない。
まずいなぁと思い見ていると、案の定失点。前半のうちに追いついたあたりは本来の力の差の証明か。

ただ、下手に前半のうちに追いついたのがいけなかったのかもしれない。我武者羅に攻めるという気迫が感じられない。

目の前の相手ではなく、目指すべき目標をきちんと認識していれば、ガツガツ攻めて出なければいけないところなのに。マグノアウベスにあっさりカウンターを決められ1-2。これを何としてもひっくり返そうという気持ちが感じられなかったのが失望感の原因か。
前節の勝点1を無駄にしてしまった敗戦。痛いなぁ。

速攻帰って泥酔。いやな記憶はアルコールで洗い流ししかなかったです。

|

« 敵状視察 ホーム 大分戦 | トップページ | 反対側からの観戦記 ホーム大分戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/5910632

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 大分戦:

« 敵状視察 ホーム 大分戦 | トップページ | 反対側からの観戦記 ホーム大分戦 »