« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.28

敵状視察 ホーム 横浜FC戦

リーグ開幕戦、チャンピオン(J2)の横浜FC戦です。ユニに入る12本の横縞が特徴的。

相手方の皆さんは、開幕を前に「鞠サポとの横浜呼称争奪戦」、「ぴあの手数料搾取に対する神経戦」など、サッカーの試合とは離れたところで消耗されているようですが大丈夫なんでしょうか。

チームの方は こんなお知らせ(運営事務局からのお知らせ) を自チームのブログにエントリーするなど厳しい戦いに向けた準備に余念がない様子。
オフィシャルHPもリニューアルしてJ2の過去を消し去るなど前向き。それに従い直前の情報も少なくて視察もしづらい状況ですが...。
小村の振り仮名が”おむろ”になっていたり(修正済)、日産スタジアムの席割図が三ツ沢仕様だったりするのはご愛嬌。

外国人全取替え、久保、奥、薮田、和田(清水)、根占、玉乃と大量に選手を入れ替えてます。スポニチの戦力分析でもスタメンは昨年から半数以上が入れ替わるのではとのこと。層の薄さが弱点ですが、開幕戦でそれは関係ないだろうなぁ。

しゅりんぷと横浜FC・BLOG     情報統制がかかる前のロッソ熊本とのPSMの布陣。久保のワントップに4バック。早川はスタメン(CB)ですね。市衛とか吉野は出ていない。
その後の合宿中の練習試合でも、多少の選手の出入りはあるものの選手の並びはこのまま。DFラインのすぐ前の選手の出来がいいと従来の浦和では苦戦していた布陣だなぁ。でも山口だし何とかなるか。

横浜FCオフィシャルブログにサポーターズ・スタジアムというのがあって、そこに今週のテーマをトラックバックで投稿する企画があります。先週のテーマは「横浜FCのJ1初ゴールは誰でいつ」っていうのですが、前半40分より少し前って意見が多いですね。
浦和はプレシーズンで18分に1回失点してるという自虐ネタもありますが自粛。
私の予想は3月10日横浜Fマリノス戦、前半9分久保のボレーって思うんですが。

浦和のシーズン初得点は最初のセットプレーで阿部の頭としておきましょうか。ゼロックスでも枠には飛びませんでしたが、いい動きから相手のマークをかわしてましたから。

続きを読む "敵状視察 ホーム 横浜FC戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.26

Talk on Together 2007

ゼロックス惨敗の後には酷なイベントでしたね、中村GMにとっては。コチコチでした。

一部はマッチデーエクストラ号に記載の内容をほぼなぞった内容。
社長の語りのトーンが強まったのは、
「レッズランドは長い目で見て欲しいこと」
「増資は一筋縄ではいかないが...。頑張ってます」
「クラブスタッフの育成」
の三つでしょうか。
屋根の件も数字を挙げて説明してくれましたが継続検討案件とのこと。

オジェックは淡白な内容だったフェスタとは打って変わって饒舌。時間がない中でゼロックスに照準を合わせられる状況には無かった。リーグ開幕に照準を合わせているとのこと。
信じましょう。

この日の最大のニュースはレディースの補強だったと嫁さんに話したら、ずっこけてました。代表クラス1人+他チームのレギュラークラス3人お計4人の補強とのこと。

続きを読む "Talk on Together 2007"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.25

参戦の記録 ゼロックス杯 G大阪戦

0-4 敗戦(2007.02.24 国立霞ヶ丘競技場:電車)


与野駅から国立へ
快晴ながら前夜からの強風が吹きすさぶ中、午前9時過ぎに家を出ました。
電車での国立はいつも北浦和駅経由なのですが、この日は与野駅から(験担ぎしないでみました。これがまずかったか)。
京浜東北線で秋葉原経由、信濃町で下車。絵画館前を通って青山門へ。
千駄ヶ谷門とは30分の時差開門の青山門、20分もすると列が切れて入場。青山門に青い人の影はほとんど認めず。


青山門 開門20分後
去年のゼロックスとは逆サイドのホームゴール裏。北西の風は頭上を吹き抜けさほど強さを感じないものの、正面からの陽射しが結構眩しい。
天皇杯決勝のときとほぼ同じ位置取りながら、まわりの雰囲気はそのときと異なり微妙。公式戦ながら位置付けの微妙なゼロックス杯の位置付けそのもの(後半開始直前にカップスター買ってきて喰いながら野次飛ばしている輩にはかなりのけぞった)。
平川のチャントのほかに新しいチャント二つくらいを練習するボーイズ。焦って覚えずともじきにわかるでしょう。


スタンドで感じる以上の
強風だったのでしょう
レッズプレスのパソコン版有料サービス終了に伴い携帯版に入ったので、スタメンは事前にそちらでチェック。

GK 山岸
DF 坪井、内舘、ネネ
MF 平川、啓太、阿部、伸二
     山田、ポンテ
FW ワシントン


アウェー側の風景
サブは堤、中村、赤星の若手が並び、少しでもコンディションに不安がある選手はメンバーから落とす布陣。J2相手でのプレシーズンマッチならそれでも良い気がするが、相手はガンバなんだよねぇ。
闘莉王の代りは阿部だと思いきや、内舘がDFライン真ん中に入り阿部は左のボランチの位置へ。
注目されたGKは山岸。まぁ、代表に送ったのが山岸だから順当か。

ピッチ上はホームメイン側からアウェーバック側への強い風が吹く中、どちらが選択したかわからないが、サイドを入れ替え浦和が風下で試合開始。
以下、雑感は箇条書きで。

前半20分頃までに感じたこと。
・1対1の勝負はことごとく勝つ。1対1の強さは今年も顕在か。
・左サイドから攻めてゴール前にポンテ、ヤマが入ってくる。なかなかいいんじゃない。その割りにシュートチャンスが少ないが。
以上

前半20分以降に感じたこと。
・強風下でのサイドチェンジのためのロングパスはまずいでしょう。それが今年の新たな戦術だとして、それを可能とする技術のある選手がいるとしても、風の強弱までは読めんでしょう。
・右サイド、平川の裏を突かれはじめてグズグズに。フォローが無いのに突っかける平川も如何なものかと思うが、坪井と平川の間を生める選手が居らず、球を失うと広大なスペースがガンバの左サイドに。
・前半30分過ぎから引き気味になり始め運動量も低下して、以降は完全に調整モードのサッカーに。元々の位置付けがそれなら結構ですが、一応、公式戦なんですけど。
・チームが崩れかけているときに鼓舞する選手がいない悲しさ。闘莉王とか都築とか。


何を思い何を感じたのか
・闘莉王が居ない時の自陣でのハイボールの処理は見ていて不安というか、こぼれを必ず相手に拾われる。相手もそのあたりがよく分かってるんだろう。

今のチームでまともな試合では180分で10失点。堅守浦和の面影は無し。建て直しは容易じゃない。ターンオーバー制なんて現状では夢のまた夢だ。
ガンバには昨シーズンのお預かり品におまけを付けて返した感じ。たいそう喜んでもらったみたいで何よりです。


ついてないや

国立の帰りに完全に明るい中で家路につくのは久しぶり。帰りの秋葉原乗換えでやってきた京浜東北線は南浦和行き。ついてないときはとことんついてないや。
こういう負け試合のときは、さっさと家に帰って飯食ってさくっと寝るに限ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.24

調整不足 ゼロックス杯

調整、コンディションの差でしょうかねぇ。
言いたかぁ無いけど、ブルズカップ参加が調整の遅れを招いているのは明白。
リーグ開幕、ACLには間に合うんですよね。

悪い中でも一人くらい印象に残るモンなんだが、今日は帰ってきていい方に印象が残る選手がいなかったのが悲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.22

発売日

何だかんだで結局は買ってしまう悲しい性。

今年はヤマにしてみました。
6番はかなり数が出ていたようで結局売り切れたらしいとのこと。

SAVASのロゴは思いのほか太いです。生地は伸縮性が今までのものよりも高い感じがします。

星入りのヤタガラスのワッペンが立派で立派で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.21

敵状視察 XEROX SUPER CUP G大阪戦

リーグと天皇杯を制覇したうえで臨むXEROX杯、多額の賞金が出るPSMという感は否めませんが公式戦。賞金差1,000万円とブルズカップの汚名返上、幸先良いスタートを切るために良いサッカーと結果を望みたい。

相手はG大阪。去年のように直後のリーグ開幕で当たることはないので、互いに様子見はしないものと思われます。
宮本とフェルナンジーニョが抜けた後の目立った補強はバレーと中澤聡太くらい。戦力的には去年と一緒って感じなのでしょうかね(赤丸急上昇の若手もいるようですがそこはスルーして)。


Gamba And Lotte :: Blog     合宿先の宮崎県綾町でのヴェルディとの練習試合の様子が載っています。開始時のメンバーに代表組がはまれば今期の布陣となるのでしょう。バレー→播戸、倉田→遠藤、安田→橋本、青木→加地。
西野監督の永遠の課題、4バックへの挑戦。今年も挑戦の真っ最中。XEROXまではチャレンジし続けるのでしょう。
二川がやたらに好調なようですが、まだシーズン始まっていないんですけども...。

大阪鋼巴球迷的博客     こちらもヴェルディとの練習試合のエントリー。バレーはまだフィットしていない様子。甲府でも真ん中に張るタイプではない使われ方をしてきた彼をどのようにチームにフィットさせるかは見もの。
シジクレイの劣化は依然進行中。守備陣は今年も相変わらずの様だ。4バックは明神への負担が大きいんだろうなぁ。それにしても、ベストイレブンDFが代表合宿に呼ばれないでヴェルディと試合してるのかは謎だ。

それにしてもガンバは登録32選手中、前登録チームがガンバ大阪ユースの選手が14人と4割を超えているのは凄いねぇ。スタメンとなると3/11位に低下するにしても、それに続く選手にユース出身者がゴロゴロいるのは浦和にない特徴で羨ましかったりします。
そういった前提でこちらのエントリーなんかは興味深かったりするんですが、真の強さというのは多様な価値観のぶつかり合いの中から生まれるもののような気がしないでもなく...。サッカーは奥が深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.02.19

Nike+ iPodその後

シーズンインに備えてのNike+ipodを使ったジョギング、約2週間で70キロと順調に距離が伸びています。
走るモチベーションが湧くのがいいですね。

今日も約7キロ。nikeplus.comにアクセス中にエラーが発生して7キロ分のデータがナイキのサーバーに届かなかった(泣)
データはJog Noteで保存しとこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.15

シーチケ到着

シーチケ到着
なぜか人より二、三日遅れで来るシーチケ。
わかっちゃいるけど、少し焦る。

あぁ、もうすぐシーズンが始まるんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.14

負けるときは(Bull's Cup)

結果90分で1-6という豪快な負けっぷり。

PSMで内容が良かったためしもなく。ましてや相手は格上。長距離遠征、慣れないピッチなどなど。
負けは悔しいでしょうからボーダフォンカップ同様、悔しさをバネに開幕にしっかりと照準を合わせてほしいところ。

こちらのポジティブシンキングには脱帽。

オフィシャルとかJ’s GOAL見ると既にユニに違和感はなし。不思議なものです。

数日後にテレ玉で見るにはちょうど良い結果でした。スカパーのセット変更しなくて結果オーライだったな。

続きを読む "負けるときは(Bull's Cup)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.13

ここは我慢

JSAT Presents 2007 Jリーグ プレシーズンマッチ                      浦和レッズ出場「BULL'S CUP」

<放送日時> 生中継   2/13(火) 26:55(245) Ch.182 パーフェクト チョイス

視聴可能セット:J1ライブ、J2ライブ、JリーグライブDX、欧州サッカーセット、ドリームサッカーセット

今までのJリーグセットでは見れないわけね。ここで高い新しいセットに乗り換えさせようという魂胆か。ここはテレ玉で我慢だな。
阿部のフィット具合はライブで見たいところだが...。

それにしてもあっという間に始まっちゃいますね、シーズン。
再来週はもうゼロックス、その次の週に開幕。まだ心の準備ができてないんですが...。短すぎるオフも考えものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.09

甲府のワイン

今年は小瀬での試合はないんですよね。

あのチケ争奪は勘弁ですが、小旅行の土産に地元のワイナリーでワイン買ってくるのがなんとも遠征らしくて良かったんですよね。

去年の遠征の帰りに寄った中央葡萄酒の「グレイス甲州」、我が家はこれにはまってます。
新宿の京王百貨店に置いてあるので、新宿に行くたびに買って帰ってきます。
今回のはラベルが少しいつもと違うバージョン。
かなりドライな呑口ながら旨い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.08

Nike+ iPod Sport Kit

某浦和系ブログを見ていて、ipod nanoを持つ者として思わず衝動買い。
どのブログを見たかの記憶が薄れておりTBを打てず...。すいません

買ったのはこれこれこれ
バンドが一番高くて4,000円強。靴は買わなくてもいい具合の代用品があるんですね。
各国語の案内が一連になっている取説に少しビビッたものの、あっさり準備完了して即ワークアウトへ。
なんとも具合のいい商品ですなぁ。確かに走る気が起きます。とりあえずは月間100㌔にチャレンジ。ソフトの工夫で手軽に使えるあたりがアップルの真骨頂なんでしょう。

ちなみに、肝心のipod nanoは、当然ネット販売のこちら。裏に優勝記念の刻印入り。
この赤はいい具合の赤なんです。
ケースに入れて見えなくなるの玉に瑕。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »