« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.27

参戦の記録 ホーム 磐田戦

1-0 勝利 (2005.11.26 埼玉スタジアム2002:車)

今年は最終戦がアウェーのため、磐田戦がホーム最終戦となります。

まぁここまでいろいろなことがありましたが、やはりホーム最終戦は特別。いい内容で勝利を見せてほしい。
5万人を超える観客全員が最終戦の新潟に駆けつけるわけではないのですから。
いつも泊める民間駐車場の車の出足も早く、ホーム最終戦であることを感じます。

入場してラーメン食って、グッズ買って、チキン食べながらビール飲んでボーイズマッチ見て。穏やかな陽気、フットボールのある週末をもてることの幸せ。

お隣の新築されたお宅(フクアリ)を拝見して、ホームに帰って見てみれば、埼スタの何と立派なことか。施設としての埼スタは、はやり日本一だなぁと。


赤白二色に
染め上げ

ウォーミングアップ時からコール。残り二戦、揉めてたって仕方が無い。
選手入場時には、メイン小旗、バックはシートでの赤白二色、ゴール裏はデカユニ旗。選手に気持ちは届くはず。

立ち上がりから物凄いペースで押し込む。選手の気持ちはひしひしと伝わってくる。
3試合ぶりに戻ってきた長谷部と啓太の中盤の動きが磐田を圧倒。山田も電池交換をしたかのような見違える動き。両サイドから何度も仕掛けるが、クロスはなかなか味方選手に合わず前半は無得点。

得点するまで続けるとしてはじめた、Pride of Urawaで後半に向う選手を迎え入れる。
点を取らなければ勝ちはない。右サイドを堀之内が度々上がる。攻める気持ちを感じる。
浦和の攻勢に磐田が慣れ始めたか、後半10分以降は徐々に磐田ペース。
名波のFK、遥か彼方でポストに当たりゴールの外に弾けていく。流れは向こうに行っていない。
岡野→横山の交代。山田が右に回り三都主の前に横山。右からの攻撃一辺倒だった展開が、左サイドの高い位置でボールが持てるようになり、磐田の右の備えが薄くなる。
乱暴者の心無いプレー、目に飛び込んできたのは赤い紙。気持ちで勝っている上に数的にも優位に立つ。後は点を取るのみ。
三都主→赤星。大事な試合でルーキーがレギュラーと遜色ないプレーが出来るまでに成長してきている。

Pride of Urawaは続く。圧倒的に押すがゴールネットは揺れない。マリッチのシュートはGK正面。横山のヘディングはわずかにバーの上。引き分けでは終わりたくない。
ホリとヤマで制圧した右サイドからヤマが持ち込みゴール前へセンタリング(っていうか、味方誰もいないからシュート?)、相手DFに当たりゴールへ吸い込まれるボール。1-0。


ホーム最終戦的な
雰囲気

ロングコールは終わらない。攻め続ける浦和。時間を費やして逃げ込もうなんて気持ちは無い。赤星のシュートはバーの上。いいシュート。攻める気持ちが伝わってくる。
ロスタイム2分。ここでも攻め続ける。最後にカウンターから肝を冷やす場面もあるが、今日の試合の流れから入るわけも無く。試合終了1-0勝利。

過剰な演出の無いセレモニー、選手がフラッグを持って場内一周。「好きにならずにいれれない」


こちらこそ
ありがとう

ホーム最終戦、1年間を噛み締める試合を勝ちで締めくくれて本当によかった。
選手が去った後にビジョンに映し出される1年間の映像。アウェー鹿島で広げられたデカユニ旗、確率変動中の啓太のミドル2発、いろいろなことがあったなぁ。

ロングコールで潰れた喉をアルコールで消毒するために、浦和の街に向ったことは言うまでも無い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.25

敵状視察 ホーム 磐田戦

ホーム最終戦、磐田戦です。
怒涛の消化試合を懸命に戦っている様子。

空色の歓喜     川崎戦を終えた人間力曰く、「日本人が7人後ろで守って、前の3人が外人で点を取るような攻撃をしていては、日本のストライカーは育たない」 だそうです。
燃えるポイントが今ひとつ無かった磐田戦ですが、シーズン前、JEFから根こそぎ選手を奪った監督のチームでこの発言。燃えます。
育てるストライカーが、FWとは呼べない○田とハーフのカ○ンというところが突っ込みどころです。
達也を怪我で欠く現状、人のことを言えた義理ではないのですが...。
少なくともこの人、まだ五輪監督の気分が抜けないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.24

立場 持場

ギドに釈明をさせて、また一方ではバスを囲んだとのこと。

物を投げた人間は排除した後のことだったらしいという話を聞いて少し安堵。

スポニチ(ネット)に載っていた写真を見て違和感。

監督を見下ろして意見を言うサポという構図は、傍目から見ると話を受け止めるギドが大人という感じだなぁ。
うちの監督は負けず嫌い。でも出て行ったんだ。

今回の一覧の出来事が、今後の試合の糧となることを祈りたい。あれだけの応援が、選手の気持ちにまったく届いていないということは無いはずなのだから。(感じ方の個人差というものは、当然あるのだろうけども...。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.11.23

参戦の記録 アウェー 千葉戦

0-1 敗戦 (フクダ電子アリーナ:電車)


この時点で既に
何本かPETボトルは
飛んでました

非常に悔しい敗戦。
シュートを打たない浦和、闇雲に打ったシュートがリフレクトして入ってしまった千葉。それも終了間際。
こんな負け方をするチームに優勝を語る資格は無いのですが、上位仲良くこけて本当に首の皮一枚、優勝の可能性が残っている状況。

勝負の女神は何と無慈悲なことか。

それに引き換え、下界は現実に直面して殺伐としています。でも3日後には試合がやってきます。闘う選手とともに、リーグ残り二試合、全力を尽くすのみです。

参戦の記録はたたみます。

続きを読む "参戦の記録 アウェー 千葉戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物投げてもどうにもなりません

今シーズンを象徴するような試合で終戦とおもいきや、上位が揃って足踏み。苦笑するしかありません。

決めてを欠くサッカーに、可能性が感じられないことは確かですが、物投げたら正当な主張でも説得力をなくしますよね。

自分以上順位の相手に勝利なし。ある意味、正確な結果かも。
それを打ち破って欲しかったのだが...。

家路の途中の電車の中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.22

敵状視察 アウェー 千葉戦

ナビスコのリベンジ、千葉戦です。(最近やっと市原といわなくなってきた)
フクアリ初参戦は、好奇心をそそるのですが、チケ取りづらいから...。やっぱり国立でやってくれればいいのに。

YellowYellowHappy     前節はここのところ強い瓦斯に敗戦の千葉。負けは3ヶ月ぶりだったそうで。負けなしの強運は、立石のセーブとともに存在していたようで、立石の負傷欠場とともに流れが去ったようです。次節もGKは櫛野でしょうかね。臨海でのリベンジを立石に出来ないのが少し残念。

YellowDogBlog     ストヤノフは前節と今節出場停止。不動のリベロの不在の穴はかなり大きいようです。その穴を埋めるのは中島って誰だそれ?
カウンター系の攻めに穴の大きさを露呈するらしい。15分の輝きだった岡野に、もう少し長い時間輝いてもらいましょう。(うちは永井は水曜日は微妙らしい)

little spice collections     阿部も出場停止で出場しません。臨海のリベンジはここでも不成立。オシム翁にリベンジするためには、歩には負けられない

この言葉言ってくれちゃってるし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.11.21

反対側からの観戦記 ホーム 東京V戦

レッズ的には、
・岡野の(瞬間的な)すばらしい輝き
・2試合のインターバルを経て更に威力を増した啓太のミドル
・中央からサイドに回されたヤマの目に見えてわかるモチベーションの低下
・私を含む都築派を納得させるセービングの数々
(あの失点シーンでも反応していたのは流石)
・右サイド角度の無いところに独特の感覚を持つマリッチのシュート
・ポンテの落ち着きと無邪気な喜び方
・闘莉王のわがまま、三都主の諦めの良さ、カニの葛藤、ギドの怒り
と見所満載の試合でした。

ここ2試合で14点を奪っている相手に、中盤以降、合わせてしまったのを叱責したところではありますが、結果が勝負の終盤戦。4-1という結果を素直に受け止めることにしています。

ヴェルディのしわざなのだ。     ヴェルディは埼スタでは2度目の対戦。昨日のゴール裏の密集度合いと勢いは、アウェー側にも当然突き刺さっていたようです。(やっぱ屋根付きは音が響いて迫力あるし)
中盤以降の「攻めるヴェルディ・耐えるレッズ」の構図を崩したマリッチのゴールはやはり値千金だったなぁと感じます。確かに一瞬の隙でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

参戦の記録 ホーム 東京V戦

4-1 勝利 (埼玉スタジアム2002:車)


メタセも晩秋模様
2時キックオフは点呼10時。
余裕を持ってスタジアムに向うとなると自宅発は8時過ぎ。一日がかりの観戦になるが、かえってそれが楽しかったりします。

前日組の点呼は昔のスタイル。危なく機を逸するところでした。
冬の斜めからの日が差し込むスタジアム。服装も完全に冬バージョン。シーズンも押し迫ったという感じ。


ボーイズマッチ

スタジアムに入り、駒場ラーメンで腹ごしらえし、ボーイズマッチ。
レッズジュニアユースU-13対与野 与野伝統の黄色ユニ。でも実力が違いすぎました。
よく凌いだけれど5-0、ほぼハーフコートでの試合でした。レッズジュニアユース強すぎ。10番のCK凄かったな。

優勝の可能性は遠のいたとはいえ、可能性があるチームはほんの一部。諦めずに喰らいついていってほしい。
万博では悔しい思いをしたけれども、諦めてはいけないはず。万博の敗戦は誰か特定の選手のせいだったのか?少しだけ(かなり?)違和感を持った選手紹介でした。
それにしても若い面子が並んだサブ。GK以外では横山が最年長。
選手入場のビジュアルは、バックのロアーに掲げられた三色デカ旗。晩秋の斜めからの陽を受けて、きれいに輝いていたのが印象的。


反対サイドから
さて試合。
メインアッパーのスタンドとの隙間から刺す陽射しが右サイドを照らす中、何度か岡野が果敢に駆け上がる姿に感動。(陽が陰るとともに岡野の動きも蔭りが見えたのはご愛嬌)
岡野からマリッチのヘディングはオフサイド。得点の予感は十分。
25分に同じような展開、マリッチのヒールから岡野がサイドをえぐり最後はポンテで先制。
これで楽になった。

後半、楽になったのが災い。ペースが上がらない。都築様様の展開。
何とかしのぐも、偶然の産物の小林慶行のヒールでのリフレクトまでは流石の都築も防ぎきれず1-1、これでヴェルディが息を吹き返す。
中盤で後手を踏む展開が続き、冴えない展開。ヴェルディの決定力の欠如と都築の奮闘に助けられ、同点で終盤へ。


最小範囲の緑サポ
これでも空きあり
スローイングからのポンテの粘りでゴール右の角度の無いところにこぼれたボールをマリッチが決めたのは残り10分のこと。あのコース、マリッチは狙うべき的をきちんと持っているのかも。
残り五分、プライドオブウラワ。目の前に展開されたのはポンテのやわらかいタッチからのループのゴール。3-1、残り3分で勝負あり。
これでヴェルディの気持ちが切れる。平本、林と立て続けに退場。戸田に慰められる平本。終わってる。
林のハンドのPKは、監督の指示を振り切って闘莉王が決めて4-1。ヴェルディGK高木のPKポジションに、伝説の範夫マジックの匂いを感じたのには笑えた。

終わってみれば4-1の大勝だが、内容、特に後半のサッカーはお世辞にも褒められるものではなかった。口で言う以上にモチベーションの維持は大変のようだ。
でも首の皮一枚はまだ繋がっている。ガンバの敗戦で、首の皮一枚が少し厚くなったか?
夕闇迫る中、家路に。街に繰り出すことも考えたが、素直に家に帰り、録画放送で試合を確認。
それにしても、ポンテ上手すぎ。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.18

敵状視察 ホーム V東京戦

気を取り直してヴェルディ戦です。

ACLの出場云々で物議をかもしていますが、J2降格は規定路線なのでしょうか?
「落ちても出ます」ではなくて、「落ちませんから問題ありません」といっておくべきなのでは?
大きなお世話か。

サテライトのメンバーが豪華だったから、もう既に2チーム編成できる現有勢力があるんですかね?

雨風呂が多いブログ

日々好日     福岡在住ヴェルサポ?日記
珍しくアメブロではありません。こちらは。押し気味ながら勝ちきれなかった前節の様子がわかります。セレッソは面子落ちててチャンスだったのに。決定力不足、ゴールに向かう気持ちの欠如、代表みたいだ。でも、ワシントンいるんだよなぁ。不思議。

永井にはトラウマがあるようですね。残念ながら出場停止です。金曜日は味スタで非公開練習だそうで。特別なことすると、かえって結果が出ないことがままあるのが世の常です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.11.15

反省

満を持して臨んだつもりだったのだが...。

○万博に向かう道中で、フロントガラスに付けてあるミニフラッグが落ちてしまった。事前の確認をすべきであった。

○来た風が吹き付けるアウェーゴール裏の雰囲気を、思わず一昨年の瑞穂の雰囲気に似ていると試合前に口走ってしまった。

○試合前に土産を仕入れておくと負けないのだが、買い忘れてしまった。

やれること全部やったつもりだったのだが、やはり抜けがあった。反省。

続きを読む "反省"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.14

参戦の記録 アウェー G大阪戦

1-2 敗戦(万博記念競技場:車)

守って速攻にかけるガンバに対して引き分けでは駄目な浦和が攻めるという当然の構図の展開。
とにかくたくさん守備に人がいた感じ。サイド破られても真ん中で跳ね返そうという守備に
ゴールは割れず、速攻・個人技からの失点。
ガンバのゲームプランどおりの展開となってしまいました。

失点して以降の攻める姿勢、これでこそ浦和。
終わって他チームの状況を見てみれば、引き分けでもよかったのかも知れませんが、0-1の状況で2-1を目指して攻めたことに難癖をつけても仕方がありません。

残り15分での「Pride of URAWA」の第一声が競技場に響いたときには2-1に出来る雰囲気を感じたのだが...。

残り4試合で勝点差7。ガンバが4試合中、3試合取りこぼさないと逆転は不可能。
厳しい状況ですが、可能性がゼロになった訳ではない。

次節のガンバの相手は、偉大なる中位チーム、名古屋。曲者だな。まだまだ、すんなりとは終わらない予感。

以下、参戦記はたたみます。

続きを読む "参戦の記録 アウェー G大阪戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.10

敵状視察 アウェー G大阪戦

5日間で120分+PK戦を2セットこなしたガンバ戦です。調整は十分だな、相手は。

ナビスコ決勝は
GK藤ヶ谷、DF實好、シジクレイ、山口、MF松下、橋本、遠藤、二川、フェルナンジーニョ、FW大黒、アラウージョ
天皇杯は
GK松代、DF山口、シジクレイ、入江、MF松下、橋本、児玉、家長、フェルナンジーニョ、FW吉原、アラウージョ

結構、面子かぶってます。DFの層が厚いチームなぞないこのご時世、山口の負傷退場は、痛いことでしょう。
何やかんや言って、結局は、遠藤、二川、宮本といったあたりはしっかり土曜日には戻ってきそうな予感。変に落ちた面子より、そのほうがやりやすい...か?!

脚系ブログ

conquista la vittoria!!   スカスカの万博での天皇杯の速報が。GK松代、久々の出場で神がかりの活躍! と思いきや、最後のPK2本のみの活躍だったようです。ナビスコ決勝での悪い流れを変えたという意味では、大きな活躍。土曜日もGKは松代でしょうか?
試合は当然ながら動けずグダグダな内容だった様子。それでも3度の絶望的状況を乗り越えた粘りは要注意。横浜も中途半端なことしてくれたもんだ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005.11.08

万博遠征メモ

首位との対戦であろうがなんであろうが、試合がある限り、極力駆けつけてサポートするわけで。
車派の私のメモ

東名高速夜間通行止め
沼津IC~御殿場IC(上下線)
平成17年11月12日(土)20時から11月13日(日)6時まで
第二東名の整備に向けて御殿場JCT(仮称)鋼製橋脚架設工事

日帰りの場合、ばっちり当たりますね。帰りは中央道まわり。八王子で降りて圏央道のあきる野IC経由かな。圏央道と中央道が繋がるのは来年秋予定だとか。
逆に行きの中央道はそれに繋がる首都高4号線が金曜日中は上下線とも1車線規制。

10月28日(金)より「日本庭園前駐車場」が新しくオープン
競技場前の東駐車場が午前中に一杯になることは考えづらいから関係ないか。
それにしても、関西のスタジアムは駐車場事情が考えられないくらい良いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.06

新潟戦チケット

当初からナビ決と発売日がかぶっていたので不安視していた最終戦・新潟戦のチケット確保。JEFのおかげで専念させていただきました。

そもそも発売が遅すぎるから微妙な輩の興味の対象になってしまうんだよなぁ。
鉄則は、事前の情報収集は怠り無く。信じる情報は確定情報、噂レベルは裏づけがないと危険てことかな。
昨日も結局、わかりやすい結末だったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.05

反対側からの観戦記 天皇杯 山形戦

天皇杯にもかかわらず、たくさんの方々が出島に駆けつけてましたね。なまじのJ1チームよりも熱を感じました。
試合前が一番盛り上がっていたような...。

How To Be Good    ナビ決に出られないうちと違い、3日後に大事なリーグ戦を控えており、面子を多少落としての対戦であったようです。(サテ中心のメンバーに負けてますからね。それも仕方ないかと)
三都主の裏のスペースの守備の意識が欠けていた前半の山形の右サイドの速攻は確かに速かった。ただ、そこの意識を浦和が持ち始めた途端に(内舘の負傷で坪井が左に回ったこと)鎮火してしまった感じでした。
リーグ戦の相手が浦和のようには攻めてくれないJ2、連敗のモヤモヤ感を払拭できる内容ではあったかもしれませんが、逆転負けは現実。選手も見守る側も、負けをもっと悔しがる姿勢が必要ではないかと...。J1に上がるためには。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.04

参戦の記録 天皇杯 山形戦

2-1 勝利 (駒場スタジアム:徒歩・タクシー)


腹ごしらえ
駒場ラーメン
アジアへの近道、天皇杯初戦は5回戦山形。ホーム駒場です。
今年最後の駒場での試合、前日の水曜日朝に前抽に向かいましたが、今後は東ゴール裏は前抽をしないとのこと。
前抽をしない趣旨を鑑み、当日は開場時間の11:00に合わせて駒場に向かいます。

開場前の東の入場待機列はいつもより少なめ。聞けば当日抽選はあったとのこと。??
ちょっと微妙な思いもありつつ無事入場。


予報より良い天気
いつもよりも1時間短い試合前の時間。腹ごしらえは駒場ラーメン。天皇杯でも無事に出店してました。食べて席に戻ると間もなく山岸と加藤がウォーミングアップに。いつもとペースが違うが仕方が無い。
バック1階は満席。バック2階席の端部はスカスカ、メインも少し空きが目立つ感じ。15,000を超えたとのことだが、そんな入りだったかなぁ。


戦闘開始
いつも通りの駒場
さて試合。リーグ戦次節の都築の出場停止に備えてGK山岸、DF坪井、闘莉王、内舘、MFは腰痛の永井を温存し右は酒井、左は三都主、山田と啓太のボランチ、トップ下がポンテと長谷部、トップがマリッチ。
対する山形は、4-4-2ではなく3-5-2の布陣。これは少し予想外か。

天皇杯初戦に良くある停滞気味の立ち上がり。動かない中盤、押し上げられない最終ライン。山形の中盤の厳しいチェックにペースがつかめず、三都主の背後を突かれたカウンターからあっさりヘディングで決められて失点。嫌な予感が頭を少しだけよぎる。一昨年、とその前の...。


出島の風景
内舘が相手との接触で痛み、堀之内が右に入り、坪井が左DFにまわる。ここから最終ラインは少し落ち着くが、相手の中盤のチェックに攻めのペースはつかめず前半は0-1で折り返し。

後半、相手のチェックの勢いが落ちたのか、うまくそれをかわす術が授けられたのか、前半よりも攻めのペースがつかめる展開。
酒井の右サイドからの良い展開が顔を出す。堀之内、啓太、酒井のコンビネーションがいい。


一安心か
ポンテがゴール前で粘りマリッチの同点ゴール、これも右からの展開。
同点で一安心。2点目を取られる雰囲気は無くなっていたから。

直後にマリッチがまた決めて2-1、やはり右サイドから長谷部のクロスにうまく合わせる。大量得点の予感。
しかしこの後、惜しいチャンスを決められず大きな流れは去る。
長谷部→赤星。赤星も溌剌と動く。周りに遠慮せず頑張れ。


7-11の端末を
叩いて
終盤に相手セットプレーの危機があるも、危なげ無くかわし2-1で勝利。内容ではなく結果が大事な難しい試合。大事なリーグ戦の前に変な雰囲気は作らなくて済んだことで良しとしなければ。

ひとまず家に戻り、大宮の「明月苑」でテグタンうどん&焼肉。帰りにコンビニで12月10日のチケットを購入。どうやて行くんだ?
まぁその前のリーグ戦に集中だな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.11.02

敵状視察 天皇杯 山形戦

リーグ戦終盤戦に向けて上昇機運を継続して行きたい天皇杯、山形戦@ホーム駒場です。
前抽もあるし、ホームといって差し支えないでしょう。

山形とは今年、練習試合で対戦しています。サテライト中心の面子に主力中心で臨んで0-1の敗戦。Jヴィレッジでの試合でした
6月のこの試合の自分の記録を見ると、「山形は4-4-2、最終ラインと中盤との距離を開けないようにしていて自陣ゴール前には人盛り沢山。これを有効に打開できず無得点といった感じでしょうか。」だって。ちょっといやな感じ。
天皇杯に限らず、とにかく相手をなぎ倒してゆくしかない現状。引き篭もりならば叩き潰すしかないですね。

はえぬきぶろぐ

青い波   M・I・S   青魂碧玉
あの夏前に溌剌としていた山形も大事な終盤で連敗、下降気味の様子です。決定力の欠如、安定感を欠く守備。調子が悪いチームはいずこも同じフレーズが並びます。技術面よりも精神面での落ち込みが目立つよう。生ぬるいとまでいわれてますから、混迷の度合いはかなり深いようです。
練習試合のときのように守って守ってカウンターって展開なのでしょうか?あの時すばらしいシュートを決めた臼井は試合に出てますね。
昇格争いと無縁の天皇杯。反転攻勢のきっかけにと策を打ってくるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.01

反対側からの観戦記 ホーム川崎戦

審判云々で、試合の少なからぬ部分が影響を受けたことは否めません。
が、ナビスコ敗退後、社長が審判の件について、監督と選手にクラブが引き取るから試合に専念と言ったことが、審判運?に見放された浦和の流れを変えたことはあるのかもしれません。

えふのへや - 等々力随想     審判以外の部分で色々ふれられています。都築が1対1を何度も止めたこと。前半ロスタイムのFKの壁の作り方が悪かったことで忘れていましたが、入れられそうな雰囲気は確かになかったなぁと。走り負けない選手、雰囲気を作れたゴール裏、終盤戦の追い込みに向けて、流れは着実に着ているようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »