« 参戦の記録 アウェー 新潟戦 | トップページ | 快勝 »

2006.07.21

敵状視察 アウェー 川崎戦

前節の内容が最悪でしたが、間をおかずの連戦。気持ち的には堪えます。

が、むしろ邪念がなく相手にぶつかっていくときのい浦和は、いいサッカー、いい結果を出すということが多多あるのを期待しての次節、川崎戦です。

ナビスコの借りを返すとかそんな気持ちは起こりません。
現在首位の相手にとにかく闘志むき出しで向かって行ってほしい。そんな気持ちです。

中断中、マルクスをヴェルディに引っこ抜かれるという事件が起きた川崎。開幕戦の様子を見ると、これが逆にチームを引き締めたという感じでしょうか。
新加入のマギヌン(本当に日本語訳がこれでいいのかな?)は、短い間ながらそこそこフィットしているみたい。
川崎にとって見れば、いつも途中で引っ込んでしまうマルクスよりは活きが良くて会うのかもしれません。
好きな食べ物 パスタ、嫌いな食べ物 貝、イカなど。イカ墨のパスタはお好み?)

ふえのへや     鹿島戦のレポート。読んでみると、4-2で勝利したものの、鹿島戦の内容は決して万全ではなかった感じがします。
数的優位を活かしてたたみ掛けるあたりは、まだ流れは川崎にあるという感じでしょうか。
1/3が終わった時点ですからまだ川崎が失速するにはタイミングは早く、土曜日は波に呑まれないような堅実な闘い方が必要かと感じました。
今が一番いいときなのかも。川崎は。

あおぐみのBlog     川崎が恐れる家本主審は(どのチームのサポも恐れているか。世の中には例外もありますが...。)、前節うちらが体験済みのため、土曜日の登場はありません。
吉田主審のナーバスな笛に助けられ? 数的優位のもとに逆転を果たした川崎。異国でもローカルな応援ルールを適用。審判運も味方につけて、我が世の春を満喫といった感じでしょうか。
うらやましい。
うちらは、「夜明け前が一番暗い」という言葉を信じ、今週の土曜日を夜明けの時期と思って西に向かいましょうか。

今まで等々力は電車で行ってましたが、良い結果が出たためしがないので、この土曜日は手段を替えて行ってみようと思います。

験担ぎ。

余談ですが、開門時間は早まるらしい。ご注意を。

|

« 参戦の記録 アウェー 新潟戦 | トップページ | 快勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/11034637

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 アウェー 川崎戦:

« 参戦の記録 アウェー 新潟戦 | トップページ | 快勝 »