« オジェック 仮契約 | トップページ | 三都主期限付き移籍 »

2006.12.20

敵状視察 天皇杯準々決勝 磐田戦

浦和のACL挑戦を一年遅らせた一昨年の天皇杯の借りを返さないといけない磐田戦です。
リーグ戦が2ステージ制なら後期は優勝だったらしい磐田ですが、磐田の伝統とは合うか合わないか微妙な監督の留任が決まってからはピリッとしない戦いを続けています。
チームカラーに合わないパワービルダーのロゴを胸に入れたあたりから、ネタ系チームの様相を呈していますが、展開されるサッカーもネタ系になってきており、彼の地から駆けつけた?闘将もお嘆きのご様子です。

あちらさんはこちらより1週間早く5回戦闘ってますから、引張ってくるエントリーは少し古いものですが悪しからず。

Ordinary Days   大宮戦の出場選手寸評。決定率100%のシュートがこぼれ球を振りぬいた西ってのが気がかりではありますが、優勝争い真っ只中の浦和をヤマスタでいじめた好調な磐田の面影は12月の声とともに過去のものとなったようで少し安堵。ファブリシオ出停はガセでしょう。
一人ぼっちが多い磐田、ベテランに優しく若手に厳しい風潮がうかがえます。

やっぱジュビロだよなぁ   手厳しい現体制批判。昔の強かった磐田を懐かしむのもホドホドニしておかないと。昔は確かに強かったし周りも弱かったけど、今は力が均衡しているからなぁ。ここでもやっぱりベテランに優しく若手に厳しい風潮が。レギュラー失格の烙印を押されている33番に開始早々、点を入れられたうちは...。
それにしても、執行役員監督人間力が行った破壊活動とその後の復興過程の迷走にもかかわらずリーグ上位にいる磐田の過去の遺産の偉大さには敬意を表します。

空色の歓喜   さわやかヤクザのコメントと韓国代表の近況など。今の磐田の監督はジュビサポがあれほど嫌ったカウンターサッカーを否定しない人らしい。でも選手はそれに反応できないというジレンマを抱えているらしい。そういえばこの前のヤマスタでの失点はカウンターからだったぞ?
埼スタ、磐田といえば昔は長谷部の劇的ゴール、最近は金の値千金オウンゴール。アジア大会後、直行して出るのでしょうか?

ベストイレブン3人中2人が欠けて闘わざるをえない自分のチームの面子がどうなるかの方が心配なのは内緒だ。

追記
不動の左サイドも戻って来ないらしい。

去年の決勝メンバーは、

GK 都築
DF 細貝、堀之内、坪井
MF 山田、長谷部、酒井、三都主、ポンテ
FW 岡野、マリッチ

このうち、8人は揃えられるぞ(まさかポンテは居るよね?!)。
啓太、ネネ、相馬、平川、永井、黒部...。
代りはいっぱいいるし。
何だかんだいって、選手層は厚いぞ。

|

« オジェック 仮契約 | トップページ | 三都主期限付き移籍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/13127957

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 天皇杯準々決勝 磐田戦:

» 別れ話はしたくない [空色の歓喜]
浦和戦のあとは、勝ったにしろ負けたにしろいつも訪問数が急増するのがお決まりなんですが…。 今回は試合前に浦和系の大御所ブログ様にトラバして頂いたこともあり、いつも以上にカウンターがぐるんぐるん回りました。イ... [続きを読む]

受信: 2006.12.26 23:42

« オジェック 仮契約 | トップページ | 三都主期限付き移籍 »