« サッカーの醍醐味 | トップページ | 敵状視察 アウェー 名古屋戦 »

2006.11.14

参戦の記録 ホーム 横浜戦

1-0 勝利(2006.11.11 埼玉スタジアム2002:車)

天気予報はでは雨。今年は雨の中での試合が凄く少なかった気がする。調べたら雨中の試合はGW最後の埼スタでの鹿島戦が最後。
早朝にかなり降り、家を出る頃にもパラパラ来ているので、雨仕様の荷造り。
一度は止んだものの点呼の頃には再び降り始める。入ってしまえばコンコースで雨風はしのげるのだが、並んでいるときの雨はどうしようもない。

入場して食事(ラーメン)。寒くなってきて列も随分伸びてきた。
ボーイズマッチの最中に雨は小降りになってくる。U-13対決のボーイズマッチは2-0の勝利。幸先が良い。
ボーイズマッチ終了後はコンコースに戻りチキンとビールで待機。相変わらずメインよりの各売店の生ビールの盛りは少ない。総じて女性が注いでいるところは泡が多い感じがする。


U-13 2点目
キックオフ1時間前に持ち場に戻る。雨はパラパラ。これなら大して濡れずに済みそうだ。

ウォーミングアップに出てきたGKでびっくり。都築が先発だ。山岸のコンディションの問題もあるのだろうけれども、DF陣が相次ぐ怪我の中、シーズン押し迫ったこの時期のGKチェンジはなかなか大胆。それでもまったく不安を感じさせないGKの質の高さ。(私は、個人的には都築派です)

先発は
GK 都築
DF 内舘、闘莉王、ネネ
MF 永井、啓太、長谷部、三都主、山田、ポンテ
FW ワシントン


幸先いいよ!!
平川はサブにもおらず右サイドは永井。天皇杯2得点の達也はサブ(結局出場なし)。
DF陣の窮状もありますが、なかなか刺激的なスタメンだ。

バックアッパーから2色のデカ旗を垂らし、アッパーにユニ旗。SCはほぼ満席。あのデカイアッパーに人がびっしり張り付いているのはなかなか壮観。

その割には入場者は52,582人。A自由の入りが少なめだった感じ。南上段部分の密度がいつもより薄かった感じ。悪天候の予報で敬遠されたか。

雑感は箇条書きで。
・闘莉王が担架で出たときは青くなった。もし闘莉王が抜けると真ん中はウッチー?


バックでのビジュアル
・永井がドゥトラとの陣取り合戦に勝利して右サイドを押し込まれなかったのが良かった。予想外の出来事。
・永井→ポンテ→ヤマの得点シーンは永井からパスが出たとたんに「来る!」って感じるものがあった。今年のゴールの中で一番感動したかな。願わくばこっち側で見たかったが。
・長谷部の復調度合いが著しいのがうれしい。どこか大事なところで絶対にすごいプレーをしてくれるはず。

マリサポ 少なめ
・体調が悪かったらしいがネネは効いていた。シーズン開幕当初は誰の頭の中にもこの選手の名前は無かったのに、こんなところでいい働きをしてくれるなんて。

1-0で終盤を迎え、煮詰まってきている中でのPride of URAWAは気合が入る。得点シーンは1回だけだけどいいゲームだった。そう思います。

 
DF陣怪我人続出が、チームにいい意味での緊張感を与えたのかな。
他会場の結果で鹿が苦手のガンバが負けたのを聞いて、これから先の敵は川崎かと思ったら、瓦斯が二度目の大働き。途中経過で「まったく瓦斯は使い物にならないよ」と思ってたのに89分で2得点とは。

家に帰ってからの祝杯は、いささか飲みすぎました。

|

« サッカーの醍醐味 | トップページ | 敵状視察 アウェー 名古屋戦 »

コメント

はじめまして、
横浜戦の入りについて、トラバさせて頂きました。

投稿: あるぱか | 2006.11.15 14:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/12676323

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 横浜戦:

» 浦和話 [あるぱか、ネタの種]
今シーズン、 もう行かないと言いつつ 、行ってしまいました。 優勝に向け、上位3チームに絞られた闘いは、いよいよ佳境。 ホーム残り3戦のウチ、参戦出来るのは、今日のこの試合のみ。 のこのこ出かけましたよ。 圧倒的な集客力を持つ浦和レッズ。 今シーズン、本拠地を埼玉スタジアムに移したお陰で、 年間の入場者数が75万人を超えるとか。 冒頭のエントリーでは、チケット代について述べた。 今日の座席はその時と逆(バックスタンド側)になった。 メインと、バックでどれ位違いがあると思いますか?奥さん。 なんと千円... [続きを読む]

受信: 2006.11.15 14:11

« サッカーの醍醐味 | トップページ | 敵状視察 アウェー 名古屋戦 »