« 敵状視察 ホーム 大分戦 | トップページ | 秘密兵器 なりきりウッチー炸裂 »

2006.07.25

敵状視察 ホーム 大分戦#2

連勝中で駒場が得手との認識の大分さんに、胸を貸してもらう。そんな心境でしょうか。

相手がどうとか、選手層が云々とか、前節の内容が良かったとかいうことは関係なく、置かれている状況と目前の試合の意味を理解し、やらねばならぬことを如何にスタジアムで実行に移すか。それが大事。
やるべきことが出来ても、相手がすばらしければ引き分けもあり。
大分戦は内容や試合に対する意識の持ち方にこだわりたいですね。
そういう意味ではこのタイミングで大分と当たるのは良かったのかもしれません。

こっちはそんな心境なのですが、連勝街道驀進中の大分さんは絶口調ですなぁ。

大分んつぶやき     「誇りとともにサッカーをやっている楽しさを浦和のガチンコサポに魅せつけてやって欲しい。」のだそうで、この時点で大分の選手は12人を相手にすることに。浦和サポとしては本望であります。
審判を合わせると12対12になる可能性大という話もあるが...。
攻撃面は攻め続ければ何とかなるそうで。
さすが連勝中、前節4得点のチームは余裕が違います。
何かと対極にいる浦和をうらやましくて貶す気持ちは理解しますが、代表ネタで叩くのはちょっとねぇ。考え方を変えれば、日本敗退を演出といわれるのはある意味光栄なのかな。
次の代表にたくさん大分の選手が選ばれること切にお祈り申し上げます。

OITA TILL I DIE     ひねりを利かせての煽りなのでしょうが...。参戦の記録風に箇条書きで雑感を。
・聞いて嬉しくなる言い訳は、修羅場の好きな土曜日の相手の監督に期待してください。全然捻りはないけどね。
・獲物って表現から連想するのは鹿。10月のホームでの鹿狩り際の御使用が最適かと。因みに、鹿のパンツはドドメ色です。
・大分には豊島区巣鴨とは別の巣鴨が存在するのかも。(そもそも浦和のパンツは白か黒です)

この手の前祝ってのは、やると祝い事の対象自体が無くなっちゃうもんですよ。景気付け、出陣式くらいにしておかないと。

煽りとは違うネタ系はこちらで。老舗です。

|

« 敵状視察 ホーム 大分戦 | トップページ | 秘密兵器 なりきりウッチー炸裂 »

コメント

http://torinichi.s1.xrea.com/

えっと、老舗なんで見て。

投稿: 名無し | 2006.07.25 23:39

元祖ネタ系ですね。
自虐が売りの鳥日の自虐の度合いに切れが無いですね。
やはり俺王ネタでないと...。

鳥日も新聞から動画に。時代の流れを感じます。

投稿: 與野市民 | 2006.07.25 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/11096673

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 ホーム 大分戦#2:

« 敵状視察 ホーム 大分戦 | トップページ | 秘密兵器 なりきりウッチー炸裂 »