« 甘くはない | トップページ | 鹿のバスか? »

2006.05.06

敵状視察 ホーム 鹿島戦

敗戦後、中三日で鹿戦。幸いにしてホーム。

水曜日の目の前の出来事を考えると、相手さんよりもうちの選手たちがどうかというほうが、はっきり言って気にかかります。
とかく華やかな面に光の当たりがちな浦和、支えているのは啓太、ホリのような汗をかく選手。日曜日は戻ってきそうなので一安心。
相手を見てみることにしましょう。

シッカーダイジェスト   出場選手とそれぞれの評点あり。青木が負傷欠場で本田が出て小笠原、増田と共に3ボランチだったようですね。本田は動けどまわりは動かずという構図が見えてきます。左は故障の新井場に変わり石川。
千葉戦の後だから、動き負けするということはなさそうな予感。
敗因は特になしというのが実に鹿らしい。

別館   「技術に胡坐をかいて気持ちで負けていたら勝てないの一言」という言葉に妙に肯いてしまう今日この頃。受けに回ったほうが負ける試合。ことリーグに限っては、うちは無冠。受身にまわる必然は薄い。ガツガツいってほしい。

確かにアウェー側の店は少ないけど、トイレは日本のスタジアムの中では一番まともだと思うのだが...。確かに埼玉高速鉄道は高いが、鹿島国を走っている化石燃料を焚いて走る汽車とは違い電車なので、まぁ仕方がないと思って勘弁してください。
取手から柏までって大して変わらないじゃないかと思ったら、国が違ってました。

|

« 甘くはない | トップページ | 鹿のバスか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/9920593

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 ホーム 鹿島戦:

« 甘くはない | トップページ | 鹿のバスか? »