« 参戦の記録 天皇杯 静岡FC戦 | トップページ | サッカーの醍醐味 »

2006.11.08

敵状視察 ホーム 横浜戦

ホーム埼スタでの横浜戦です。
杮落としの悪夢以来、埼スタでの横浜戦はいい印象がありません。
が、2003年に負けて以降、埼スタでは負けていない。ただ、ここ2年はリーグ戦はいずれもスコアレスのドロー。これとCSの心の傷が埼スタ横浜戦の悪印象の元凶です。
負けが無いのはいいのですが、目標のために必要なのは勝点3。勝たなければ意味がありません。

A blue raven   練習の模様が載っているので追加でアップ。松田が復帰するみたいですね。ちゃんとメンバー戻ってくれば、何でこんなところで低迷してんの? と思いますが、新鮮味には欠けるメンバー構成であることは否めないですね。
血の入れ替えっていうのは、やはりある程度は必要なのかも。


ぼくのF・マリノスログ   天皇杯は愛媛と対戦していた横浜。その様子です。この試合から4-4-2の布陣を試し始めたらしい。次のリーグ戦もこの布陣でいくそうです
ドゥトラ、田中隼、マルケス、久保にリセットボタンで浦和戦の布陣は完成ってとこでしょうか。
前々節の鹿島戦の勝利でモードが来期のための準備に切り替わったそうで、我々とは次元の違う戦いを展開していくらしいです。


LooseBlog   かなり長文ですが、的確な試合のレポートが載ってます。
天皇杯愛媛戦リーグ戦広島戦
ボール繋げない結果、放り込むという前監督の遺産は今だ健在。あのサッカーでは結果が残らなければさぞかしストレスも溜まろうというもの。
でも、セットプレーはチームの好不調に関係ないから要注意だよなぁ。それすらも最近は取れていないらしいから症状は深刻らしい。
このような状況を簡潔に言い表わすと、こちらのブログのこういう言葉に行き着くようです。

浦和美園から埼スタの間でこういうことする気概はあるのですかね。目標が無くなったリーグ戦ではやらないのかな。
対面で傘がクルクル回ってると、「絶対に負けない」って思えるから、大いにやってもらっていいんだけども。

|

« 参戦の記録 天皇杯 静岡FC戦 | トップページ | サッカーの醍醐味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/12581584

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 ホーム 横浜戦:

« 参戦の記録 天皇杯 静岡FC戦 | トップページ | サッカーの醍醐味 »