« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007.03.29

敵状視察 アウェー 大分戦

良い印象のないアウェー大分戦です。監督がシャムスカになってからは、アウェーで勝っていない。
そんなモヤモヤを吹き飛ばす朗報。
「トリニータ必勝弁当 販売開始のお知らせ」
シャムスカ、九石ドームの組み合わせであれば、弁当云々なんて関係ないという強気な姿勢の表れなんでしょうかね。
限定50食というのにためらいが感じられなくもないが...。

さて本題のサッカー。
梅崎がどうのこうのよりも中盤を支えた二人の外国人選手がいなくなった穴が埋まるかどうか課題だった大分。好調といえるスタートを切っており、ナビスコも含め目下3連勝中(相手が大宮、横浜FC、東京と比較的緩め)。
穴は一人は新外国人、一人は既存の日本人選手でやりくり。
J’s Goalの布陣予想から下川→西川、宮沢→藤田、セルジーニョ→松橋が現時点のベスト布陣でしょうか。

Trinita Life     遠距離アウェーしかもカップ戦という悪条件の中、数少ない現地レポート。監督曰く、今シーズン一番の出来の割りには2得点大勝感のない結果の裏には、傷心の前日本代表FWのダメッぷりが隠されていたとは...。そのままでいてください。天敵達也は帯同しませんが。


スタジアムを青く染めるためのキャンペーンを張っているようですが...、これはまずいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.25

駒場

好調の柏を現地視察。
出島初体験だったりします。
駒場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.24

練習試合 筑波大学

今年初の大原でした。思ったほどの人出ではなく一安心。
11:30の開始直前でもスタンドの椅子が空いてました。
(隣の女性が目障りで、うるさくて、○さくて閉口しましたが...。)

GK 山岸
DF 西澤、堀之内、内舘、細貝
MF 赤星、長谷部、酒井、中村
FW 小池、岡野
フォーバックでした。中盤の4人はフラットに並んでいる感じ。

得点経過は前半25分 岡野、後半18分 筑波大学
1-1の引き分けでした。ちょっと不甲斐ない。

交代は、
後半9分 長谷部→41(山田直輝?)、
後半18分 岡野→42(林?)、中村→坂本
はじめの交代にポジションチェンジなし。2度目の交代は坂本が左SBに入り細貝がボランチ、山田が左サイド

最終ラインを上げる機会が少なく、カウンターを喰らいにくい代わりに前線までの距離が遠く攻撃にテンポ出ず。
長谷部の存在感は流石だが、両翼の赤星、中村は物足りなかったかなぁ。
得点シーンは珍しく(この試合通して2回?)、内舘が左に上がりチャンスメイクし、岡野が決める。

ネネ負傷のため、内舘と堀之内のための練習試合といった感じでしょうか。その割には無失点で抑えられなかったし(長谷部交代で相手ペースになるり失点)。
見どころが無くなってきたと思ったら、終盤、相手の体力も落ちたのかユースの二人が見せ場を作る。まだかなり線は細いが、オォっと思わせるプレーもあり。
同点という結果にイラつく山岸。気持ちは分からんでは無いが、プレーは慎重にね。

続きを読む "練習試合 筑波大学"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.20

参戦の記録 ホーム 甲府戦

2-0 勝利(2007.03.17 埼玉スタジアム2002:車)


薄曇の朝の埼スタ
14時キックオフの点呼は10時。8時半過ぎに家を出て9時過ぎにはスタジアム到着。122号西側の民間駐車場に止まっている車の台数が異常に少ない。
4万割れるんだろうなぁと思ったら、案の定、39,494人。17,694人はどこへ行ってしまったのでしょうかねぇ。

第4グラウンドでは「エンジョイ!ハートフルサッカー」が開催されており、下の子と嫁さんはそちらに参加してからの入場。上の子の


ハートフルサッカー
友達が出るボーイズマッチは最近には珍しい大差の試合でした(仲町の勝ち)。

もうすぐお彼岸だというのに季節逆戻りの寒さ。試合開始前までは日が当たっていてぬくぬくとしていたのですが、試合開始直前にメインの屋根に日が遮られて体感温度が一気に低下。でも新潟で耐寒訓練をして来た身にはさほど応えない。

この日の先発は
GK 都築
DF 坪井、闘莉王、ネネ
MF 山田、阿部、啓太、伸二、ポンテ
FW 永井、ワシントン

ちょっとでも体調を崩そうものなら代表GKでもあっという間にレギュラーが奪われるというレベルの高い正GK争い。代表に呼ばれるのも都築に変わるんですかね。


甲府の皆様
新潟戦と同じ布陣。サブには山岸、内舘、堀之内、酒井、平川、長谷部、岡野。長谷部を出す場合の布陣はどうなるのだろうか。

試合の雑感は箇条書き
・甲府は前半開始からえらい勢いで動きまくる。浦和はこぼれ球をほとんど拾えない。1試合もつのか?と思ったら、案の定、後半ガス欠に。
・前半は甲府の3トップのうちの一人をゴール前で捕まえきれない状況が都度都度見て取れた。アルベルトがマグノアウベスだったら軽く失点していたことでしょう。バレーの穴を埋めきれない甲府の攻撃陣。


闘莉王がまだヤマに説教
・都築のパントキックにスタジアムがどよめくこと度々。低い弾道のもの、高い弾道のもの、右、左、真ん中と蹴り分ける。球離れが早い都築のGKはテンポが良くなる。
・阿部は試合を重ねるごとに前のほうに顔を出す機会が増えてますね。1点とればさらに良くなるでしょう。
・前半は自重気味だった闘莉王、相手の動きが落ちた後半はポジションフリー状態。
・それにしても甲府はヤマをフリーにしすぎでしょう。なめてんの

赤いスパイクが印象的
か?そんなヤマも1点は決められたでしょう。右から持ち込んで中に切れ込んでシュートを撃つと、どうしても左でのシュートになり芸術的な弾道とはならないのが残念。
・ゴール前で張る自分にボールを出さないヤマに激怒する闘莉王。試合終了後のず~と二人でお話し。どんな会話なんでしょうか。
・ワシが好調なら4点は取れていたことでしょう。それでも2点はしっかり取るあたりはさすが。暖かくなったら爆発してくれるでしょう。
・永井の得点が途絶えてしまったのは残念。

まだ明るい試合後
・長谷部投入で阿部が左のストッパーへ。後ろの方ならどこでもできる阿部は本当に重宝する。現役代表のみで構成されるバックライン、外国人選手以外は代表経験者のみ。夢のような構成。
・長谷部の前にぐいぐい押し出して来るようなドリブル、今年の浦和に足りなかったプレー。長谷部の存在感は大きい。

もっと点を取りたかったし、前半少し不安定な時間帯もあったが、総じて安定した戦いで勝点3。


負け組みの隊列 家路に
リーグ戦今期初の無失点。モヤモヤしたものがだんだん晴れてくる感じ。足りない部分に伸び代がまだまだあると考えればこの先の楽しみも増えようかというもの。

最遠のアウェーACLシドニー戦に向けて気勢を揚げ、まだ明るい中、スタジアムをあとに。アウェーシドニーに備えてなのか皆さんの帰り支度も早かったような感じがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.18

キャプテンは悪くありません(甲府戦)

一歩一歩確めながら前進している感じだった甲府戦。
4-0くらいまでできる内容ではありましたが...。
勝点3取れたので完成される楽しみは先に取っておきましょう。

フリーの自分にパスを出さないヤマに怒る闘莉王。怒りすぎだよ。
試合終了後も延々とお話し合い。でもこういう緊張感がチームを引き締めていくんでしょうなぁ。
でも少し演技が過ぎるような...。いいキャラクターです、二人とも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.14

敵状視察 ホーム 甲府戦

連敗スタートの甲府との対戦です。
浦和も前の試合が前の試合だっただけに、お互いに堅く試合に入るんでしょうかねぇ。開幕後初めてインターバルが取れて臨む試合。そろそろ結果と内容の両方が欲しいところです。

コウフ狂想曲   いつも前節のメンバーが綺麗にまとめられているので今回もTBさせてもらいました。
去年からの4-3-3の構成は今年も変わらず。左のDFが今節出場停止。この穴を誰が埋めるのか、部外者には皆目見当がつきません。
開幕戦に出た増嶋は名古屋戦はベンチにも入らなかったとのこと。どうしたんでしょうか。いずれにしても、復調加減のワシントンを止めるのは難しいのでは。去年のPKのリベンジもあるし。


ruud's roots r1   
結果の出ていない2試合の問題点の指摘。
「運動量もスピードも自分たちで殺してるって現状」ってのは浦和にも当てはまるところがあり、似たもの同士の対戦か。でもこちらはやや改善傾向。
『退団した選手の穴を自分たちで広げている』ってほど浦和は酷くないけれど、先週はアレの穴をちょっと感じたり...。
バレー、倉貫、ビジュの穴は大きそうです。


いちごいちえ   開幕2試合で7人のFWを試した甲府。層が厚いのか薄いのか。3トップの構成に四苦八苦。
BS製ベルト駆動自転車のCF特性は無いと見切ったか「次の浦和戦では、須藤が3トップの真ん中で起用される可能性が高い」大木監督談。特に言うことはありません。
CFの真髄を浦和の21番に発揮してもらい、甲府さんに以降の参考としてもらいましょう。

開幕戦のチケット完売はバブルとして、この甲府戦でどのくらいはいるのかも興味があるところですが、まずは肝心のコンテンツ、サッカーで内容と結果を残してもらいましょう。

続きを読む "敵状視察 ホーム 甲府戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.13

参戦の記録 アウェー 新潟戦

2-2 引き分け(2007.03.11 東北電力ビッグスワン:車)

日曜夕方開催のアウェー新潟戦、翌日が平日であることを考えるとムーンライトえちごというわけにはいかず、家族4人の新幹線代は痛いので車参戦。


霰でスタジアムが
白く霞んでます
暖冬なのにここだけ狙い撃ちのような暴風雪の前日予報。めげる事無く朝6時半に車で出発。
関東は雨模様。関越トンネルをくぐって新潟県に入ると雨から霙、そして雪に。ところどころうっすらと路面が白くなる場所もありながらチェーン規制はかからず速度規制のみ。
少し慎重に運転すれば大丈夫なくらいで何とか乗り越え、北陸道に入ることには曇りとなり4時間で新潟に到着。


昼食は
政ちゃん 牡丹山店
市内、スタジアム周辺に雪はなし。開門まで時間があるので、スタジアムを離れて腹ごしらえ。卵でとじていない新潟のカツ丼で腹を埋めスタジアム周辺に戻る。スタジアムへの距離よりも帰り道のことを考えた駐車場に車を停めてスタジアムへ。

昼少し前から風が強まり、乾いた雪、霰が横殴りで時おり吹き付ける。駐車場からスタジアムへの間も痛いくらいに霰が吹きつける。ベンチコートが初めて本当の意味で役に立ったかも。


青空が覗く時もあれば
入場しても特にやることはなく、ひたすら寒い中を選手が練習に出てくるまで待つ。帰りのために少し睡眠と思ったけれども、足元から冷えてきて寝られない。雪と霰は相変わらず激しく吹きつけ、帰りの道路状況が心配になる。

スタジアムの入りはまずまず。アッパースタンドに空きがあるものの公式入場者数は4万人越え。本当か?

この日の先発は
GK 都築
DF 坪井、闘莉王、ネネ
MF 山田、阿部、啓太、伸二、ポンテ
FW 永井、ワシントン


鉛色の空から
雪と霰が降るときもあり
GKは山岸発熱で都築が先発。闘莉王がようやく出てきて阿部は1列前に。左サイドに伸二が回り相馬が控えに。
雲の動きが激しく、晴れ間と強風を伴った雪。めまぐるしく天候が変化する中でキックオフ。

試合の雑感は箇条書き。
・闘莉王は総じて自重気味。あまり前に出て行く機会はなかったかな。
・相変わらず相手のネネへの警戒感は薄く、よくフリーになる。
・永井の好調は持続。左右に流れるよりも真ん中あたりで張っている場合が多くなってきた。中がワシントン1枚ではない分、攻撃に厚みが出てくるような気分になる。
・ボランチに入ると阿部は存在感が薄くなるなぁ。遠慮してるのかなぁ。
・ボールを相手から奪う過程が徐々によくなって来てますね。攻撃時の連携も改善の兆しあり。
・ポンテのラボーナのシュートに感動。あの時点ではそこまでの余裕があったのだが...。


ブーイングされても
仕方が無い結果でしょう
最後の数分、選手もベンチもゴール裏も隙があったんだろうと思います。2点差の時点では何が何でも無失点で終わろうという気が薄かったし、1点差になった時点で早く終わらないかなと思ってしまったんだろう。
シーズン序盤に有りがちな展開。でも、前年度の王者なのですから本当はあっては困るのですがね。今シーズン、二度とこんなことはないと思えば、少々高い授業料ではありますが仕方がないと割り切るしかないようです。
去年はアウェー新潟で勝点なし、今年は1と思えば...。でも納得はいかないなぁ。

まるで負け試合の後のようにそそくさとスタジアムを後にして家路につきます。
駐車場はすんなり出られました。新潟中央ICへの道はベタ混みなので、新潟亀田ICに向かいすんなり乗れました。
進行方向右斜め前方から吹き付ける風と雪。路面温度の低い橋梁部分は積雪状態。走行車線を50キロ程度でトロトロ進み長岡JCTから関越道へ。風は弱まったものの雪は止まず。
表示は六日町~土樽がチェーン規制。でもその手前の小出とか堀之内あたりから完全に積雪の雪道。私が通ったのは除雪車出動前で、2ヶ所ほどクラッシュしている車を目撃。六日町より手前のPAでチェーンを装着しひとまず安堵。湯沢から土樽に至る過程でだんだん積雪量が少なくなり、トンネル前でチェーンを外し、以降は特に問題なく走って帰ってくることができました。

自宅到着は10時半。4時間ほどで帰ってこられました。
お楽しみが少ない遠征でしたが、天候、試合内容、帰り道の恐ろしさから、印象に残る遠征になるんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.11

労多く実り少なし

大変な思いをした割には実りが少なかった新潟遠征。
おしまいの五分を除けば徐々に良くなりつつあるのが救いか。
でも、もったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.09

敵状視察 アウェー 新潟戦

去年、良いところ無く敗れたアウェーの新潟戦。
去年は平日開催、今年は日曜開催と新潟遠征は社会人泣かせな日程にはまる。
今回は天気も悪そうだが、悪天候の新潟遠征は結果がいいのも事実。でも雪だけは勘弁願いたい。

オフの話題の中心だった新潟。DFラインを中心に補強。開幕戦の面子を見ると、DFラインがごそっと入れ替わってます。(永田、内田はその前の年の補強だが)
J's GOAL戦力分析


アルビな夫婦のブログ     アウェー大分での開幕戦を現地で見た雑感のエントリー。
開幕で大分に勝つと降格するジンクスを嫌がり引き分けのよくできた結末だったようで。
内容的には新戦力もフィットしたようで、どこぞのチームとは違いワクワクするサッカーだそうです。
でも勝点は大事だよね。


our favorite summer wasting     こちらも開幕戦の現地レポート。結構詳細。
一番の課題の守備は、セットを入れ替えたDFの出来が素晴らしかったようで改善傾向。
毎年、馬体が絞りきれないエジミウソンが今年は開幕から切れてたそうですが、肘打ち一発で退場で二試合の出場停止。
残るFWは簡単なゴールを外すことに長けている矢野。こちらの期待に応えてくれるでしょうか。角度の無いところから無茶しないでね。


IMPOSSIBLE IS NOTHING.     分析と次節のスタメン予想など。
エジミウソン出場停止だと深井が前に上がって松下がサイドに入るというのは恐らく正解なのでしょう。
左サイドが命とのことですが、浦和のポジションフリーの右サイドは相手云々よりも本人のやる気に火がつくかどうかの問題です。
坂本くらいじゃ燃えないだろうなぁ。それでは困るのだけれども...。

続きを読む "敵状視察 アウェー 新潟戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.08

参戦の記録 ACL予選 ホーム ペルシク・ケディリ戦

いよいよ始まったACL。初戦、ホームのペルシク・ケディリ戦。

仕事の調整を絶妙に行って、6時頃にはスタジアム入り。この時点で思ったよりも人が多いのにびっくり。
さすがにアッパーは閑散としているものの、北ゴール裏もそれなりの入り。コンコースも普段の試合と遜色ないほど。待ちに待った舞台だからね。皆、万難を配して臨んできているんだろうね。自分もそうだけど。

入口での配布物はなし。照明も半分くらいに落としてある状況。座席も事前に拭いてはいないのか埃だらけの状況。いろいろと切り詰めて埼スタ 開催を実現しているのだなぁと感心。

少し薄いけど300円のマッチデーを買い、麺増量したが100円値上げが恐らく不評であるだろう駒場ラーメンで腹ごしらえをして配置につく。

夕焼けが綺麗でした
いつもよりも入りが遅いので、あっという間にGKが練習に出てくる。相手選手はブーイングに無反応。アジアは広いやね。

スタメンGKは都築。ちょっと嬉しい。
先発は
GK 都築
DF 坪井、阿部、ネネ
MF 山田、啓太、伸二、相馬、ポンテ
FW 永井、ワシントン


得失点差3を喜ぶべき?
GK以外はリーグ開幕戦と一緒。滑り出しが肝心だよなぁ。

試合の雑感は箇条書き。

・4日前にベタ引きの相手を見ているので、ベタで引いているのに違和感を感じないのは感覚が麻痺してしまっているのかなぁ。
・その手の相手をめっぽう苦手にするのが今年の浦和らしいということが薄々と...。
・啓太がネットを突き破るのはいつ?なんて思ったけどミドルシュートは少なかったなぁ。

都築はあまりに暇で
体が硬くなったようだ
・終始、リーグ開幕戦の後半25分以降みたいな感じでした。チャンスがあるのになかなか点が入らないのも。
・ヤマ、永井、伸二で三点。物足りないと思っちゃいけませんよね。
・この日も阿部は安全運転。でもFKを一本蹴ったぞ!

確かに消化不良の試合だけれど、最低限のノルマはこなした試合。実に浦和的。習い性はそうそう簡単には変わらないもんなんでしょうかね。
そんな浦和にゴール裏で野次ラーと化す輩が続出。志が高いのか、我慢が足らないのか。
チームも確かにプレーにまだキレが無いけれど、あんたのサポートにもキレが無いよ。なんてね。
そりゃ、かつては15-0なんて結果を残したことがある相手ですが、そこまでは望めないかな。アジアを舐めてはいけないよなぁ。


ゴール裏の看板も
ACL仕様 ちゃちでした
終了後の人が捌けるが早いこと早いこと。開始が遅かったからね。でも、開始が午後7時半で参戦を決意した社会人が少なくないのも事実。
次のホームは今日以上の人数でサポートしたい。シーチケホルダーの出席率がかぎなんだろうなぁ。

余談ですが、相手のサポはどこにいたんでしょうか?居なかったですよね?

続きを読む "参戦の記録 ACL予選 ホーム ペルシク・ケディリ戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.06

BIG WEDNESDAY

Acl 待ちに待った舞台、ACLが始まります。

経済的事情及び家庭的事情でアウェー参戦を断念しましたが、その分はホームの試合にぶつけさせていただきます。

アウェーに行って会社休むことを考えたら、残業しないで速攻帰りをきめるくらい何てこと無いでしょう...。と、威勢のいいことを言ってみる。

そういう自分も何とかやりくりしての参戦。試合開始を19:30~にしてくれたりとクラブ側も考えてくれているし。

心配は空模様だけれども、今のところ大丈夫そう。寒いみたいだけれども、それは南国チームへのアウェーの洗礼だな。

続きを読む "BIG WEDNESDAY"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.05

参戦の記録 ホーム 横浜FC戦

2-1 勝利(2007.03.03 埼玉スタジアム2002:車)


バック上段からの風景
リーグ開幕。ビジュアルの手伝いに行くため、8時過ぎに家を出て9時前にスタジアム到着。
この日のビジュアルは赤と白の市松とのことで、前日の準備で印がつけられている赤のエリアにシートをセットし、その後、残った白のエリアにシートをセットの手順。
ピッチでは芝が刈られラインを引きなおしている。埼スタの芝は本当にきれいだ。

市役所に張ってあった
幕ですね
ゴール裏の広告看板が1列目から電光掲示のものに変わっている。

11時過ぎには作業が終わり南広場を経由して芝生の広場で一休みの後、12時の点呼開始、入場。
曇り空は薄日が差す程度に回復。

腹ごしらえに駒場ラーメン。

100円値上げの
駒場ラーメン
100円値上げ。麺増量、チャーシューも大きくなりどんぶりを覆うほどになってはいるが...。フライドチキンを食べるのは止めになってしまった。
ビールを飲みながらボーイズマッチを眺める。ホームの試合はやっぱり落ち着く。

さてこの日のスタメン
GK 山岸
DF 坪井、阿部、ネネ
MF 山田、啓太、伸二、相馬、ポンテ
FW 永井、ワシントン


チャンピオンフラッグ
闘莉王が外れているのにまずびっくり。コンディションが少しでも悪いと使わないのか(なんて考えましたが、発熱だったようで)。
FW登録のヤマにもびっくり。永井が右サイドか?とも思いましたが、ヤマは右サイド。
坪井と阿部を真ん中に並べての4バックか?なんて思いましたが、阿部が真ん中に入る実にオーソドックスな3-5-2の布陣でした。

雑感は箇条書きで

最少面積バージョンの
アウェー席
・DFラインの真ん中に入った阿部の安定感あるプレーぶりには感心。
・後半のFKで自分でボールをセットしたのにチョン蹴りからワシントンに蹴られ、かなり残念がっていたっけ。そろそろ蹴らせてあげようよ。
・久保を前に残して本当に9人で守る横浜FC。ボールを支配するもなかなか決定的な場面を作れないのも仕方がないし想定の範囲内。
・久保のゴールは仕方がない。都築ならば...。でも無理でしょう。

赤白の市松 綺麗です
・引き分けを少しだけ覚悟した後半。でもパタッと足の止まった横浜FC。何か天皇杯の初戦のような感じ。
・岡野がウォーミングアップを始めたら、俄然動きが良くなった永井。動く動く。それを見て交代をやめたのなら采配は当たり。
・左右からのクロスはあがるものの中の的が少ないのはいただけないのですが。
・相手のボールが永井の足元に帰ってくるのは仕様。そこからまた抜きで決勝点を決めたのは永井が好調を維持しているから?
・プライドオブウラワの始まるタイミングはいい感じだったなぁ。
・闘莉王欠場で出ることとなったのは永井?相馬? いずれにしても、次の試合のメンバーをどう組むかは難しいねぇ。うれしい悲鳴だけども。

相手との力の差を割り引いても、ゼロックスよりは随分と動けるようになっていました。
まだ完調にはほど遠いですが、勝点を取りこぼさなかったことは重要。3月中はとにかく内容よりは結果です。

キリンのポスターを受け取って家路に。自宅で宅配ピザのささやかな祝宴。大宮の踏ん張りが足りずガンバのこけるところが見られなかったのが残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.03.03

レッズのある生活の本格的な始まり

勝点3という結果に満足です。永井の決勝ゴールでの勝利というのは、価値のあるものに感じてしまうのはなぜでしょうか。

本音は、最下位に沈む可能性のあるチームに勝点を獲り損ねるのは勘弁というところで、後半ちょっとだけ勝点2を失うことを覚悟するかなぁなどと頭をよぎったり...。

楽な試合はそうないリーグ戦。後で後悔しないためにも貪欲に勝点を求めて行きたいし、3が取れたときは素直に結果に喜びたい。

続きを読む "レッズのある生活の本格的な始まり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備万端

3月2日配達指定の取扱注意の荷物。オフィシャルサポーターズクラブのグッズ一式でした。
今年は訳あって初めて登録。
Lフラッグ、いいですね。

さて、あと16時間後にはキックオフ。18時間後には勝利の美酒を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »