« 参戦の記録 ホーム 川崎戦 | トップページ | 敵状視察 天皇杯 山形戦 »

2005.11.01

反対側からの観戦記 ホーム川崎戦

審判云々で、試合の少なからぬ部分が影響を受けたことは否めません。
が、ナビスコ敗退後、社長が審判の件について、監督と選手にクラブが引き取るから試合に専念と言ったことが、審判運?に見放された浦和の流れを変えたことはあるのかもしれません。

えふのへや - 等々力随想     審判以外の部分で色々ふれられています。都築が1対1を何度も止めたこと。前半ロスタイムのFKの壁の作り方が悪かったことで忘れていましたが、入れられそうな雰囲気は確かになかったなぁと。走り負けない選手、雰囲気を作れたゴール裏、終盤戦の追い込みに向けて、流れは着実に着ているようです。

|

« 参戦の記録 ホーム 川崎戦 | トップページ | 敵状視察 天皇杯 山形戦 »

コメント

私のつたないページをご紹介いただき、ありがとうございます。

順調に行けば、次は12月24日ですね。

今度は負けませんから。

投稿: bewise | 2005.11.02 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/6828010

この記事へのトラックバック一覧です: 反対側からの観戦記 ホーム川崎戦:

« 参戦の記録 ホーム 川崎戦 | トップページ | 敵状視察 天皇杯 山形戦 »