« 参戦の記録 アウェー 川崎戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 大分戦#2 »

2006.07.25

敵状視察 ホーム 大分戦

実はちょっと苦手なんじゃないか? の大分戦です。

昨年のリーグ戦アウェーは0-1の敗戦。(開始3分でアルパイがいなくなり、ネネ間で退場させられた西村裁きのあの試合)
ホームも駒場で1-2の敗戦。(ギドが前半は寝ていたと言った例の試合)
連敗中ですから、ちょっと苦手ではなく明らかに苦手ですかね。(2004年は3勝1敗で合計13-5だったのに)

光明はここ2年の敗戦時にはいずれも闘莉王が出ていなかったこと。
万全のDF陣で臨む今回は、去年のような躓きがないことを信じます。
得点できなかったのは9人で戦ったときだけだし。

J1の中で恐らく一番?縁遠いチーム大分。
監督が代わってチームが生まれ変わった去年の躍進は記憶にありますが、個々の選手の印象は薄く、名前が言えるのは高松、松橋、深谷、根本、西川くらいかなぁ。(そんだけ知ってりゃ十分か?)
外国人選手って誰がいたっけといわれると、いまだにマグノアウベスと言ってしまいそう。
そこでこちら。(あてにならない場合が多いのですが、大分編は正確そう。書き手の問題なのかもしれません)

今年の序盤のファンサカで何度か賭けに出て獲っていたオズマール(裏切られたけど)は退団。代わりに獲ったラファエルはまだ控え。6年目にしてブレイクした地元九州出身の松橋と浦和戦には何故か得点する高松に注意というところでしょうか。(J's Goalおまとめ。前節スタメンは右図から福元→三木)

まぁとにかくリーグ再開後2連勝無失点、リーグ戦も4連勝中とあって、大分的皆さんの鼻息の荒さは相当なもの

Torinita Life     ”豚も煽てりゃ木に登るのをご存知か”
大分はてっきり鳥だと思っていたのですが、鳥は鳥栖に譲って豚になったとは知りませんでした。ウィルをでかくしたような感じのラファエルって物凄くでかい豚なのかもしれない。
駒場の後の土曜日は、豚 対 海豚の対決ですね。
大分戦をおまけ扱いする失礼な海豚に、修羅場の後の修羅場を見せてやってください。そのためには駒場で燃え尽きないようにほどほどにしてください。

サッカーは麻薬だ!     浦和が勝点3を使ってヘロヘロにしておいた新潟に対してやりたい放題のサッカーを展開し4得点の勝点3をゲットした様子が書かれています。浦和ふが19日に費やした勝点3は、一番のベネフィットを得た大分から返してもらうことにしましょう。

川崎戦と同じかそれ以上の気持ちを以て臨まないとやられちゃうな。

|

« 参戦の記録 アウェー 川崎戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 大分戦#2 »

コメント

昨年のホームでの大分戦の前はアウェー鹿島で、主審ジョージ、退場者1名で執念のドロー。今年も大分戦の前はアウェーで主審ジョージ、退場者1名で勝利。何だか似ている・・・。

投稿: いくら | 2006.07.25 20:24

去年は引き分け(2-2)→一点差負け(1-2)
とくれば
今年は二点差勝(2-0)→一点差勝ち(1-0)
と見ました。
審判は、丈二の後は太田というのが流れだが、今年はいない。名前が似てて駒場だと...。
怖くて言えない。
ジャスティス?

投稿: 與野市民 | 2006.07.25 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/11084977

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 ホーム 大分戦:

« 参戦の記録 アウェー 川崎戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 大分戦#2 »