« スポンサーに関する考察(1) | トップページ | スポンサーに関する考察(3) »

2007.01.17

スポンサーに関する考察(2)

自分とこのユニ&スポンサーがまだ見えていない状況の下、他チームの状況をおさらいし、心の準備をしてみたいと思います。(括弧内は去年のスポンサー)第二弾。

大分:未発表
(マルハン、フロンテック:BOWS)
マルハンはリーグから不適の認定を食らってしまった大分。今シーズンは、マルハンが同じようにスポンサードはするが胸は抗議の意味でか空白の可能性が大とのこと。機械を作るのは良くて店を経営するのはダメというJの見解は理解に苦しむところだが、決まってしまったことだからどうしようもない。
昨年、背中のBOWSも公正取引委員会から排除勧告を受けたことがある商品。スポンサー企業自体はこの商品を売ることが本業ではなく、グループ会社がこれを販売している会社。背に腹はかえられないからそのままか、それとも企業は変わらずに商品名が変わるか。

横浜FM:未発表
(NISSAN、ANA)
発表するもしないもこのスポンサーが変わることはチーム経営の構造が変わることを意味しますので、不変でしょう。横浜FCがJ1に復帰した今年、チーム名の”F”の扱いをどうするのかは興味があるところですが...。

広島:未発表
(DeODEO、Life CARD)
親会社のマツダが胸にも背にも入っていないのは浦和と似てますね。今のところどちらも変更の話は聞こえてこない。いいスポンサーといい関係を築けているのかも。いたずらに額を追い求めていないのかも。

千葉:未発表
(オートウェーブ、Sammy)
昨年は飯田産業の前にオートウェーブの存在感は霞がちでした。変わるような話は聞こえてきません。Sammyはパチンコ関連ですが製造販売なのでセーフ。そのまま継続するか、セガ・サミーグループとして出しなおすか。このチームは困れば古河電工という奥の手があるから大分のようになることはありませんね。

大宮:NTTDoCoMo:DCMX、NTT東日本:FLET’S光
スポンサーが変わらない典型的なチーム。背中までがっちり固めています。が、今年は異変。DoCoMoが胸に来て、胸のFLET'Sは背中にまわって光に。
ちなみに、DCMXってのはドコモの携帯クレジットのブランド名です。
ユニのサプライヤーはlottoに変更してますね。

東京:新日本石油:ENEOS、東京ガス:Enesta
瓦斯、電気、油とエネルギー系の優良企業でスポンサーを固める東京。さすが首都のチームは違う。
胸の新日本石油はそのまま。背中も東ガスが支えてエネスタ。
スポンサーと関係はありませんが、左右対称じゃないユニは弱そうに見えるのだけれども...。

|

« スポンサーに関する考察(1) | トップページ | スポンサーに関する考察(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/13511450

この記事へのトラックバック一覧です: スポンサーに関する考察(2):

« スポンサーに関する考察(1) | トップページ | スポンサーに関する考察(3) »