« 参戦の記録 天皇杯 準決勝 鹿島戦 | トップページ | 明るい新年 »

2006.12.31

敵状視察 天皇杯決勝 G大阪戦

国立で始まった今シーズン、おしまいも国立。相手は同じガンバ。
今シーズンは負けていない相手。ギドの有終の美を飾るためにもしっかりと今の浦和のサッカーを展開して、再来年のACLの出場権を確保したい。
元日決戦。お互いにやりたかった相手との激突です。


~青空の向こうへ~   札幌戦の布陣と試合展開など。うちと違ってほぼベストに近いメンバーが組めているようで羨ましい。播戸も戻ってくるし。
松代の神懸りセーブが怖いのだけれども、まだそこまでのモードにはなっていないようで一安心。
万博以外では不可解な采配をする監督も健在。舞台は国立、大丈夫でしょう。


ガンバネタ報     蹴球七日。
「DFは急造」とか、「チームの総合力なら、ガンバはレッズの倍はいくでしょう!」なんていわれ放題。まぁ確かに内舘、細貝、堀之内ってところはMF登録で、ベストイレブンに二人もDFが選ばれる3位のチームよりは守備での総合力が落ちるといわれても仕方がないですからね。
「どっちかというと、応援の人数以外は今回は流れはこちらにある」のだそうで。強気だ。
うちの頼みの綱は、タイトルの懸かった試合に出れば必ず一番いい色のメダルをもらい続けるいぶし銀のDF(背番号5)が出場できるというところか。スピード系に弱いのは公然の秘密だ。

高校サッカーで武南が勝ち、大阪朝鮮が負けたことを幸先良しとしておこう。

|

« 参戦の記録 天皇杯 準決勝 鹿島戦 | トップページ | 明るい新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/13270955

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 天皇杯決勝 G大阪戦:

« 参戦の記録 天皇杯 準決勝 鹿島戦 | トップページ | 明るい新年 »