« A3 城南一和戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェー FC東京戦 »

2007.06.15

敵状視察 アウェー 東京戦

プチ中断明けの瓦斯戦、味スタです。
リアクションサッカーからの脱皮を試みるも断念し、2年前の体制に逆戻りした東京。
低迷していたと思っていたら、ここのところの5試合(ナビスコ含む)では4勝1敗。どこぞのチームよりも勝点を稼いでいるぞ。
浦和が中国で光化学スモッグに巻かれている時に、好天の日本平で清水に3-1の快勝。調子は上々のようですが...。

東京系サイトは鈴木規のミドル二発に湧きかえっていて目ぼしいネタが少ないので、今回はまじめに清水×東京の試合を録画して見てみました。
お互いにミドルシュートばかり4発で3-1だったこの試合、東京お得意(というか、原博実はこれしかないのだが)の4-2-3-1が中盤をダイヤモンドにする清水の4-4-2に見事にはまった感じ。得点した鈴木規、金澤の左よりも石川が居ない分、遠慮なく上がっていく右SB徳永が今までよりも気になったかな。
今野、藤山のCBは高さがないのがウィークポイントでしょう。
確かによく動いているようにも見えたが、後半の清水の動かな過ぎとの比較だからなぁ。

Tokyo Happy Life♪     確かに東京はルーカス、梶山、今野に依存しているチームだと感じます。調子の波の大きい選手が多いので、浦和に当たる前にいいとこ出し切ってくれてるのは正直ありがたい。
それにしてもルーカスのワントップっていうのは合っていないしかわいそうに思うのだが、代わりは動かない平山、ワンチョペだから仕方がないのか。

宇宙の海は俺の海     清水戦出場選手全選手に対する寸評など。徳永の評点が低いですね。あの出来なら上出来のはずなのだが...。
清水戦のように戦えば未来は明るいとのトーンに満ち溢れていますが、逆にどこを押さえれば良いかも分かりやすいので、完勝後っていうのは往々にして内容が一変するんですよねぇ。対戦相手もバカじゃないから。
同じ面子で来てくれれば対処しやすいでしょう。博実が変に浦和を意識して面子をいじってこないことを祈ります。

|

« A3 城南一和戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェー FC東京戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/15444015

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 アウェー 東京戦:

« A3 城南一和戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェー FC東京戦 »