« 参戦の記録 アウェー G大阪戦 | トップページ | ココログ障害 »

2006.03.09

敵状視察 ホーム 磐田戦

衝撃の飯田産業アウェーユニがお披露目?っと思いきや、ジュビロはレッズ相手ではホームユニなので、でも飯田産業埼スタ 初お目見えの磐田戦です。

共に引き分けの開幕戦、うちは前年度リーグ覇者に引き分け、飯田産業は前年度J2 2位に引き分け。引き分けはストレスが溜まりますが、飯田さんのそれは、うちらの比ではないようです。

フットボール・バーリトゥーダー     「カウンターへのケアのなさ、セットプレーでの酷い守備」だそうです。
セットプレーは今シーズンの浦和の得点パターン、カウンターのケアの無さは、どのチームに対しても致命傷ですね。油断させる戦法なのかな?
シーズン開幕当初にこれだけグダグダなのに、降格の心配が無いのはやはり過去の貯金、伝統の為せる業なのでしょうか。
しかし監督が彼の方で本当に助かります。

Ordinary Days     前述のブログもそうですが、太田への期待は並々ならぬものがあるようですね。ちと、ピンと来ないのですが...。(西の方がよっぽどいやなのだが)
前半は毎度グダグダらしい。前半で大勢を決めてしまいたい。
不可解な監督の采配は、何も今に始まったことではないので、嬉しい誤算とはいえません。むしろ所与だな。

元五輪代表監督は、1試合を経過して危機感を持ち、システムをいじるらしい。昔の浦和なら4バックは苦手だったのだ、古いテレビを見ているのでしょうか...。
システムがサッカーをする訳ではないわけで、選手の力を信じるふりはすれども、本当には信じない監督の素性が如実に見える出来事です。
こちらとかこちらは悲鳴に近い反応ですな。
変に相手のツボに嵌らないことを祈るのみ。

早々にシステムいじるんじゃ、開幕前の布陣予想は役に立たないやね。
因みに茶野の代りに服部、中山の代わりに西野というのが開幕の布陣です。福西とファブリシオの位置関係が逆という噂もあります。
人間力はこういう予想にあえて反する布陣をしたがるよね。

少し前まで、磐田のオフィシャルに試合会場が駒場と書いてあったことは内緒だ。

|

« 参戦の記録 アウェー G大阪戦 | トップページ | ココログ障害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/9010081

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 ホーム 磐田戦:

« 参戦の記録 アウェー G大阪戦 | トップページ | ココログ障害 »