« アウェー上海申花戦ドロー | トップページ | なでしこ開幕 »

2007.04.27

敵状視察 アウェー 鹿島戦

2004年に勝っているからそんなに強烈な印象は無いですが、苦手なというか勝ちの少ないスタジアムであるアウェーの鹿島戦。
打ち合いの展開が多い。(ここ4年間は両チームあわせて4点以上)
ここ2年は煙幕、丈二、2点先制され追い付いて引き分けとそっくりの場面設定と展開。
さて今年の祭りの演出と審判は如何に。
障害物競走はもう勘弁ね。

相手チームを見ると、2連敗、3引き分けの後に連勝。ナビスコも含めると三連勝中、上り調子です。

一喜一憂ウミガメブログ     前節清水戦の勝利の代償。柳沢、岩政が抜けると、カシマでの浦和戦に得点を取ったことがある選手はいなくなります。痛手だろうなぁ。岩政の代わりはファボンの復帰か大岩として、QBKなFWの代わりは層が薄くて大変そう。怪我から回復途上の田代がいきなりスタメンの様子です(人のとこ以上にうちとこのFW事情もかなり厳しいが...)。
練習試合の情報によれば田代は厳しいとの話もあるがさてどうなることやら。

鹿などblog     前節清水戦のエントリー。それまでのモヤモヤが晴れるような試合振りだったようです。4バックを基本に中後をアンカーに置いたダイヤモンドの中盤が基本。野沢が復帰したことで攻撃に変化があった様子。イタリアで燻っている小笠原の穴は埋め切れているのかな。それにしても前5人は何気に攻撃的だ。また打ち合いか?

若干低迷している状態を打破するための動きをしつつあるようですが、ここでどの方向性を志向するかで鹿島の将来が決まるような気がして。
拡大傾向はちょっと...。こちらのエントリーの意見が正道なのではないかなぁ。

|

« アウェー上海申花戦ドロー | トップページ | なでしこ開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/14856755

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 アウェー 鹿島戦:

« アウェー上海申花戦ドロー | トップページ | なでしこ開幕 »