« 参戦の記録 ホーム 福岡戦 | トップページ | 半歩前進かな »

2006.10.18

敵状視察 ホーム 川崎戦

ホーム3連戦+1+ホーム3連戦の最後となる川崎戦です。
苦手な東海アウェー2試合を残すアウェーとホーム交互の6試合の前、青黒2チームのうちの1チームを早めに払い落とすための戦いです。

Cocologun   前節甲府戦の様子が膨大な写真とともに。6枚目が前節のスタメン。これがベストメンバーらしい。GKが前に対戦したときから代わっているのは「然り」って感じでしょうか。
切れる森、32文キック(低空ドロップキックともいうらしい)の馬絹(川崎市宮前区にこういう地名があります。鷺沼あたり)と、違った意味で危ない面々が並びますが、完封勝ちはお見事。上り調子です。
この試合はスカパーで見ましたが、箕輪も結構ラフなプレーが多かった。二枚目出さなかった扇谷主審に感謝しないと川崎は。

川崎フロンターレを応援してみよう   こちらは甲府戦の雑感。谷口、伊藤といったところが累積警告のリーチがかかっていたのですが、扇谷主審の絶妙な裁きの結果、カードの分配は無く、ベストメンバーで臨んできます。
変にメンバーが欠けたりするよりも、分かりやすいと考えるべきでしょう。ポイントはジュニーニョの足の回復具合か。
累積リーチがスタメン中に4人の川崎。激しい試合になるでしょうから、その後の試合の何人かのお休みは覚悟しておくべきでしょう。うちもチームの柱がリーチ。いつの試合で禊を済ますか、それが問題だ。

たつパパ★南北線2   これまでの対戦がわかり易くまとめられているのでリンク。
ナビスコ、等々力という条件が重ならないと負けはない。とはいうものの、ホームでの内容は決して褒められたものではない。強いていえば苦手な部類か。
でも、苦手をしたたかに克服する何かが今年の浦和にはあるんだよねぇ。
結果が出ないたびに相手を認めず見えない何かのせいにしてきた某監督。前回の対戦後は妙に謙虚だったのが気になるといえば気になる。(まぁ、どう見ても審判のせいではなかったからか)

狭い池の中で図体の大きさを競うことに興味はありません(そもそもJ自体がさほどの扱いを受けていないんですから。同じ志を持つ仲間が多いことは嬉しいですが...)。

こちらがかなり密度の濃い視察をされてます。まぁ坪井とネネの違いは、前半早いうちの森のカード1枚でチャラということで。
分かって書いていないのだろうけれども、絶好調のキャプテンには一言も触れていませんね。

|

« 参戦の記録 ホーム 福岡戦 | トップページ | 半歩前進かな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/12324316

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 ホーム 川崎戦:

» 対甲府戦:弾みをつけて! [川崎フロンターレを応援してみよう]
2006年のリーグ戦に限って言えば、実にW杯による強制中断前の5月7日のC大阪戦以来の完封ゲームですよ! → 詳しくはこちら:KAWASAKI FRONTALE::スケジュール ふるや個人としては、次節の埼スタを見据えて今日は絶対に絶対にゼーーーーッタイに快勝をして欲しかったんですよ。 無失点なんて贅沢は言わない、とにかく「フロンターレらしく」勝って欲しかった。 やりゃぁ、できんじゃねーかよ!! セッキーの公式コメントの中に『サポへの言葉』が残っていないところから考えても今日はフ... [続きを読む]

受信: 2006.10.18 22:44

« 参戦の記録 ホーム 福岡戦 | トップページ | 半歩前進かな »