« 反対側からの観戦記 アウェー 新潟戦 | トップページ | 愛媛県総合運動公園陸上競技場 »

2005.12.08

敵状視察 天皇杯 F東京戦

天皇杯5回戦、直線距離で30キロも離れていないチームとの800キロアウェー、愛媛でのFC東京戦です。

今野の1億6千万円ゴールでセレッソに引き分けたリーグ最終戦。12戦負けなしだそうで、天皇杯含めると13戦らしい(7勝6分という微妙な戦跡であることは内緒だ)

バーカウンターの内側から     監督解任ですか。ワールドカップ時には監督しないの規定路線だから大騒ぎするほどのことでもないと思うのだが。
そういえば先週、監督退任で大騒ぎのチームと対戦したが、選手のモチベーションとはまったく無縁だったなぁ。勝手に跳ねていてください。跳ねる機会はもう無いと思うけど。

それすらも日々の糧EX     セレッソ戦はルーカス、馬場の攻撃的選手が欠場ながら、2得点。攻撃サッカーしてるじゃないですか。
でも浦和とやるときは攻撃サッカーはしてくれない東京。最後くらいは...。
茂庭は本調子じゃないみたいですが、土肥は本調子みたいで。PKにならないように90分でしっかり勝ちましょう。

原解任、徳永加入のエントリーばっかり。天皇杯は明後日なのですけど。

|

« 反対側からの観戦記 アウェー 新潟戦 | トップページ | 愛媛県総合運動公園陸上競技場 »

コメント

浦和のJのお荷物だった時代が懐かしいなぁ。あんた、いつも偉そうにご苦労さん。
・・・と釣られてみましたwww

投稿: 釣り師 | 2005.12.09 11:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/7502644

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 天皇杯 F東京戦:

« 反対側からの観戦記 アウェー 新潟戦 | トップページ | 愛媛県総合運動公園陸上競技場 »