« 不参戦 | トップページ | 練習試合 横河武蔵野FC »

2006.09.30

10月は坪井が不在

残念ながら、坪井の1ヶ月離脱が勝点3の代償となってしまいました。
10月は内舘、ネネ、細貝がきっちりと坪井の穴を埋めてくれるでしょう。
(闘莉王まで傷んでいるとは...。大変だ。)

京都のこちらのエントリーが印象に残ったので、リンクを貼らせていただきます。

京都の残留が、京都のサッカー定着の為には重要。その直接的な一助にはなれませんでしたが、長期的なお役立ちになれれば幸いです。

それにしても、京都の応援は、ガンバのそれに似ていたなぁとテレビを通じて思いました。
関西のスタンダードなのかなぁ。

KBSの5点取られても前向きの実況と解説には...。
5点取られたら、僅かな味方の良いところよりも、致命的な欠陥がある味方の守備を気にしておかないと、次の仕事のお呼びがかからないのでは...。

大差がついた中、ベンチでケラケラと笑っている選手が居た京都には心底驚いた。

|

« 不参戦 | トップページ | 練習試合 横河武蔵野FC »

コメント

KBSの実況・解説には、ちょっとびっくりというか、これでは、京都の人はかわいそうだなというか。そして、日頃の、テレ玉のありがたさも実感しつつ。
次節は、ホームでの千葉戦。アウェーのときの屈辱的な借りを返さないといけない、大事な一戦になりますね。

投稿: 相馬マルクス達也 | 2006.10.01 02:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/12100235

この記事へのトラックバック一覧です: 10月は坪井が不在:

» [Jリーグ]J1第25節京都vs.浦和分析 [KINDの日記]
●浦和戦で心がけること  浦和戦で心がけることとは何か。何といっても「先制点を与えないこと」だと思う。先制した試合の勝率が94.1%というとんでもない数字を残している以上、もはや浦和戦におけるマナーともいえるべきものだ(参考までに、京都の先制時の勝率は44.4%... [続きを読む]

受信: 2006.10.01 01:27

» 相馬 マルクス 達也 揃い踏みで勝ち点3 [相馬マルクス達也のブログ]
16日は、アウェーの京都戦。ここからの4試合に関して、私の中では、京都戦で勢いを [続きを読む]

受信: 2006.10.01 02:49

« 不参戦 | トップページ | 練習試合 横河武蔵野FC »