« 敵状視察 ホーム 神戸戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 清水戦 »

2007.06.21

参戦の記録 ホーム 神戸戦

2-0 勝利(2007.06.20 駒場スタジアム:電車&徒歩)


今年初の駒場
久しぶりの駒場。水曜日。
まだ明るいうちに会社を定時きっかりに出てくるのは何となく気が引けるが、シレっと抜け出して京浜東北に乗り駒場を目指す。

東の入口手前でHouse of loveが聞こえてくる。何とか間に合った。埼スタ に慣れているから密度が濃く感じるゴール裏。着いたら汗がどっと吹き出る。裏の階段で着替えを済ませて準備完了。


この角度は久しぶり
いつもは出遅れるとテンションがなかなか上がらないのだけれども、この日は何故かスッと試合に集中できた。

先発は電車の中で携帯で確認済み。
GK 都築
DF 坪井、闘莉王、阿部
MF 山田、長谷部、啓太、相馬、ポンテ
FW ワシントン、達也


豪華な控え陣
瓦斯戦と同じ。捻挫の闘莉王も何事も無かったかのように先発。ハラハラさせるよね。でも大事に至らなくて何より。

試合の雑感は箇条書きで。
・啓太の黄色いスパイクが気になって気になって。
・達也の縦に抜けるスピードはやっぱり魅力的。その攻め手を得た浦和は本当に活性化してきている。PKゲット二本はさすが。
・ワシのPK外しはご愛嬌、って勝ったからいえるけど...。ベンチは22番に蹴らせたかったみたいだけど、10番が責任感で決めた。ポンテ、いい選手だよ。

啓太と阿部が熱心に議論
・闘莉王を何であんなに神戸はフリーにするのかなぁ。三回チャンス与えたらさすがに1回は決めるよ。
・後半も入りそうな機会は多々あったのだが...。チャンスありすぎるとゴール前で贅沢な譲り合いが始まってしまうのが、リーグ戦で3点取れない浦和の人の良さなのかも。
・相馬の怪我が心配。今の浦和には欠かせない駒だから。
・達也が復帰したら一番動くようになったのはキャプテンだと思うのですが。

大事に至らなくて何より
・神戸の大久保は前半20分以降、居なくなったのでしょうか?と思うほど、存在感が無くなっていった。ゴタゴタを抱えるチームはやはり何となく元気がない。

やっぱり駒場は駒場でした。東ゴール裏の一体感は埼スタ では得られないものだなぁ。低い天井に跳ね返る声と手拍子。コールのズレも少ないし。

浦和もこれで軌道に乗ったかな。6月の残りは東海アウェー2連戦でリーグは中断期間に。今年の東海アウェーは既に勝から始まっているから...。

駒場から自宅へはランニング。約4キロ20分。家でのビールがうまかった。

|

« 敵状視察 ホーム 神戸戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 清水戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/15503258

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 神戸戦:

« 敵状視察 ホーム 神戸戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 清水戦 »