« 敵状視察 天皇杯 山形戦 | トップページ | 反対側からの観戦記 天皇杯 山形戦 »

2005.11.04

参戦の記録 天皇杯 山形戦

2-1 勝利 (駒場スタジアム:徒歩・タクシー)


腹ごしらえ
駒場ラーメン
アジアへの近道、天皇杯初戦は5回戦山形。ホーム駒場です。
今年最後の駒場での試合、前日の水曜日朝に前抽に向かいましたが、今後は東ゴール裏は前抽をしないとのこと。
前抽をしない趣旨を鑑み、当日は開場時間の11:00に合わせて駒場に向かいます。

開場前の東の入場待機列はいつもより少なめ。聞けば当日抽選はあったとのこと。??
ちょっと微妙な思いもありつつ無事入場。


予報より良い天気
いつもよりも1時間短い試合前の時間。腹ごしらえは駒場ラーメン。天皇杯でも無事に出店してました。食べて席に戻ると間もなく山岸と加藤がウォーミングアップに。いつもとペースが違うが仕方が無い。
バック1階は満席。バック2階席の端部はスカスカ、メインも少し空きが目立つ感じ。15,000を超えたとのことだが、そんな入りだったかなぁ。


戦闘開始
いつも通りの駒場
さて試合。リーグ戦次節の都築の出場停止に備えてGK山岸、DF坪井、闘莉王、内舘、MFは腰痛の永井を温存し右は酒井、左は三都主、山田と啓太のボランチ、トップ下がポンテと長谷部、トップがマリッチ。
対する山形は、4-4-2ではなく3-5-2の布陣。これは少し予想外か。

天皇杯初戦に良くある停滞気味の立ち上がり。動かない中盤、押し上げられない最終ライン。山形の中盤の厳しいチェックにペースがつかめず、三都主の背後を突かれたカウンターからあっさりヘディングで決められて失点。嫌な予感が頭を少しだけよぎる。一昨年、とその前の...。


出島の風景
内舘が相手との接触で痛み、堀之内が右に入り、坪井が左DFにまわる。ここから最終ラインは少し落ち着くが、相手の中盤のチェックに攻めのペースはつかめず前半は0-1で折り返し。

後半、相手のチェックの勢いが落ちたのか、うまくそれをかわす術が授けられたのか、前半よりも攻めのペースがつかめる展開。
酒井の右サイドからの良い展開が顔を出す。堀之内、啓太、酒井のコンビネーションがいい。


一安心か
ポンテがゴール前で粘りマリッチの同点ゴール、これも右からの展開。
同点で一安心。2点目を取られる雰囲気は無くなっていたから。

直後にマリッチがまた決めて2-1、やはり右サイドから長谷部のクロスにうまく合わせる。大量得点の予感。
しかしこの後、惜しいチャンスを決められず大きな流れは去る。
長谷部→赤星。赤星も溌剌と動く。周りに遠慮せず頑張れ。


7-11の端末を
叩いて
終盤に相手セットプレーの危機があるも、危なげ無くかわし2-1で勝利。内容ではなく結果が大事な難しい試合。大事なリーグ戦の前に変な雰囲気は作らなくて済んだことで良しとしなければ。

ひとまず家に戻り、大宮の「明月苑」でテグタンうどん&焼肉。帰りにコンビニで12月10日のチケットを購入。どうやて行くんだ?
まぁその前のリーグ戦に集中だな。

|

« 敵状視察 天皇杯 山形戦 | トップページ | 反対側からの観戦記 天皇杯 山形戦 »

コメント

2階出島よりは何であんなにきれいに空席だったんでしょう?アウェイの指定席という席割りだったんでしょうか。そうだとしても,普通買うよなぁ。個人的に疑問でした。その分1階のバックスタンド混んでましたねぇ。

投稿: 見沼鰐 | 2005.11.05 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/6882610

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 天皇杯 山形戦:

« 敵状視察 天皇杯 山形戦 | トップページ | 反対側からの観戦記 天皇杯 山形戦 »