« 参戦の記録 アウェー 磐田戦 | トップページ | 1/2終了 ナビスコQF »

2007.07.05

敵状視察 NABISCO QF ホームG大阪戦

ナビスコカップ準々決勝、予選リーグで手を抜いたばかりに初戦で浦和と当たってしまうという失策を犯したガンバが相手です。
ちゃんと1位で予選抜けても相性は微妙の鹿島が相手だったから、あちらさんにとってはどちらでも一緒だったのか。

アジアカップ等でゴッソリ人が抜かれの対戦。
あちらは遠藤、加地、橋本、播戸(離脱)が代表、安田がU20、バレーが怪我で6人穴あき。
こちらは阿部、坪井、啓太が代表、闘莉王、ネネ、ワシントンが怪我や検査でやはり6人穴あき。

直前のリーグ戦の調子がどうのこうのなんて恐らく関係ないんでしょうなぁ。

蹴球雑煮     あちらさんの布陣予想など。いろいろありますが、一番初めのが有力なんでしょう。穴の開いたところに別の選手をあてがうというパターン。それともやり方を変えてくるか?
達也が大丈夫であればうちの布陣は意外と分かりやすいので、それにあわせてくるのが確かに上策。でもそれじゃ、ガンバらしくないよねぇ。

毎日が GAMBA でぃ     気になってうちらの磐田戦をご覧になったご様子。3点取れないもどかしい試合でしたが、「もおもろないチームとは知ってますが、最悪!」だそうで、いい内容だったんだけどなぁ。志が低いのかなぁ。そんなチームに負けたら......。
センターラインに抜ける選手が少ないガンバのほうがダメージ少ないのは確かですがね。
(そういう自分も大宮に期待したのだが、大宮に期待した自分がバカだった。)

大阪鋼巴球迷的博客     七夕に奥谷の裁きを受けなくて済むことはわかりました。先週のニコライ フォルツアークはすばらしかったから、誰が来てもそのギャップには悩むのだろうなぁ。ガンバ以上に強敵だ。(松尾、松村あたりか?)
二川・マグノアウベスの好調二人はちゃんと残っているので注意は必要なのだが、さて浦和でこの二人の面倒を見る選手は誰?ちょっと不安。

ちなみに松尾、松村の予想は、このカードが恐らく国際主審の担当でここ最近両チームが当たっていないというところからきているのですが、疑惑の国際主審の登場が無いとも限りませんので...。

どうやら達也はダメっぽい。ガンバも家長がお付き合いして欠場らしい。
五分だねぇ、条件は。結局、永井の出来如何ってことですかね。

|

« 参戦の記録 アウェー 磐田戦 | トップページ | 1/2終了 ナビスコQF »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/15650034

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 NABISCO QF ホームG大阪戦:

» またまたリンク貼られてしまいました [大阪鋼巴球迷的博客(だあばんがんばあちうみいだぼーくぉ)]
うーん、そう来たかw 一応與野さんの敵状視察のレーダーをかいくぐるようにステルス作戦で行ったんだけどなあ。ネタは他のガンバ系ブログの方が多かったように思えたんだけども、審判予想に絡めてこられましたか。それとも、敵状視察対策を施したというこちらの言葉に反応されたのかどうか知らんけども、同じカードで敵状視察に3回連続でリンクを貼られたのは初めてじゃないだろうか? ま、西村はアジア杯の主審で行ってしまったし(実は彼がアジア杯の秘密兵器だという噂がチラホラ)、残っていてもこの間の試合の笛を考えるとアリエナ... [続きを読む]

受信: 2007.07.06 06:29

« 参戦の記録 アウェー 磐田戦 | トップページ | 1/2終了 ナビスコQF »