« 長谷部 日本代表 | トップページ | 敵状視察 天皇杯準決勝 大宮戦 »

2005.12.27

反対側からの観戦記 天皇杯 川崎戦

闘莉王以上に堀之内が怖い存在であることを川崎にはわかっていただけたのだろうか。今年の序盤はチーム得点王だったことがあるのだから。

フットボールの是非     浦和の選手も採点していただいてます。私の思うところと概ね一致してますね。アレとホリの点が少し辛いかなぁ。
目立たなかったけどうちのボランチ二人は守備面の貢献大だったと思います。そのあたりも差がついてますね。
「軽率な対人動作を反復し、ゲームプランに泥を塗った。自身に付いた泥は早めのシャワーで誰よりも早く落とすことができた」というコメントは上手い。

Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~     退場の森勇介。セレッソ戦ではベンチから暴言を吐いて退席処分、J最終節のガンバ戦では決勝点となるPKを与え優勝のお膳立をしていたとは。勝手に退場して雰囲気乱してありがたい存在でありました。仙台サポのやはりという言葉がきこえてきそう。
我那覇をガハナと言ったそうで、うちも赤星をアハカシといわれたような気が...。寒くてロレツが回らなかったのではないでしょうか。でも2回はないはな。

愛媛でのガス戦の原監督といい、川崎戦の相馬といい、大宮に負けた鹿島といい、だれそれの最後の試合を云々というのは勝利には結びつかないものだなぁと。
カップ戦はタイトルこそすべて。1試合でも長く誰かさんと一緒にというのではなく、とにかくカップを奪取するという気持ちが大切だと実感。
うちは、マリッチのためにとか言わないのが幸いなのかも。天皇杯奪取は皆の目標でもあるし、マリッチ自身の目標でもあるのがいいやね。

|

« 長谷部 日本代表 | トップページ | 敵状視察 天皇杯準決勝 大宮戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/7858158

この記事へのトラックバック一覧です: 反対側からの観戦記 天皇杯 川崎戦:

» 限界を越えるための通過儀礼@埼玉スタジアム2002「天皇杯準々決勝VS浦和レッズ戦」 [蒼と黒の神話 -川崎蹴球浪漫譚-]
 リベンジをかけて埼玉スタジアムに乗り込んだ川崎フロンターレ。しかし浦和レッズに2-0と完封負けを喫した。 [続きを読む]

受信: 2005.12.27 09:21

« 長谷部 日本代表 | トップページ | 敵状視察 天皇杯準決勝 大宮戦 »