« 敵状視察 アウェー 広島戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム C大阪戦 »

2006.03.20

参戦の記録 アウェー 広島戦

4-1 勝利(2006.03.18 広島ビックアーチ:バス)


海老名SAにて
相性の良いアウェーでの広島戦。
3年連続の参戦ですが、今回は家族抜きの一人。車は現実的な選択ではなくツアーにしました。
前日泊のツアーには家族の同意は得られず、0泊3日のバスということになり、阪急交通社さんのツアーに参加してきました。

17日金曜日の午後9時にさいたま新都心を出発。東京駅を経由してひたすら西へ西へ。


到着 既に雨模様
途中、海老名、上郷、三木の各SAで休憩を取り、東広島市の小谷SA着は18日午前7時半、ここで朝食。8時半過ぎに小谷SAを出てビッグアーチのある広島広域公園には9時に到着。
小谷SAで既に雨が降り始めており、山の中のビッグアーチは霧雨に煙っていました。寒い。

ビジター席の待機列にシートを置いたらやることなし。山の中のスタジアム。少し離れたところにマンション、スーパー、コンビニはありますが、時間を潰すに最適なファミレス等の飲食店はなし(判ってはいたのだが...)。
新しく出来ていないかと徘徊しますが、飲食店の新店舗は無く、結局、昔、臨時駐車場であった敷地に新しくオープンしたイオンのスーパーセンター(マックスバリュー)で昼食、飲み物を買い、待機列に戻りました。


マックスバリュで
昼食を調達
小止みになっていた雨が再び降り始めるなか開門(12時)。

スタンド下で雨をよけ時間を潰し、1時にはスタンドへ。雨は徐々に本降りに。濡れるにはまだ少々寒い季節ですが、試合後、スーパー銭湯に直行するとのことなので、ポンチョは使用せず。

三連休に絡んだ去年のよりもアウェーゴール裏の入りは悪いか。
ホーム広島の客の入りも惨澹たるもの。5万入るスタジアムはスカスカ(結局、1万6千人ちょっとだったようだ)。まぁ、天気が悪ければ元々こんなもんなのかもしれない。

さて試合。
GK都築、DF堀之内、闘莉王、坪井、
MF山田、啓太、長谷部、三都主、伸二、ポンテ、
FWワシントン


待機列にて
開幕から3試合不動の先発。
サブは前節からは黒部が外れ岡野が登録。
アイーダでキックオフ。

・手堅く相手の様子を見ながら試合に入ったという印象。
・お互いスリッピーなコンディションになかなか慣れずという感じ。
・序盤のレッズの攻勢(というほどの攻勢でもなかったが)がひとしきり終わると広島が若干押し気味。問題なく受け止める守備陣。安定感あり。
・坪井は好調を維持。左サイドからのピンチは皆無だったのでは。
・右サイドの攻防はヤマの勝利。ベット程度の外国人選手であればヤマが負ける訳も無く。
・ワシントンをジニーニョが転がして一発レッド。遠くて前後の位置関係は判らなかったが、ファールはファール。先週と全く逆の方向、高さにFKを蹴った三都主、さすがだ。
・余裕を持って相手の攻勢を受け止めていたので、広島が1人少なくなった時点で試合の大勢は決定。その中で相手DF(小村)のミスを見逃さないポンテ。いい仕事だ。


広島を感じない
山奥のスタジアム
・一人少ない相手に苦戦するレッズは過去のものか。3点差がつくまで前掛にはならず、じっくり攻めるあたりにチームの安定感が見てとれます(一人少ない相手に物足りないとは言いません)。
・チームのバランスを取っている汗かき啓太に注目を浴びる機会があることは喜ばしいこと(宇宙開発が継続されたことも併せて喜ばしい)。
・点を取らせて上げたかった二人、ワシントンと闘莉王は明暗が分かれました。闘莉王寂しそうだった。
・ワシントンのゴール前の強引なボールキープに、今までに無い展開の予感(ワシントン、達也のコンビが見てみたい)。
・出場機会を得るも見せ場を作れなかった永井と相馬も寂しそうだった。

途中出場の選手は
不完全燃焼か
・伸二→内舘の交代で、攻めが一段落した感じはした。球離れの早い伸二はやはり攻撃にリズムを作っていると実感。

相手さんについては、
・佐藤寿人、ウェズレイのコンビ、2試合消化時点で当たらせてもらったので良かった。
・キチンとしているけど怖さの無いチームっぷりは相変わらず。ウェズレイが入ってもチームの色は変わらない。戸田も然り。


福山SAでお買い物
・センターバック二人の押し上げが少ないところが弱点なんだろうなぁ。サイド上がるとそこががら空きだから。

上半身はビッチョリ濡れましたが代償の勝点3には大満足。油断の1失点はゴール裏の油断でもあるので、次節以降への反省としましょう。
無防備な選手バスに群がる出待ちの人垣の脇を抜けて駐車場に。
スーパー銭湯直行は濡れた体には本当にありがたい(銭湯に行くことわかってたから敢えて濡れたというところもあるが)。


お疲れ様でした
入浴後はひたすら帰るのみ。お土産は福山SAで購入。
東京駅を経由してさいたま新都心着は翌朝6時過ぎ。全く観光の気配のないアウェー参戦でしたが満足です。
余談ですが、阪急交通社さんのツアーで乗った五日市観光さんのバスは三菱ふそう社製でした。

|

« 敵状視察 アウェー 広島戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム C大阪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/9180960

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェー 広島戦:

« 敵状視察 アウェー 広島戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム C大阪戦 »