« 敵状視察 ホーム 川崎戦 | トップページ | アウェー上海申花戦ドロー »

2007.04.24

参戦の記録 ホーム 川崎戦

1-2 敗戦(2007.04.21 埼玉スタジアム2002:車)


スタジアム近くの道端
八重桜が綺麗でした
所用でスタジアム到着は1時半過ぎ。南門から入り、中の通路をグルット半周して北ゴール裏へ。
ピッチでは浦和と川崎のU-13対決のボーイズマッチの後半が開始されたところ。かなり力の差がある感じで結果は5-0。ついこの間までは小学生だった選手たちだが巧いね。よい選手が集まってきているのだろうね。

遅れて到着するとどうもペースがつかめない。


U-13は5-0で勝利
かなり力の差があった
腹ごしらえのラーメンもこの日は食べず(これが敗因という説が我が家の中にはあるのだが...)。

SCはあらかた埋まりメインアッパーのSAにまとまった空席。入りは5万人。
南から北へ強めの風が吹くコンディション。コイントスに勝った川崎が前半風下を選択。いつもと逆で浦和が北に向かって攻める前半。

先発は
GK 都築
DF 山田、坪井、堀之内、阿部
MF 長谷部、啓太、伸二、ポンテ
FW ワシントン、永井


川崎ご一行様
太ももに怪我を抱えながら出場してきた闘莉王がお休み。代わりに堀之内がDFラインに入りシステムは変わらず。
雑感は箇条書き。

・完全に試合を支配していた前半。サッカーの内容は試合を重ねる毎に改善している。
・あれだけ攻めながら得点を取れなければ、どこかでしっぺ返しを喰らうのはよくある流れ。相手GKが川島でなければ前半でゴールを割れていたかも。

・相変わらずワシントンへのマークはきつい。そんな中、ポストとしてボールを収め、サイドに割り振るという仕事は結構できていたのだが。
・2失点したあの時間帯だけピタッと足が止まっていた。後半の入が最近よくないのは何でなのだろう。
・終盤に投入する攻め駒のヴァリエーションが少ない。達也、セルの復帰が待たれる。


負けだと帰り足は早い
埼スタでの不敗記録云々よりも、とにかく負けることが悔しい。前半の内容がよかったので、選手もゴール裏も今日はいけるって思ってしまったのが敗因なのでしょう。
救いはサッカーの内容は良くなっていること。試合が立て込むGWですが、好調は維持してもらいたいところ。
ボーっと座り込んで、スタジアムから引き上げたのは6時半過ぎ。記録はいつか止まるものだから、まぁ仕方が無いか。

いつもと違う行動をしてしまったリスト
・整髪剤をつけて参戦してしまった。
・南門から入ってしまった。
・家族で駒場ラーメンを食べた者がいなかった。
・嫁さんがタリーズコーヒーを飲まなかった。

以後、気をつけます。

|

« 敵状視察 ホーム 川崎戦 | トップページ | アウェー上海申花戦ドロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/14824947

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 川崎戦:

» 浦和レッズがホームで久々の負け。。。○| ̄|_ [☆東京ストリッパー☆]
なのです。 初めてなんです。 ホームで負けたの見るの。 ずっと引き分けか勝利だったので。 ていうか。 試合終了した瞬間。。。 シーン。。。(ノ∀`) アチャー そんな感じ。 昔はこんな光景がずっと繰り広げられてたのね。 まぁ相手が川崎Fだったからしょうが...... [続きを読む]

受信: 2007.04.26 16:36

« 敵状視察 ホーム 川崎戦 | トップページ | アウェー上海申花戦ドロー »