« 参戦の記録 ナビスコ アウェー 横浜戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ ホーム 横浜戦 »

2006.05.17

敵状視察 ナビスコ アウェー 東京戦

監督が変わってすっかり別のチームになってしまった東京戦です。
こちらは予選通過確定、あちらは予選敗退確定。でもって二年前と三年前のカップウィナーの対決。
浦和的には若手が経験を積む場と目的がはっきりしていますが、あちらさんは果たしてどうなのでしょう。
しかし、元気の無い瓦斯ってのは何とも扱いづらいネタだなぁ。

江戸の華   「Urawa Stadium Hijackers」を髣髴とさせるエントリースタイル。好きなんですよねぇ。肝心の試合の中身が回を重ねるごとに薄くなる今年、アフタースタジアムの内容がどんどん濃くなってます。
肝心の試合のほうは先発布陣図解つき。これに茂庭が復帰するとしてそんなに悪い布陣とも思わぬのだが。やっぱり監督の問題なのかな?

metrocolors   気持ちの問題から起因する「中盤の守備の甘さ」、「セカンドボールへの対応の遅さ」、「攻守の切り替えの遅さ」はこの際目を瞑るという大所高所からのエントリー。言わんとすることは、駒場でのナビスコでの対戦のときのように、攻撃を捨ててベタでマンマークってことでしょうかね。確かにアレは嫌だったけど怖さとか魅力的なサッカーとは無縁だったような。
ここでもやはり監督の問題に行き当たるようです。

つぶやきばblog   でもって監督に対する漠然とした(してないか)不安が綴られているのがこちらのエントリー。監督を変えた理由は浦和がギドを選んだときと似ている様な気もするけど、ギドとガーロではチームを目標に向かって意識付けし、モチベーションを上げる力に雲泥の差があるような感じがするなぁ。まぁ、結果論でこう言っている浦和、ギドの人となりは知っているけど監督経験ない人選で博打とまでは言わないがかなり思い切った人選であったのだけれども。フロントの力の差か?

tokyo_1998の日記   でもって最後は見守る側の話。やっぱり代表に注目が行くときの瓦斯サポに期待しちゃいけないってことなのでしょうかね。
それにしても事実だとしたら物凄いことですなぁ。やっぱ瓦斯だねって感じだな。
でも前回のW杯の前のナビスコ予選はなかなかの戦跡だ。

扱いづらいとか言っときながら、結構書けたぞ。

|

« 参戦の記録 ナビスコ アウェー 横浜戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ ホーム 横浜戦 »

コメント

今日はせいぜいイタブってくれ!
お前らにかまってやれるほどの元気はないのだよ

投稿: 瓦斯 | 2006.05.17 14:56

瓦斯らしくないなぁ。かなり心配。

投稿: 與野市民 | 2006.05.17 18:02

鈴木啓太とポンテがいなかったので助かりましたよ。
ポンテに鶴。では夏にまた。

投稿: 瓦斯 | 2006.05.18 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/10106468

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 ナビスコ アウェー 東京戦:

« 参戦の記録 ナビスコ アウェー 横浜戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ ホーム 横浜戦 »