« 参戦の記録 アウェー 大宮戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム G大阪戦 »

2007.05.10

ACL予選突破の重み

これまでのJ各クラブの挑戦を糧にして闘っているACL。

アウェーでは慎重に3引き分け。ホームはしっかり2勝。ホームでシドニーに勝利すれば予選突破。予選突破の理想的パターン。これを成し遂げて他に続くチームに道を示すのが浦和の使命。Jもその支援をしてくれているし。

浦和は決勝トーナメント進出を目指しているが、その順番を競っているつもりはないし、トーナメント進出が最終目標ではない。

Jの代表として共に戦っている仲間をよそに、「おらが一番のりだで」と大喜びするのは微笑ましい光景だが...。  無神経だね。うちらには出来ない、そんなこと。

今のJのチームよりも力のあるチームが臨んで果たせなかった悲願。それを達成して喜ぶのは理解できるが、お作法ってもんがあると思うのだが...。

考えが古いかなぁ。ひがみかなぁ。

浦和はポンテでもっているチーム。ポンテとの出会いを考えると、あのときの突然の出会いは本当に良い出会いだったなぁと...。

川崎には決勝トーナメントでも大暴れして欲しいよ。中東を経験したらマギヌンダンスのパターンも変わるのかな?

|

« 参戦の記録 アウェー 大宮戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム G大阪戦 »

コメント

久しぶりにコメントさせて頂きます。この間のケディリ戦は後半途中から見させて頂きましたが、確かに大変なピッチと炎天下の中で引き分けたのですから、よくやったとは思います。ただ、試合後にシドニーが上海に勝つ可能性が残っていたからこそ伸二が(新聞報道によると)「あんな弱いチームに勝てないとは」と嘆いたのかもしれません。

もっともシドニーが仮に上海に勝っていたとしても、最終節にシドニーにウチが勝ちゃあ問題ねえ、とレッズサポの皆さんは思っておられたかもしれません。

川崎について言えば、実質競合相手が全南だけという組み合わせに恵まれた部分もあったでしょうが、それでもインドネシアと韓国のアウェーで勝ったという点は評価しています。まあ、我々も今年のようなグループでやりたかったですがね・・・

投稿: 民国96年 | 2007.05.11 06:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/15026054

この記事へのトラックバック一覧です: ACL予選突破の重み:

« 参戦の記録 アウェー 大宮戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム G大阪戦 »