« レディース 3-1 湯郷ベル | トップページ | 敵状視察 ホーム 福岡戦 »

2006.10.10

参戦の記録 ホーム 千葉戦


5周年の埼スタ

2-0 勝利(2006.10.07 埼玉スタジアム2002:車)

調子が上向き加減でのホーム三連戦というのはいい流れですね。
その初っ端の千葉戦。オープン以来、五周年となった埼玉スタジアム2002での試合。

もう立派なホームスタジアムといっていいでしょう。
お世辞でなく施設としては日本で一番素晴らしいスタジアムだと思います。
個人的に印象に残っているシーンは2003年の鹿島戦と2004年の


並びの列にて
磐田戦(ネネはこの試合でスーツ姿で顔見せ)ですかねぇ。どっちも雨中の試合ですね。

台風以上に発達した低気圧が前日の夕方に嵐をもたらしましたが、この日は快晴。
ホーム側からアウェー側に強い風が吹き抜けるコンディション。


風は終始こんな感じ
前抽は大雨の中、600超だったらしい。皆さんお疲れ様。
三連休初日だし結構人入るかなと思いましたが、結果は5万人割れ。運動会っていう仲間も結構いたりして、その辺の影響なのかも。

さて試合。
この日の先発は、
GK 山岸
DF 堀之内、闘莉王、ネネ
MF 平川、長谷部、啓太、三都主、山田、ポンテ
FW ワシントン


快晴の秋の空
坪井離脱をネネが埋め、闘莉王は太もも痛をおして強行出場。達也が先発から落ちてワシントンの湾トップにヤマとポンテのトップ下という布陣。
これは読めなかったなぁ。
好調のヤマと啓太、長谷部の関係を重視した布陣ってことなんですかね。


何と豪華なサブメンバー
試合の中身は雑感を箇条書きで。
・立ち上がりから動き負けの感は無し。どちらかといえば試合を支配できていた序盤。チームの調子も上向きなのかも。
・試合勘が心配されたネネも無難にプレー。攻撃面ではアレとよく絡み、正確なフィードは健在。スピード系のFWが相手出なければ大丈夫でしょう。
・結城にワシントンの番をさせざるを得なかった千葉。赤紙かどう

本日のヒーローと
黄色い人達
かは岡田さんのすることですから置いておいて、PKへの流れは必然。
・ワシントンのPKうますぎ。相手GK一歩も動けず。
・前半は一人少ない相手に攻勢をかけるもゴールを割れず。後半数的優位を活かせずペースダウンしてしまうあたりの悪癖は健在気味か。相手が良く動いていたという話もあるし、相手GK岡本が当たりすぎという話もある。
・闘莉王のヘッドにはただただ頭が下がるのみです。本当に大きい追加点。

・途中出場の達也。こぼれダマが足元に来る運は戻ってきている。後はそれを決めるときの運だね。GKはかわしているんだが今回はDFにはじかれた。
・千葉にしてはヤマを自由にしすぎましたね。GKからのキックの競り合いにことごとく勝利し、相手DFラインとMFの間を自由に遊弋するヤマ。MVP。
・アレの出来も上々。ポスト直撃は惜しかった。しびれました。
・一番頑張ってたのは南側ゴールマウス。バー1回、ポスト2回。浦和のシュートはゴールの中に弾いて。

戦前の予想が当たり、主審は岡田。


肉のワタナベ
必ず何かやってくれますが、そのカードが相手に分配されたのはラッキーでした。まぁ、1年を通してみれば、審判絡みの運不運は行って来いになるって感じなんでしょうかね。
帰り道、とっぷり暮れた東の空に大きな満月。秋を感じます。肉のワタナベに寄って牛刺しを購入し家で祝杯&ビデオの確認。
リーグ戦残り8試合、あと二ヶ月弱。あっという間なんだろうな。

|

« レディース 3-1 湯郷ベル | トップページ | 敵状視察 ホーム 福岡戦 »

コメント

はじめまして。いつも楽しく拝見しております。
週を追うごとに運動量がアップして、夏の修羅場を乗り越えた「上積み」を感じています。
今後に期待大ですね。
さて、写真の肉屋さんですが、体育館そばの行列のできる「わたなべ」さんですよね?
私、近所に住んでますよ(^^)。

投稿: nigoe | 2006.10.10 21:05

与野の体育館の横の肉屋さんです。
すき焼きの肉や豚シャブの肉をいつも買ってます。(決して割高ではありません)
電話しておくと、取り置いてくれたりします。
牛刺しは新鮮で本当においしいですよ。
ここの肉を食べたら、スーパーの肉は食べられません。

投稿: 與野市民 | 2006.10.10 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/12228284

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 千葉戦:

« レディース 3-1 湯郷ベル | トップページ | 敵状視察 ホーム 福岡戦 »