« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.27

OFFICIAL YEAR DVD

うちも昨日、埼スタに買いに行き、家族そろって早めの夕飯時に見ました。

チビリチビリやりながらと思っていたのですが、深酒してしまって二日酔い気味の月曜日となりました。
DVDは、良い出来ですね。

天皇杯の表彰のところで目頭が熱くなってしまいました。高円宮妃に深々と礼をする去年の18番を見て。
昨日、シークレット映像を見なくて正解でした。見ていたら、涙が止まらなくなってしまっていたかも。(酔っ払ってたから)

THANKS FANSの子供たちを見て、うちもああいう時代があったなぁと。物心ついたときからレッズがある今の子供たちは、本当に幸せです。
DVD発売は、開幕を控えたこの時期が一番。週末の開幕に向けてモチベーションを高めましょう。

続きを読む "OFFICIAL YEAR DVD"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.26

参戦の記録 ゼロックス杯 ガンバ大阪戦

3-1 優勝(2006.02.25 国立霞ヶ丘競技場:電車)


ミスドの箱は赤白黒

短いオフでした。いよいよ始まります。

ネットで見たら朝から凄い状況の並び。仲間に任せて おっとり刀で出遅れて出陣。気合入ってないなぁ。気持ちはまだPSMレベル。
キックオフ13:35という微妙な時間、昼食はポンデリング。危なく買うのを忘れるところでした。この辺もまだ本調子でない。

京浜東北線、秋葉原経由で総武線、信濃町から国立に向います。秋葉原から水道橋にかけての世界蘭展に向う団塊以上世代の方々に少しびっくり。
競技場到着の11:30には通路の規制も解除されており青山門から入場。個人的には信濃町から青山門からの入場が縁起がいいもんで。

改修中の国立競技場、ホームゴール裏はゼロックススーパーカップの幕が一面真っ白に。大会スポンサーが相手か?ガンバサポは想定されたくらいの数が納まりよくコーナー付近に。


2006達磨は
今日がデビュー戦
さて試合、レッズは3-6-1の布陣(3-5-2とも)。
GK都築、DF掘之内、闘莉王、坪井、
MF山田、啓太、長谷部、三都主、小野、ポンテ
FWワシントン
ポンテとワシントンのツートップという見方もあるか。

試合の展開を追うのも野暮なので雑感列記

・都築が先発というのには少し驚き。
・坪井のゴールはシーズン前でよかった。そっちの足で蹴っちゃまずいでしょ。
・ポンテのやる気に物凄い期待感。
・伸二、ポンテ、長谷部と並ぶ中盤はやはり魅力。特に伸二とポンテ。
・まだ代表組が完全にフィットしていない状況での前半の攻撃は期待大。
・まじめに右サイドをやるときのヤマはいい。(後半少し気が抜けたのは内緒)

試合終了
・ワシントンはそれにしてもデカイ。壁が大きくなる。
・ワシントンにスピードに乗った裏への抜け出しを期待するのは...。
・逆に言うと、スピード系とのツートップはいいかも。(そうすると誰が抜けるのか)
・啓太がサイドラインを駆け上がる姿を初めて見た感じが。躊躇しちゃいかん。
・アレに代えて細貝とは恐れ入りました。加地対策?相馬を温存?

怪我だけは
しないでね
・今年はFW永井ですか?
・リーグ開幕1週間、総じてコンディションは良いようだ。

相手さんは、
・アラウージョの穴はマグノアウベスでは埋まらない。
・補強選手がフィットしていない開幕で当たるのは幸いか。
・遠藤のコンディションがもっとよければやられてた。
・フェルナンジーニョをペナルティエリアの中に入れてはいけないのだが...。
 まだ止め切れてない。そのあたりが課題。怖い。

こういうときに非常に
役に立つようです
・最終ラインは相変わらず緩め。
・明神の最終ライン、来週もよろしくお願いします。
・播戸が出てくると、点を入れられない安心感があてよい。
 プレーは悪くないのになぜだろう。
・加地は青黒が似合ってた。
・が、加地が入ったら、瓦斯とやっているような錯覚を覚えた。
・強いけど、やっぱり去年は異常値だったってことが良くわかりました。

3-1(前半2-1)で勝利。
これで一冠ですか? 豪華賞金がつくPSMという感じでした。
実戦でしっかり課題も認識できたでしょう。いいことです。

それにしても凄い伸二への報道関係者の数。表彰を終わりスタンドに挨拶に来たのに、看板よりスタンド側に近付けさせない報道陣というのも如何なものかと。

ミスドの箱は赤白黒
それにブーイングしても、得るものは無いのだけれども...。
伸二より前にいたポンテと闘莉王が手持ち無沙汰に眺めていたのは笑えました。

万博戦のためのチケット交換などして家路に。
喉が少し潰れ気味。シーズンが始まったことを認識。
もうすぐ春だね。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006.02.25

賞金3000万円のPSM

押され気味ながら3得点、坪井まで自陣に決めてしまって全得点に関わってしまいました。

前半は攻撃を試し、後半は守備の訓練。決め手に欠くガンバは、来週に備えて爪を隠したか?
8冠に挑戦とか勇ましいことをいっている人もいたようですが、慣らし運転で希望を奪ってしまって申し訳ありませんね。

続きを読む "賞金3000万円のPSM"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.02.24

さあ、いこう

Raise Yor Spirits!photo.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.23

レプリカ発売日

うちはオーソリティの予約でした。
背番号は25日以降だって。昔よりはかなり改善されてます。

今年のは息子の。八咫烏を見た瞬間に自分もほしくなってしまいました。子供だ。

微妙な縦じまの織り模様。ここ数年のユニの中では一番いい出来ではないですかね。
まずいなぁ。もう一枚買ってしまいそうだ。

長谷部が代表先発デビュー。堂々たる21歳。あれくらいは十分にやれる選手。前に球を運ぼうという姿勢がいいよね。競争の激しい代表の中盤。稲本、中村が合流しても残れるのかなぁ。
巻、やるなら利き足の手で決めてくれよ。そうしたら何となく納得がいくのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.22

敵状視察 XEROX杯 G大阪戦

あっという間のオフでしたって感じです。
今年もいよいよ始まるのですね。大きな期待と少しの不安。
例年よりも怪我人が少ない気がします。事前の仕込みは順調のようです。我がチームは。

さて、今年の視察初めは前年度リーグ王者の青黒のチームです。二週続けての対戦となります。

松波(引退)、大黒、アラウージョ、吉原を放出し、播戸の復帰と名古屋に貸し出していた中山を元に戻すという攻撃陣の出入りは、去年の異常値を忘れて昔のガンバに戻る磐石の布石に見えますが、マグノアウベスを大分から強奪したあたりは、去年の異常値を忘れられない様子。

イケさんの「日々これ辛抱」     「マグノは質が高いし、播戸も大黒とそん色ない。パズルがはまれば去年よりも点をとるかも」 こんないい加減な予想はガンバサポとて信じていない。相棒が中山、三木、以下略では、開いた穴の大きさを実感というところでしょうか。でもフェルナンジーニョは健在。そこまでいなくなっていれば怖さは無いが...。
去年の万博のトラウマか。

ACLもある過密日程、序盤で無理をさせるようなことはしないのではないかということで、移籍加入の加地を含む代表組はお休みか?

「抜けた2人が昨年挙げた50得点をどうカバーするか。30点しかとれないなら、残り20点は失点しなければいいだけのこと」by西野監督


蒼い攻め達磨     西野-日立-明神というわかり易い行動パターンで中盤を補強するも、その意図は不明でしたが、意図するところはストッパー明神だとしたら驚きの補強です。普通に考えたら代表に取られる遠藤のところに入るのが順当でしょうが...。明神も自分が選んだ道とはいえ、なんだかなぁという感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.20

プレシーズンマッチいろいろ

今年は寒風吹きすさぶ熊谷に行く機会がないのが少し残念なリーグ開幕二週間前ですが、各所でプレシーズンマッチが行われています。

千葉2-0柏 フクアリ 10,458人 
≪得点者≫千葉:坂本49、ハース88
勝つと縁起が悪いちばぎんカップに勝って今年のノルマである一冠を達成した千葉。千葉に移ってカラーを変えたいらしいですよ。

京都0-2C大阪 西京極 7,192人 
≪得点者≫C大阪:西沢18、48
開幕戦の相手監督が偵察に来ていたから、1日で2敗するという荒業をやってのけた京都

とそれぞれ見どころ満載ではありますが、やはりあの衝撃的なロゴが衆目にさらされることとなったこちらを忘れるわけにはいかないでしょう。

飯田産業プレゼンツ 静岡ダービー
磐田0-0清水 ヤマハ 8,169人

ユニに気を取られてか選手も落ち着かない様子。過去を知らない新外国人ファブリシオだけは気にしていないようで。ホーム開幕戦、要注意、要注意。
したり顔でチームを着実に破壊しつつある人間力は今年も健在。崩れきらないシーズン序盤に当たってしまうのはなんとも残念。

しかしJ's GOALさん、確かに注目の的ではあるけれども...。写真を撮っているのがエスパサポだ。確かに注目の的か。ネタ的には。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.02.16

トレーニングマッチ開始

毎日15分を超える動画でキャンプの様子がわかる公式サイト

2日遅れの5枚程度の写真を食い入るように見つめていたのとは隔世の感がありますが、僅か1年前のこと。
やる気があれば出来る。というか、やろうとすればそれまでの制約など意味を成さないということか。

紅白戦からいよいよトレーニングマッチへ

浦和レッズ4-1(前半3-1)マルコーニ・スタリオンズ
メンバー
GK都築(HT山岸)
DF闘莉王、堀之内(76分南)、坪井(HT内舘)
MF鈴木(76分細貝)、山田(69分横山)、永井(62分岡野)、アレックス(HT相馬)、小野(HT酒井)、ポンテ(62分赤星)
FWワシントン(69分黒部)

やっぱり十分に二チームできる面子。激しいチーム内競争。
山あり谷ありのシーズンだろうけども、十分に期待が出来るのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.02.14

シーチケ到着

今年は、すんなり届きました。
シーズンがもうすぐ始まるなって感じがします。photo.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.02.12

アウェーチケット争奪戦

開幕の万博ガンバ戦のチケットは瞬間蒸発。

600kmのアウェーだというのに。一昨年あたりまでは関ヶ原の向こうのアウェーは、良い意味でゆったりとした感じがあったのだが...。

同日に発売開始だった広島アウェー。
ローソンはSA指定アウェーが予定枚数終了、
ぴあもSA指定アウェーが予定枚数終了、ビジター大人が△(お早めに)

異常な事態だ。

続きを読む "アウェーチケット争奪戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.11

元GM

不覚にも、元GMのインタビューに涙してしまいました。
まだシーズンの準備完了していないようです。気持ち的に。
いかんいかん。

やっぱり都築は最高だな。
オフのGGRは週一番の楽しみだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.07

2005年のNo1の番号シート

●背番号に関するお知らせ
大変お待たせ致しました。
2005年のNo1の番号シートが入荷致しました。


これでやっと、フェスタで買った福袋の中に入っていた2005長袖ホームユニに番号が入ります。
娘が希望した18番は、伸二のつもりかマリッチなのか、はたまた両方の意図があるのか。
徐々に親の意向は届かなくなってきています。

本人に尋ねたら、両方の意思ありとのこと。深いなぁ。

続きを読む "2005年のNo1の番号シート"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.02.03

都築代表召集

代替召集選手って表現はしっくりこないが...。

都築と下田、順当かな。
そういえばベストイレブンのGKは誰だったっけ?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.02.01

まだ準備中

このページは現在製作中もしくは、掲載する情報の公開待ちとなっています。誠に申し訳ありませんが、完成までお待ちください。(川崎オフィシャル)

2005年ホームでの試合はすべて終了致しました。たくさんのご来場、誠にありがとうございました。 またのご来場を心よりお待ち申し上げます。(福岡オフィシャル)

準備中です。もうしばらくお待ちください。(甲府オフィシャル)

リーグからスケジュールが発表され、浦和ではホームタウン優先発売が始まるというのに。おおらかですなぁ。
ぴあで先に販売スケジュールがおおぴらになっているというのに、恥ずかしくないのだろうか?
チケット販売はクラブ収入の根幹なのに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »